オリーブオイル

良質のものは
とても香り高く、
愛好家に好まれます。

laurier-1763690_1280

でも
香り高いオリーブオイルを生産するために
多くの美しい声を出す小鳥たちが
殺されている
ことは
ほとんど誰も知りません。


世界で一番オリーブオイルを生産しているのは
スペインです。


権威あるワールドべストオリーブ賞の
ベストオリーブオイルランキングでは、
ベスト10のうちの多くがスペイン産です。



そのスペインの中でも
オリーブの一大産地はアンダルシア州。

ここは
典型的な地中海性気候であり、
夏季は天候がよく、雨はあまり降らないため
良質のオリーブを作ることができます。


アンダルシアのオリーブオイルは
スペイン国内生産の約80%を占め、
さらに
世界のオリーブオイルの生産量のおよそ3分の1を占めるともいわれています。




実は
このアンダルシア地方だけでも
年間260万羽もの貴重な小鳥たちが
殺されているのです。



オリーブの実の収穫には
巨大な吸引機付きのトラクターが使用されます。

そして
オリーブの実は、
気温が低い夜に収穫すると
香りが良いとされているのです。

昼間であれば
小鳥たちは吸引機から逃れることができます。

でも、
夜間に人工的なライトを突然当たられた小鳥たちは
なすすべもなく
吸引機の中に吸い込まれ
死んでしまうのです。



私たちはちょっとした食へのこだわりを大切にしますが、
その陰では
このような貴重な命の犠牲の上に成り立っていることもあるのです。




こちらも
ひかたま:偽オリーブオイルの見分け方
いつも使っているオリーブオイルは本物ですか?
日本のある調査では
某有名デパートでは15品中11品が偽物、
某高級スーパーでは18品中15品が偽物だったという結果もあります。



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。


人気ブログランキング