がんを予防する食事としては
出来るだけ化学物質の入らないもの、
加工食品よりも新鮮な食材、
特に
オーガニックの野菜を多く摂取することは大切と言われています。


このブログで繰り返し言っているように
食事の時の心の在り方
重要です。


でも
その他に
正しい時間に食べることも
がんの発症リスクに関わっている
ようです。


スペインの研究機関IS Global( Barcelona Institute for Global Health)の研究結果です。

cook-366875_1280


この研究では
1,205人の乳がん
621人の前立腺がん
1,321人の健康な女性
872人の健康な男性に参加してもらっています。

参加者たちの食生活について
詳細に調査。


その結果
夕食後2時間経ってから就寝する人たちは
乳がんや前立腺がんのリスクが20%減少する
ことが判明。


さらに
夜9時前に最後の食事を摂る人は
夜10時以降に夕食または食後の軽食を取る人よりも
がんになるリスクが低いこともわかりました。

つまり
夜遅くに食事を摂ることは
身体に良くない
という結果でした。




私たちの心と身体には
自然の摂理に沿ったシステムが存在しています。

そこには、
「生体リズム」があり
生体がさまざまな活動する時の最も適した時間帯も存在します。


心も体も
地球と宇宙のリズムに沿って動いていることを
忘れがちです。

本来は
日の出と共に活動し
日没と共に休むというリズムであったものが
夜も不自然に明るい現代社会においては
生体のリズムと生活のリズムがアンバランスになりやすいのです。



活動、食事、睡眠の時間を意識して整えて、
社会生活と調和させながら
生体リズムを理想的なものに持っていければいいですね。




今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング