オレオレ詐欺

現在は
手口がどんどん巧妙になり
複雑な詐欺に代わってきています。


ところで
米国でもさらに進化したオレオレ詐欺が問題になっています。

いずれ日本に適した形に進化して上陸するものと思われますので
書いておきます。

それは「仮想誘拐」Virtual Kidnapping

現在スマホのアプリで
自分の好きな発信番号に変換して
電話をかけられるという
なりすましアプリがあります。

このアプリで
発信先をお金をだまし取る人の家族の番号に偽装します。

android-1869510_1280


実際に
ある男性の元に息子のスマホの電話番号から着信があり
「お宅の息子を預かっている。プリペイドカードを購入して情報を言えば開放する。警察に言ったら殺す。」
というような電話がかかってきています。

発信元のスマホ電話番号で
真に受けてしまい
この男性は
プリペイドカード情報提供により、身代金を支払っています。


その後すぐに
警察に通報し
息子は全く誘拐されておらず、
仮想詐欺だったことが判明。


この手口は
Virtual Kidnappingとしてユーチューブでたくさんの動画があります。

この仮想誘拐も
最近巧妙になってきていて
遠くで「助けて」と叫ぶ声が聞こえたり
これから指を切り落とすなどと
聞いている側を動揺させて急がせる手口などが報告されています。





現在これに対抗するためには
なりすましアプリによる通話を識別してブロックするアプリを入れなければなりません。

でも
そのアプリ自体が
詐欺だったら・・・








今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング