南アフリカで、
前方の大きな角を無残に切り取られ、
瀕死の状態
のメスのサイが発見されました。


後方の角は、
サイが暴れたためか、
切り取られずに残されていました。


左前脚も銃撃されていました。

このサイは、
無事に生きて発見されたことから
ズールー族の言葉で希望を意味する
「イテンバ」
と名付けられました。


12歳のシロサイです。
2B708EED00000578-3201050-Road_to_recoverySavingTheSurvivers/MailOnline

イテンバの5歳になる仔サイは、
密猟ついでに殺されてしまいました。


イテンバは、
このままでは、
傷跡から細菌感染を起こし、
死んでしまいます。


救出チームは、
イテンバの状態から回復の可能があると判断し、
直ちに治療が開始されました。


イテンバの状態は重症
角と共に、
顔面も大きく切り取られ、
修復はかなり困難かと思われました。


密猟者は、
出来るだけ角を大きく切り取ろうとして、
顔面深くまでえぐり取ってしまうのです。


幸いなことに
イテンバの頭の骨は残されていました。


獣医師のヨハン・マレーさんは、
剥製師と共に、
この広範囲の皮膚を覆う方法を模索しました。

傷が治癒するまでの間、
カバーするためです。


その結果、
自然死したゾウの皮膚の移植に踏み切ったのです。

2B708F0E00000578-3201050-Saviour_South_African_vetSavingTheSurvivers/MailOnline

手術は順調に進みました。

2B708F0900000578-3201050-Finishing_touches_In_200SusaScott/MailOnline

そしてイテンバの顔面をゾウの皮膚で保護。
2B708F1E00000578-3201050-Protection_The_elephant_SusaScott/MailOnline

 
術後は、サイの保護団体Saving the Surviversが引き続き見守ることになりました。

savingthesurviversSaving the Survivers


その後の経過は順調と報告がありました。



この前に
「ホープ」
というメスのサイが
同じように顔面を激しく切り取られ、
生き延びて、
治療の結果、
見事に回復している例もあるのです。

Hope-4-6-300x200Saving the Survivers

Hope-4-5-300x200Saving the Survivers

ホープの経過はこちら。




イテンバもホープも
名前の通り、
希望の星。




「呼吸している限り、希望がある。」
古くからネパールに伝えられている言葉です。



私たちは、
呼吸によって、
この世界に繋ぎとめられています。
呼吸しないまま、
この地上にいることはありません。



この地上には、
願い続ける限り
いつでも希望がある。




イテンバやホープは、
それを力強く私たちに教えてくれます。




ひかたまインスタ
こちら
app-icon2



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いいたします。


人気ブログランキング
君が代から神が代へ 上巻
森井 啓二
きれい・ねっと
2018-12-18