フランス政府は、
オスのひよこを
生きたまま粉砕機にかけて殺処分するという残虐な行為を
2021年末までに禁止することを発表しました。


オスのひよこは
卵も産まず
鶏肉としても流通しにくく
余分な存在として扱われていて、
世界中で、
生まれ次第、ただちに大量殺戮処分が行われています。

chiku


せめて
卵の早い段階でオスメスが分かれば
生まれてから殺処分することを止めて
有効利用ができるのですが・・・。


今回
ドイツのドレスデン工科大学とリトアニア・ヴィリニュス大学の研究チームが、
鶏の有精卵にレーザー光線を当てて、
オスメスを見分ける技術を開発しました。

PW_2016-04-29-RANDALL-eggsphysicsworld.com

この技術は、
孵卵器で暖めはじめて4日目の有精卵に
赤外線レーザーを照射します。

胚の中の血液の蛍光の具合から
オスとメスを判別します。


研究チームが
有精卵を使ってオスメス判別試験をしたところ、
95%の確率で正しくオスとメスを判別することができました。


現在は、
養鶏業者らが簡易に使える機械を開発中です。





現在の採卵養鶏では、
生まれてきた雛をオスかメスか
専門の鑑定士が選別していき、
卵を産まないオスの雛は
そのまま殺処分されてしまいます。


日本だけでも
年間推定約1億羽のオスの雛が
孵化した直後に無慈悲に殺処分されているのが現実です。

7237298-3x2-940x627abc.net.au


世界中では
すごい数のオスの雛が
殺処分されています。


生きたままゴミのように圧縮機で潰したり、
生きたまま粉砕機に放り込まれたり、
まとめてガスで殺したり・・・。


卵の早いうちからオスメス判別できれば
少なくともこのような生まれてすぐ殺処分という
非人道的な処置の必要が無くなります。



生まれてから選別される生後一日目のひよこは
本当に可愛いのです。

生まれてすぐに粉砕機に投げ込まれているのを
どれだけの人が知っているのでしょう。


私たちは
普通にスーパーで卵を買う背景では
こんな過酷な選抜も行われているのです。

1nationalgeographic.com




今日もありがとうございます。

ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。


人気ブログランキング