今日は父の日


5月の第2日曜日は「母の日」、
6月の第3日曜日は「父の日」です。

holiday-1415821_1280



母の日

まずは母の日から誕生しました。
1908年5月10日日曜日
米国ウエストバージニア州在住のアンナ・ジャービスさんが、
3年前に亡くなった母を追悼するために
教会で白いカーネーションを配りました。

彼女の母は、
「Mothers Day Work Club」というボランティア団体を作り、
平和活動家として貢献した女性でした。

アンナさんは、
すべての母に感謝する日を設定し、
祝日にしようという運動を始めました。

そして
1910年ウエストバージニア州で「母の日」を州の祝日として認定することができました。
さらに
1914年には、
5月の第2日曜日が米国の国民の祝日「母の日」として正式に制定。


父の日

母の日を祝日にする運動のほかに
「母の日」があるのに「父の日」がないのはおかしいということで
米国ワシントン州在住のジョン・ブルース・ドットさんが、
自分の父の誕生日月である6月を「父の日」に制定しようという活動を開始しました。

ドットさんは、
自分が通う教会の牧師に頼み、
1909年6月19日第3日曜日に「父の日」を祝う礼拝をしてもらいました。


ドットさんの父は
南北戦争へと出征し、
その間母は6人の子供を残して亡くなりました。
父は、帰還すると一生再婚することなく、
ずっと働き続けて
子供たち6人を立派に育て上げました。


この活動が当時のウィルソン大統領を動かして
1916年に「父の日」が認知されるようになり、
その後
1972年に米国の国民の祝日になりました。


ドットさんが父の墓前に白いバラを供えたことから、
米国ではお父さんへバラを贈るのが習慣ができたそうです。


日本は米国に従って6月第3日曜日が父の日ですが
国によってさまざまです。


母の日や父の日がここまで広まった理由としては
商魂たくましい商人たちが
これらの日をお金儲けに繋げようとして
さまざまな戦略を実施したからだと言われています。




私は
せっかくの母の日&父の日であれば
もう一歩、視野を広げてみることがいいと思います。


母の日と父の日に新たな意味を追加します。



母の日:母なる地球を祝う日
父の日:天の父を祝う日

も兼ねるといいと思います。

私たちを含め、すべての存在は
身体は、母なる大地で生まれ
魂は、父なる創造主に由来します。


毎日の生活に追われて
普段忘れがちな
私たちすべての存在の母と父に思いをはせて
高邁な精神をしっかりと心に刻む日にするといいでしょう。





今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング