バーゼル条約
有害廃棄物の国際的な移動を規制する条約です。


この条約の改定によって
2021年から
汚れたプラスチックゴミの輸出が
規制対象になることが決定しました。

garb


2017年のプラスチック循環利用協会の資料によると、
日本は、年間900万トンを超えるプラスチックゴミのうち
焼却処理されるものが524万トンと過半数を占めますが、
そのほかの
「リサイクル」名目のゴミは、
211万トン
あり、

そのうちの60%以上を
海外への輸出に頼って処理してきました。





財務省の貿易統計を見ると
日本の
2017年のプラスチクゴミ、およそ140万トンのうち
中国への輸出が、約80万トン
香港への輸出が、約25万トン
でしたが、


2017年末から
中国はプラスチックゴミの輸入を原則禁止としています。


なぜなら
名目上は「リサイクル」にもかかわらず、
実際には
リサイクルに適さないものが多く
不法投棄が問題化したからです。


2018年にはプラスチックゴミは輸出困難となり、
輸出量は、およそ100万トンに減少。
その輸出ゴミの多くを
ゴミの輸入を禁止した中国に代わり、
マレーシアやタイ、ベトナムなどに依存するようになりました。



それによって
東南アジア各国は
日本からのゴミの輸入の急増に処理の限界を迎えてしまい、

現在
各国でも受け入れの規制が始まりました。


先進国から途上国へのプラスチックゴミの輸出は
世界的にも大きな話題となり、
ゴミ輸出禁止を求める署名も
初めの一週間で100万人を超えています。


バーゼル条約の改正後には、
汚れたプラスチックゴミの輸出には
受け入れ国側の同意が必要になります。

つまり
日本が
今後も海外にゴミ処理を頼るのは
困難な状況となっています。


さらに
今月タイのバンコクで開催された
東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議で、
海洋プラスチックゴミの削減に関する連携の拡大のための
「バンコク宣言」
が採択されました。


これは
今後
日本が
ゴミ処理を
東南アジア諸国に押し付けるのは
極めて困難になるということを意味しています。




そもそも自国でまかなえないくらいにゴミを発生させるのが問題です。

環境NGO国際ネットワークGAIAの調査では
世界で最も多くプラスチックゴミを輸出しているのは
米国と日本です。


国連環境計画UNEPによると
世界の海に垂れ流されたプラスチックゴミは、
およそ
1億トン


もう十分でしょう。


日本の環境省プラスチック資源循環戦略案では
プラスチックゴミの有効利用率を
85.8%
と公表していますが
実態は
そのほとんどを燃やしているだけ。



日本では燃やすことを「熱回収」という数字をごまかすための用語を使い
有効利用しているとみなしているのです。



現在の日本で
自分たちが出したゴミを自分たちで片づけることに限界が来ています。


すでに
日本の民間の産廃焼却施設では
新規の受け入れを中止したり、
中間処理業者も保管の限界に来ているところが出始めています。



私たちが急激にゴミを増加させたのは
近年のことです。

もう一度
江戸時代の循環社会について学んでもいいかもしれません。



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング