ズワイガニ

深海に生息する大型のカニで
冬の日本海の味覚の代表的存在でもあります。

「ズワイ」とは、
細い木の枝のことを指す古い言葉
「楚(すはえ)」
が訛ったものとされています。

生息域は、水深50 ~1,200mの砂泥底ですが、
主に
水深200~600mの深海と水温0~3℃の冷たい海域を好んでいます。


日本各地で
呼び名が違います。

有名な名には、エチゼンガニやマツバガニなどがあります。

1920px-Daegu_Yeongdeok_crabwikipedia



現在ズワイガニの稚ガニの減少が続いています。

1999年に調査を開始してからの
最近20年間のデータでは最低の基準にまで減少中。

しかも
原因不明です。

日本海側の漁獲量は平年並みですが、
稚ガニの数が激減しているのです。


今後の生存率や成長率を推定すると
ズワイガニの成体が将来激減する怖れがあります。

新潟の日本海区水産研究所の研究チームの調査では
3年後には
現在の約半分に落ち込むとの予測しています。


調査の結果では
雌の産卵数は平年と同じらしく、
産卵してから孵化し、稚ガニになるまでの期間に
何らかの原因で激減していることになります。




先日訪れた伊豆の狩野川でも
モクズガニが激減しているようです。

お土産屋さんでも
カニが減少してきたので
「在庫が無くなり次第カニ汁は終了」
との看板がでていました。


カニを大切にするには環境への配慮がかかせません。

「時はカネなり」に加えて
「時はカニなり」
です。
(・∀・)




ちなみに
海の生き物は生きている時には
一匹、二匹、・・・と
匹で数えることが多いのですが、

市場に入ると
サンマやイワシのような細い魚たちは、一本、二本、・・
ヒラメやカレイのように平たい魚たちは、一枚、二枚、・・・

そして
イカやカニは、一杯、二杯、・・

「杯」を使います。


この言い方の由来には
さまざまな説がありますが、
イカは、優勝杯のように見えるからとか
とっくりにしてお酒を飲めるなどの説が有力なようです。
カニも甲羅でお酒が飲めますね。
アワビの殻もカニの甲羅に似ているので、一杯と数えられることもあるようです。



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング