ケニヤで
とても貴重な白いキリンの親子が
密猟者に殺されてしまいました。


世界にたった3頭しかいない白いキリン
2頭が殺されました

25803296-0-image-a-1_1583875454080dailymail.co.uk



キリンは
実は
絶滅寸前の動物です。



今日は
ここからは
コルドファンキリンのお話しです。

IMG_4342



コンゴ民主共和国、チャド、中央アフリカ共和国、カメルーンなどに生息しています。

体重は800~1500kg。
体の模様はマサイキリンに似ていますが、
腹部の模様は薄いか、模様がなく、
四肢の内側や下肢にも模様がありません。


キリンは、日本ではキリンが一種類と思っている人も多いと思います。
実は、
いろいろなキリンがいます。
基本的には生息地と体の模様で区別します。

アミメキリン、ヌビアキリン、コルドファンキリン、マサイキリン、アンゴラキリン、ケープキリン、ウガンダキリン、ローデシアキリン、ナイジェリアキリン。

その中で、コルドファンキリンは急激に数が減っています。

キリンは肉や皮膚が目的で殺される例が多いのですが、

コンゴ民主共和国では、
キリンのしっぽの先端だけが欲しくて、
キリンを殺してしまうのです。


コンゴでは、花嫁候補の女性の父親に、キリンのしっぽをプレゼントする風習があります。
そして、
長いしっぽの毛で、幸運のブレスレットを作られます。

たったそれだけのために、
貴重な命、キリンの命を奪ってしまうのです。


でも、もう
コンゴには40頭しか残っていないのです。

これは、野生動物保護官が見つけたキリンの死体。
giraa22Youtube

よくみると
しっぽの先端が切り取られています。

girragYoutube



幸せになれるという迷信を信じて
しっぽの先端部だけを手に入れたいがために
こんなに素晴らしい動物を
いとも簡単に殺してしまう。


kirin3Youtube


「萬法一如」(ばんぼういちにょ)
という言葉があります。

萬法(すべての存在、すべての現象)は、一如(一つのもの)という意味です。

ある魂は人になり、
ある魂はキリンになる。
でも
大きな視野で見ると、実は一つに繋がっている。

目には見えない繋がりを
しっかりと認識させてくれる言葉です。


私たちが幸せを考える時
自分の目先の利益だけではなく
すべての存在の利益と幸せを考えなければ
真の幸せにつながらない。

幸せのために
キリンを殺しても
それは
自分自身を殺しているのと同じこと。
決して幸せになることはありません。


結婚の風習のために
罪のないキリンを殺してしまうこと。

遠い日本から見ると
とても残酷に思えることでしょう。


でも
私たちも似たようなことをたくさんしています。


化粧品を使えば、ウサギが殺されている。
医薬品を使えば、実験動物が殺されている。
植物油脂を使った製品は食べたり、使えば、オランウータンが殺される。
ココナッツオイルを使えば、猿が殺される。


身の回りをもう一度よく見まわす必要があります。
皆が気を付ければ、とても大きな力になります。


さらに
どうすればキリンが殺されないで済むのか
考えてみませんか?



こちらも

ひかたま:静かな絶滅

ひかたま:あと38頭:キリンが消える日

ひかたま:美しいホワイトウルフ射殺



今日もありがとうございます。

ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いいたします。


人気ブログランキングへ