広告の食べ物の写真は
とても美味しそうに見えます。

それは写真家の腕が良いだけではなく、
現実的にはあり得ない材料を使った演出の効果なのですが、
その写真を本物と信じている人が
とても多い
という調査結果が出ています。


でも
冷静に見てみると、
自分の購入した商品が
広告写真とは全然違うように見えるのは
よくあることです。



この図は
左側が広告の写真
右側が実際の写真です。
article-2655351-1EA346AA00000578-408_634x659 - コピーdailymail.co.uk/



こちらは
どうやって美味しく見せているかのテクニックの
ほんの一例です。
article-2655351-1EA346AA00000578-285_634x707dailymail.co.uk/

シロップ&はちみつ:ホットケーキにかかっている美味しそうなシロップは、自動車のモーターオイルを使用。本物のシロップは色が薄くて、美味しそうに見えない。

蒸した食品:ホクホク感を出すために、水でふやかしたタンポンを使用

コーンフレークの牛乳:本物の牛乳の代わりに、シャンプーや糊を使用。コーンフレークがふやけないで撮影可能。

ハンバーガー:ハンバーガーを美味しそうにこんがり焼けた色にするのは、靴墨を使用

野菜と果物のフレッシュ感:野菜や果物が新鮮で艶があるように見せるために、ヘアスプレーを使用

炭酸の泡:炭酸ソーダのシュワシュワ感の演出には、制酸剤と石鹸を使用

アイスクリーム:マッシュポテトの方が美味しそうに見えるので、代用。

アイスクリームトッピング:本物のアイスクリームの上にかけるシロップにはペーパータオルを使用。

ブドウ:美味しく見せるために、脱臭剤スプレーを使用



このような広告写真の過剰演出は
当たり前のことになっています。

とくに
美容業界では
加工していない写真は無いのではないでしょうか。

食品業界、化粧品業界をはじめ
あらゆる業界に浸透しています。

すごい立派なホテルの写真で予約して
実際に行ったら
たいしたことなかった
というのはよくあることです。


驚くことに
広告写真をそのまま信じている人が多いという調査結果が出ています。


写真は
写真を見た人が
それぞれ自分なりのイメージを作り出すことができます。




 




今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。応援クリックお願いします。

人気ブログランキング