貧血

貧血は
世界中で約20億人が罹患している最も多く発生する血液の問題です。

貧血の原因はさまざまですが、
自分が貧血であることに気が付いていない人も多く、

貧血のまま放置した場合
疲労感や倦怠感が強くなり、蒼白になり、動悸や息切れなどの症状を引き起こします。



一般的に
貧血の確認は、血液検査の
全血球計算(CBC)で行います。

今回
米国ジョージア州 アトランタのエモリー医学の研究者たちは
血液検査の代わりにスマートフォンで撮影した爪の画像を解析して
血中ヘモグロビン(Hb)値を推定判断して
貧血を検出するアプリを開発しました。
    Nat Commun(2018; 9: 4924



このアプリでは
自分一人で気軽に
しかも
採血しないで血中Hb値を検査できることが特徴です。

爪を撮影するだけで
貧血の判定が可能です。

97%の感度で貧血を検出できます。

これは
血液を用いた臨床検査での平均的な正確性と同程度となります。

ttreutynature.com



このアプリを開発した人は
地中海貧血とも呼ばれている「βサラセミア病」(βグロビン遺伝子の変異による遺伝性血液疾患)に罹患していて、
これが研究開発のきっかけになったそうです。


この病気のために
開発者は、輸血日を決めるために、
毎回血液検査を行い続ける必要があったのです。


動機になったという。同氏の担当医は次の輸血日を決めるため、以前は輸血と輸血の間にHb値を検査する必要があった。

このアプリは
爪基部の画像を使用するため、
肌の色の人に関係なく、貧血が判定可能です。



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング