チョコレート。

世界的に特に先進国ではチョコレートの需要が増加しています。

誰もが気軽にチョコレートを食べる時代になりました。
でも
その陰では怖ろしいことが起きていることは
ほとんどの人は知りません。



この写真は
西アフリカの象牙海岸。
かつては豊かな原生林が拡がっていました。

それをチョコレートの原料生産のために
次々と破壊しているのです。

5760theguardian.com


世界的に
チョコレートの原料であるカカオが足りなくなっていることは
かなり前から問題になっていました。


ワシントンポスト紙には、
世界最大手のチョコレート会社の
チョコレートが足りなくなる現実が告白されています。

cyokowashingtonpost.com



そして
それを解消する手立ては
自然破壊以外には
ありませんでした。



象牙海岸の自然を破壊して作られたカカオは、
大手チョコレートメーカーによって買い取られています。


これら違法カカオは、
「汚れたカカオ」として
正規ルートのカカオに混入されて
製品化されます。


象牙海岸の自然は
1960年代と比較して
80%以上も激減しています。

現在
象牙海岸は
アフリカでもっとも自然破壊されている場所となっています。

3940theguardian.com



詳しいpdf「Chocolate's Dark Secret:チョコレートの闇」報告書は、
こちらからダウンロードできます。
英語版です。
choko



いつでも
どこでも
気軽に食べているチョコレート。

121916lunchchocwsj.com


でも現代では
自然破壊や
子供の強制労働なしに
チョコレートを食べることはできないのが現状です。



ひかたま:有名ブランドのチョコレートから安全基準超えの重金属
ひかたま:子供の強制労働によって成り立っている製品
ひかたま:論文の信憑性



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。


人気ブログランキング