ESGは、
環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)
の英語の頭文字をとった言葉です。

ESG投資とは、
環境E・社会S・企業統治Gに配慮している企業を
重視して
その評価を元にして投資を行うことです。


ESG評価の高い企業は
企業の行う事業の環境的配慮や社会的価値、成長の持続性など
優れた企業特性を持っていると判断できます。

nature-3289812_1280




ESGという言葉は、
2006年に国連の当時のアナン事務総長が
機関投資家に対して、
ESGを投資プロセスに組み入れる「責任投資原則」
を提唱したことが大きく影響しています。

それまでの利益至上主義に基づく投資からは
離れた新しい企業の見方です。



生き物や環境、人に有害だと知りながら、
お金儲け優先で製造販売を続けている企業は、
いまだにたくさんあります。


本来は
企業は
会社の利益のために
環境や人を犠牲にすべきではなく、
そのような場合には
企業が環境回復の責任を負うべきなのです。


私たちも
身体に有害な添加物を入れている企業や
環境に悪影響を及ぼしている企業などの製品を使わない・買わない
など
広い意味のESG活動をすることで
企業体質を変えていくことができます。




従来の利益優先主義の中で
大企業のトップたちが
その下で働く労働者の数百、数千倍の利益を
自分の贅沢のために独占しても正当だという勘違いが
正当化されてしまった現代社会自体が異常なのです。

自分で稼いだお金だから
何をしても良いというのは
大きな勘違い。

そのお金を集める過程で
間違いなく
環境に悪影響を与え、
生き物たちを犠牲にし、
労働者たちを搾取しているはずなのですから。



根本的には
富の不均衡を真から直すには、
完璧な制度があったとしても、
各人の精神性を高めなければ成立しない思いますが
欲望だけで生きているのではない限り
努力は出来るはずです。


そして
正当な方法と動機でお金を蓄えること自体はカルマになりませんが、
その使用には大きな責任が伴うと思います。


個人的な欲に費やすか、世界のためになることに使うか。






今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング