以前このブログでも
ロシアのオルカとベルーガ(シロイルカ)たちの監獄をご紹介しました。

ひかたま:ロシアで発覚したクジラの刑務所


写真はベルーガ(シロイルカ)
white-dolphin-1057362_1280



ロシア・スレドニャヤ湾に作られた生け簀に、
大量のオルカとベルーガが閉じ込められて、
衰弱している問題に
新たな光が見えてきました。


ロシア当局は、
ここに捕獲されたままの97頭のオルカやベルーガたちすべてを
野生に返すことを発表しました。

現地を管轄するオレグ・コジェミャコ知事が、
解放宣言に署名しました。




まずは
この監獄の様子は
次のようなものでした。

以下は過去のブログから抜粋



ロシアには、
これらの美しい動物たちを捕獲して
狭い生け簀に閉じ込めて
売りさばく組織が存在しています


調査の段階では
100頭以上が閉じ込められていたそうです。

これは
ドローンによる空撮です。


ffFacebook/Mashanetrebenko

動画はこちらから。

これらベルーガやオルカたちは
中国へ売られていくそうです。

content_________novayagazeta.ru

億単位の闇ビジネスだそうです。

ドローンの登場によって発見できたようです。


ロシアの地方当局は、
この施設が発覚後に捜査を開始しました。

調査に入った時点での
ベルーガ87頭のうち15頭は子供で、
捕獲したときには
まだ離乳していなかった可能性が高かったようです。



ロシアの検事総長は、
これらの海洋動物を水族館に販売する行為は違法だと警告していました。


この生け簀は、
海洋動物の生態を無視した施設であり
すべてのオルカやベルーガの健康状態は悪いようです。


ロシア当局が
この施設を没収してからの動向が気になります。

ロシアの水族館でオルカを受け入れられるところはなく、
国外輸出は違法であるために、

オルカとベルーガたちは
リハビリ後に、野生に返すことが最良となりますが、
健康状態が悪化しているために
どうなっていくのでしょうか。


無事に野生に帰れることを願っています。




今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング