南アフリカに
ローレンンス・アンソニーさん
という野生動物保護活動家がいました。


ゾウとエレファント・ウィスパラー:ゾウに囁く人」
と呼ばれる存在でした。

これは英語で
ゾウと心を通わせることのできる人」
という意味です。

g1IMG_2331a
 
アンソニーさんは、 
ビジネスマンとして成功した後で、

自分の最もやりたかった野生動物保護のため、
約2000ヘクタールある広大な土地を購入し
私設野生動物公園「トゥラトゥラ」を開設しました。

そして、
残りの人生を
野生動物と環境保護に捧げることになります。

lawrence1
TheDelightMakers

1999年に、
七頭の象たちをアンソニーさんが受け入れることになりました。

このゾウたちは、
ジンバブエの生まれ故郷から強制的に移動させられ、
その道程で仲間のゾウたちを人間に射殺されてしまい、
人間に対する怒りと不信感に満ちて気が荒くなった状態でした。


ゾウたちは、
人間を全く信用せず
別の保護区でも手に負えず、
殺処分も検討されていた群れでした。


アンソニーさんは、
数々の困難を乗り越えて、
時間をかけて
そのゾウたちの信頼を勝ち取ることに成功しました。


この様子は映像化されています。
 YouTube

ゾウたちはトゥラトゥラでの生活を受け入れ、
ゾウの数も順調に増えていきました。

そして
総勢二十頭となり、
二つの群れが出来、
トゥラトゥラで平和に暮らしていたのです。


elephant-whisperer-thumbnailTheDelightMakers

ウェブサイトはこちら
anthony3Lauewnce Anthony.co.za


彼の活動は、
数冊の本になっています。


世界的なベストセラーは、
「象にささやく男」
彼自身の伝記です。

antony1Amazon.co.jp

一番最初の著作である「戦火のバグダッド動物園を救え」では、
彼は動物たちを救助するためにバグダッド陥落後、
イラクへ乗り込んだ時の話が収録されています。

そこでは、
貧窮した市民たちが
動物園を略奪し、
大半の動物は殺されて食べられ、
ライオンやクマなど残された動物たちも、
不衛生な檻で飢えと渇きで苦しんでいました。

園内は砲撃と略奪で破壊され、
水を汲むためのバケツ一つ無い状態だったそうです。

anttony2
Amazon.co.jp

三番目の本は「最後のサイ」
絶滅寸前のキタシロサイを助けるために奔走した内容です。
51QhJUdZ




さまざまな精力的活動をしていたアンソニーさんは、

2012年に
睡眠中の心臓発作で
突然死しました。



悲しみの葬儀の中で、
驚くことが起きました。





もう1年半以上姿を見せていなかった
二つの群れのすべてのゾウたちが、
アンソニーさんの死を感知して、

長い道のりを歩いてアンソニーの弔問にやってきたのです。





ゾウたちがいる場所から、
アンソニーさんの家までは歩いて12時間以上はかかる距離。

それを二つの群れのゾウたちは、
アンソニーさんの異変を察知してやってきたのです。

lawrence-anthony-tributeTheDelightMakers



ゾウたちは、
自分たちのことを親身に思い、
助けてくれた恩人を忘れずに、

追悼の意を表しにやってきたのです。



ゾウたちは、
二日間毎日弔問に訪れ、

その後、
いつもの場所へと帰っていきました。




一度心通わせた相手とは

遠く離れていても、
会えなくても、

心と心は繋がっているのです。





魂が進化してくるにつれて、
より精妙で、
より大きなエネルギーに繋がることが出来るようになります。



心と心の繋がりを、
より明確に実感し、
強化するためには、
毎日静寂な時間をとり、
自分の中に在る調和したエネルギーと繋がることが必要です。





ゾウは
クジラと同じく
大きな頭で小さな眼を持ち、
無駄なおしゃべりをしないとても思慮深い生き物ですね。

きっと日々の静寂の中で
調和したエネルギーと繋がっているのだと思います。


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング