日暈(にちうん、ひがさ)と雲

日暈は
太陽光と雲がコラボして作り出す「大気光象」です。

雲を形成する氷晶がプリズムとして作用して、
太陽光が氷晶の中を通り抜けるときに
光が屈折されることで発生します。

氷晶は、ほぼ六角柱の形となるために
綺麗に光の色が分けられるのです。


虹のようにも見えるので
白虹(はっこう、しろにじ)とも呼ばれます。

Snapseedwww

この現象、
実は虹よりも多く
頻繁に起こります。





雲が日暈に吸い寄せられるかのように動いています。

IMG_2633


その光景は
まるで
大空で
大きな卵子(日暈)に
精子(雲)が向かっていく
受精シーンのようでした。


動画撮りました。
BGMは、「Ordinary days」



Snapseedee



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング