「エクウス・レネンシス」

今から4万年ほど前に絶滅したとされる太古の馬です。

2018年夏、
シベリアのサハ共和国ヤクーチアで、
絶滅した「エクウス・レネンシス」の遺体が発見されました。


horse5.foxnews.com

この馬は
4万2千年間、
永久凍土の中に横たわった状態で
保存されていました。


horse1.foxnews.com


生後二か月の子馬です。

この子馬の内臓や筋肉組織、皮膚、体毛は
良好な状態で冷凍保存されていました。
血管内と心臓の内部からは
液体の状態のままの血液が採取されました。

この血液を用いて
クローン技術によって
絶滅種のウマを復活させる計画が始まりました。

horrtwitter


ここが発見されたクレーターです。


horse2.foxnews.com

慎重に子馬の遺体を抱えて
運ぶ男性

horse3.foxnews.com


ロシアの研究者たちは、
クローン技術を持つ韓国のスアム生命工学研究院の研究者たちと共同で
後期更新世の時代に生きていたこの子馬のクローン作製を行う予定です。


現在
研究者たちは
胚を移植する代理母となる馬の選定を始めています。



でも
クローン技術で
太古の馬を復活させた場合
本当に同じものなのでしょうか・・。

4万年前にロシアの地を群れをつくって走っていた馬と
全く同じとはいえないのではないでしょうか。

そして気候も
当時とは違い、生態系も大きく異なる地で
無事繁殖していった場合
今の生態系に与える影響はどれほどのものなのでしょうか。


現在の生態系に配慮して
映画「ジュラシックパーク」のような閉鎖された場所で
生かすのであれば
その種を別の意味で苦しませることになるのかもしれません。


私たちは
生き物を絶滅させることは得意でも
いまだ復活させることは苦手です。




今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング