パリの地球物理学研究所の調査で
アフリカとマダガスカルの間のインド洋の海底に
大きな火山噴火があり
たった半年で
高さ800メートル、幅5キロメートルの
新しい火山が誕生していることを確認しました。


いままで海底火山で確認できたものの中で
最大の噴火です。

ca_0524NID_Mayotte_Volcano_Sonar_Waves_online.sciencemag.org/news

この赤いラインが新しく形成された火山。
青が海。
火山の頂上部から出ているのが
噴火です。

海底では
水圧が高いために、
爆発的な噴火にはなりにくいのですが
これは
すごい噴出しているのがわかります。




この近くの島々、
マダガスカル島とモザンビークの海岸の間にあるマヨット島では
昨年から
異常な群発地震が続いていました。


さらに
昨年秋には、
インド洋で謎の音がずっと観測されて話題になりました。

これがこの火山の誕生でした。




2012年には
今世紀最大といわれた火山噴火が
ニュージーランド沖の海底火山で発生しています。

でも
その時には誰も気が付くこともなく
観測もできませんでした。


そして
2013年には
日本の近海1600kmの地点に
世界最大のスーパー火山が発見されました。

この火山は
タム山塊と呼ばれています。

その面積は
31万平方kmと、日本(37万平方km)とほぼ同じ面積を持ち、
桜島の1万2千倍にもおよぶ体積があるようです。



ほとんどの火山噴火は海底で起きています。

いままでは
大規模な火山噴火でも
知られることはありませんでした。


何でも水面下で起きていることが多いですね。




今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング