スコティッシュフォールド

とてもフレンドリーで
おとなしく
一般的に垂れ耳で知られている
可愛いにゃんこです。


cat-1684255_1280


スコティッシュフォールドの歴史は浅く、
1961年にスコットランドの田舎町にある農家に生まれた
一匹の雌の白猫スージーちゃんから始まりました。


スージーちゃんは、
他の猫たちとは違って、
耳介がぺこりと折れていたのです。

1963年に
スージーちゃんは出産。
子猫たちの中にも、
スージーちゃんと同じようにの耳が折れている子たちがいました。

これによって
折れ耳が遺伝的形質であることが確認され、
飼い主は「折れ耳猫」を増やすために
計画的な繁殖の歴史が始まりました。

1966年に
英国の猫種血統登録団体GCCFに登録して、
本格的に繁殖を始めたものの、
骨と聴力の異常が見られるようになり
1971年に
GCCFは、猫の健全性を保つために、
猫種の登録と繁殖を中止を決めました。

折れ耳の猫たちは
将来大きな問題を抱える可能性があったからです。

そのため
同じ1971年に、
数匹のスージーちゃんの子孫たちが、
米国へと送られました。

米国の遺伝学者の元で
アメリカンショートヘアやブリティッシュショートヘア、エキゾチックショートヘア、ペルシャなどとの交配によって、遺伝子的な問題を最小限に抑えることによって
品種作成が続行されて
1990年代になって
ようやく
「スコティッシュフォールド」
の名称で
一猫品種として公認を獲得しました。


スコティッシュフォールドの耳は4通りに分類されます。
耳は、一般的には生後2~4週齢で折れ曲がり始めます。

普通の立ち耳
普通のにゃんこと同じ耳の形です。

シングルフォールド
耳の折り目はゆるめで、前方に耳が軽く垂れてたれている状態です。

ダブルフォールド
耳がしっかりと折りたたまれている状態。

トリプルフォールド
耳が顔に沿って完全に潰れた状態で、顔が丸く見えます。
このタイプは、キャットショーでは高く評価されますが、残念ながら遺伝性の疾患にかかりやすく、苦しむ子も多いと思います。


この可愛い折れ耳を作る遺伝子は
TRPV4遺伝子(Transient receptor potential cation channel subfamily V member 4)が関連していて
常染色体優性遺伝形式で遺伝することが明らかにされています。


そして、
この遺伝子によって
進行性の骨破壊を伴う骨軟骨異形成
(特に前肢遠位部、後肢遠位部、尾)
が優性遺伝で発現してしまうのです。

四肢端の骨に骨瘤(骨が増殖して瘤の状態になったもの)や骨増生が発生する病気です。


それは
TRPV4遺伝子の役割の一つが
軟骨細胞の細胞内カルシウムの調節だからです。

TRPV4遺伝子の変異では
骨格形成異常や末梢神経障害などが発生することが知られています。



折れ耳のスコティッシュフォールドでは
特に関節の異常が目立つのです。

スコティッシュフォールドの関節の異常は
現時点では、
完治に導く有効な治療はありません。

骨破壊を伴う骨軟骨異形成の症状は
歳と共に進行していき、
完治することはありません。



もともとおとなしい猫ですが

「いつでもおとなしい」
「突然怒るようになった」
「最近高いところにジャンプしなくなった」
「ウサギのようにぴょこぴょこ歩くことがある」
「あまり動かない」


など
気になる症状があれば
X線検査を行うことです。


垂れ耳の子は
一度X線検査をしておいた方がいいと思います。



X線検査で明確にわかる骨瘤型
X線検査ではあまり明確ではない非骨瘤型があります。





猫は
痛みを隠す傾向があります。
一匹で痛みを我慢してしまうのです。

少しでも
苦痛を取り除くためには
定期的な検診を行って
早期発見を心がけて

激しい運動をさけたり
鎮痛剤を考慮したり
サプリメントや自然療法などが必要かもしれません。


スコティッシュフォールドを買う方は
しっかりと
この猫種の特性を理解して
長く快適に楽しく共に過ごせるよう
「心配り」をしてあげてください。


病気に対する心構えは
「心配」
ではなく
「心配り」です。





今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング