昨日は
アクアファバのお話でした。

食材を余すところなく有効利用する方法の一つです。

もったいない食材の代表
と言えば
「おから」
があります。


漢字で書くと
「花雪菜」


おからは
大豆から豆腐を製造する時に、
豆乳を絞った時に出る搾りかす
のことです。


Okara_(soybean_pulp)ja.wikipedia.org



美味しくて
栄養満点なのに

ほとんどを
産業廃棄物として捨てている飽食日本。



昔は
お豆腐屋さんに豆腐を買いに行ったついでに
タダでもらってきて
得した気持ちになった人も多いと思います。

私の家では
いつもおから料理がありました。


豆乳を搾った後の残渣物とはいえ、
栄養的にはとても優れている食品です。



おからには
脳の記憶力を高めるホスファチジルコリンが豊富に含まれていて、
実験でもその効果が実証されています。



現代の飽食の日本では
こんなにも
栄養価の高い食品が
ごく一部だけ利用され
ほとんどは
産業廃棄物のゴミとして捨てられているのです。




昔は
テレビの時代劇「素浪人 花山大吉」が人気で
この番組の影響で
おからも多くの人が食べていました。


主演は、人気俳優松方弘樹さんの父である近衛十四郎さん。
私も
毎回観ていました。

この素浪人・花山大吉は
とにかく「おから」が大好物。

いつでもおからを美味しそうに食べるのです。
おからを食べて、剣の腕は凄腕。
ポパイでいうホウレンソウの代わりです。


一気に68人前のおからを食べるシーンもありました。

花山大吉に腰巾着のようにお供している焼津の半次も
普段は「旦那」と尊敬して読んでいるものの
口論になると
「おから野郎」と叫んでしまいます。
(*´∇`*)


このころに
多くの家庭で「おから料理」がよく食べられていたのは
この時代劇の影響もあった気がします。



スーパーマンや仮面ライダーなどのスーパーヒーローが
おからを食べてくれたら
子供たちは喜んで食べるのではないでしょうか。



人気俳優さんが
ドラマでおからを食べたら
若い世代の人たちがたくさんおからを食べるようになるのではないでしょうか。


食べられる新鮮な食材を
そのまま
ゴミとして捨てている現実。

そして
食べなくてもいいクジラを
次々と殺して
倉庫に山積みにしてある現実。


今こそ
もっと食材を
考える必要がある時期に来ていると思います。






今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング