今日は
わんこの乳腺にしこりを見つけた人が読む記事です。


ふだん何気なく愛犬と遊んでいたら、
「あれ、おっぱいにしこりがある」
と言って来院してくる患者さんが
結構います。


大部分は
病院での健康診断の時に発見されます。


今回は、
腫瘍のなかでも最も多くみられる乳腺腫瘍のお話です。


adorable-1869167_1280



乳腺
犬の体に出来る腫瘍の中でも、
群を抜いて多く発生するのは、
乳腺の腫瘍です。


特に雌犬では、
全ての腫瘍の過半数が乳腺腫瘍
であるという報告があります。

しかも
人と違って動物は、
胸元から下腹部の内腿に近い部分までの胸腹部にたくさんの乳腺を持っています。

1blogcanine

一般的な犬の場合には、
胸元の第一乳腺から内股近くの第5乳腺まで、
左右5対、合計10つのおっぱいがあります。

これは
たくさんの赤ちゃんを産むからです。




乳腺腫瘍には、
「良性」「悪性」があります。


一般的に「悪性」のものの大部分が乳腺がんと呼ばれるものです。





不妊手術と乳腺腫瘍について

犬の乳腺腫瘍は
卵巣のホルモン分泌と関係があります。

そのため
初回発情より前に不妊手術を受けた場合では、
乳腺がんになる確率はほとんどないと言っていいくらい
極めて低くなります。

また二回目、三回目の発情前の不妊手術でも
ある程度の乳腺腫瘍発生率の低下が確認されています。


猫では、
犬で見られるほどの劇的な予防効果はないとされていますが、
やはり早期不妊手術によって乳腺腫瘍の発生率が少なくなります。
猫の乳腺がんは
犬と違い悪性度がとても強い
ので
また改めて別の記事で解説します。



犬では
乳腺の疾患や子宮卵巣の疾患の予防、
発情期のトラブル
などを考慮すると、
繁殖に使用しない場合には
早期不妊手術のメリットは大きくなります。


また
乳腺腫瘍の好発種の報告もあり、
犬ではスパニエル系やマルチーズ、ミニダックスなどが
比較的罹りやすい種類と統計的に言われています。

ミニダックスでは乳腺腫瘍が多発しますが
乳腺がんは少なく
その多くが良性腫瘍になります。


好発種に限らず、
繁殖目的がない場合には、
不妊手術を考慮して、主治医の先生と相談してみてください。




がんの原因

乳腺腫瘍が発生する要因は、
女性ホルモンの他にも体質や生活環境、食事などが関係していると言われ、
がんの原因を完全に特定することはできません。

一般的には、
乳腺組織細胞中の微小環境に前述した多くの要因や遺伝的素因、細胞を変性させる力が、
複数の経路から重なり合い、腫瘍化すると考えられています。



悪性?良性?

犬の乳腺腫瘍の場合には、
悪性が約半分、良性が半分の確率で発生するという研究報告があります。

また
悪性の乳がんの場合には
約半分の例で
早期にリンパ節や肺などの臓器へと遠隔転移します。

残りの半分の乳がんは、
転移する速度が遅いか局所で大きく増殖していきます。


ぱっと触っただけでは良性悪性の区別がつきません。
また、
過去に良性の乳腺腫瘍があった場合でも、
新しく出来たしこりが悪性になることもあります。


発生少ないのですが、
悪性の中でも最も悪性の炎症性乳腺がんというがんも存在しますが(約4%)、
これは
「しこり」というよりも乳腺の激しい炎症のような病変が特徴になります。

これは
治療にもほとんど反応がなく
また
外科手術は不適合な特殊な乳腺がんです。
blogcaneine~3




大きさは一つの目安でしかありませんが、
一般的な乳腺腫瘍では、
犬では少なくとも直径3cm以下の非浸潤性腫瘍の場合には、
大きいものと比べると生存率が長いという研究結果が出ています。

これらのことから早期発見は、
根治治療の第一歩になります。




家庭での確認


乳腺腫瘍は、
自覚症状や他覚症状がないため、
気づくのが遅れることがしばしばあります。

一番の症状は、
乳腺の中のしこりです。

写blob333



でも
普段から愛犬のおっぱいを触る習慣のある人は
少ないのではないでしょうか。

やはり日常のスキンシップが
とても重要です。


初期には、
外から見ただけではなかなか発見できません。

毎日優しく撫でてあげるときに
おっぱいも触ってあげましょう。




特に
不妊手術を若いうちに受けていない雌犬がいる場合には、
定期的に愛犬を仰向けにして
胸から内腿までの胸腹部に
硬めの「しこり」がないかどうかを
しっかりと確かめてあげてください。


乳腺腫瘍の好発年齢は7歳以上ですので、
特に老犬は
年とともに忘れずに行ってください。


また動物によっては、
創造妊娠や乳腺炎も比較的よくみられますので、
疑問点があれば直ちに行きつけの動物病院でご相談することをお勧めします。

「しこり」があっても
必ずしもがんではありません。



犬では、
乳腺一面に腫瘍が発見されることも多いのですが、
完全に治る確率の高い腫瘍ですので、
あまり慌てないでください。




治療は、
乳腺腫瘍の進行段階や体調、年齢などに応じて様々な治療法を組み合わせていきます。


乳腺腫瘍の治療の基本は、
外科手術になります。


ただし
特殊ながんである炎症性がんには、手術は行いません。

遠隔転移のある場合には、
その状況を慎重に検討してから
必要に応じて外科手術を行います。


外科手術は、根治手術の第一歩である他にも、
今後の見通しを立てるために重要です。

術前に麻酔前の必要な検査や転移の有無を確認するためのレントゲン検査等をしてから、
乳腺を切除します。

人のように乳腺の形を気にすることはなく、
しっかり大きく広く切除するのが一般的です。



手術直後は、
とても痛そうですが、
傷は速やかに回復していきます。

写真blog5



切除した乳腺組織は
必ず病理組織検査が行われます。


病理検査では、
乳腺腫瘍を形成する細胞の性質がわかり、
将来にわたる治療のための指針となります。


動物の乳腺腫瘍は、
組織学的に著しい不均一さがあり、
また2種類以上の腫瘍を同時に持つこともしばしばあるために、
手術前の細い針による組織検査の結果だけで正確な確定診断はできませんので、
病理検査はとても重要です。


内科的治療


また
すでにがんが肺に転移しているなど
何らかの理由により外科手術ができない場合や
さらに
悪性の場合の外科手術後に

腫瘍の段階や個々の体に応じて、
放射線治療、抗癌剤、免疫療法、ホメオパシー療法、栄養療法、食事療法、民間療法、各種サプリメントなど様々な方法があります。


これらのどれを選択するかは、
腫瘍の性質や部位、
転移の状況、
体の状態、
性格や性質、
治療中の生活の質(QOL)
などによって
適切と思われるものを組み合わせて治療していきます。


ただし、
放射線治療は人のように一般的な治療にはなっていません。

抗がん剤については、
一部有効性を示唆するものもあるようですが、
乳腺腫瘍の組織学的に不均質な性質から、
確実に治ると期待することは出来ませんし、
副作用の心配もとても大きくなりますので
おすすめしません。



食事療法についは、
研究報告が少ないものの、
低脂肪食などで生存期間が延長するなどの疫学的報告も出始めており、
今後補助的な療法として
期待できる分野のひとつになっています。




最後に
乳腺腫瘍は、
やはり早期発見が最も重要です。
また予防としての早期不妊手術も可能です。


動物にとって、
中高齢になってからの一年一年は、
人の何年分にも相当します。

一日一日を大切に一緒に生きるために、
普段からのスキンシップに時間をかけて、
またがんが出来た場合には愛情を持って
充分な治療を行うことが最も大切なことだと思います。



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング