米国オハイオ州の
コロンブス動物園&水族館で
今年の2月に
体外受精&胚移植によって
チーターの赤ちゃんが誕生しました。


胚移植でチーターが生まれるのは
世界初です。

6a010535647bf3970b0240a50f76ec200b-800wicolumbuszoo.org/

まず
母チーターのキビビ(6歳)から卵子を採取。

次に、
フォッシルリム野生動物センターのオスのチーターの冷凍精子を使って
受精。

そしてその胚を
代理母イジー(3歳)の子宮へ移植しました。


代理母イジーは
体外受精から3か月後
オスとメスの2頭の赤ちゃんを無事出産しました。


胚移植は
17年前から研究され
今回がはじえての成功例となります。



チーターは、
アフリカの生息地では
個体数が激減し
絶滅の危機に晒されています



密猟に加えて
人間の活動範囲の拡大によって、
野生のチーターの生息域の90%が
すでに
消滅してしまいました。



多くの大型ネコ科の動物たちは
いまや絶滅の危機に瀕しています。


日本には
猫好きの人が多い反面、
大型の猫科動物の窮状に対しては
あまりに無関心なのが
いつも不思議に思います。



大型猫科動物たちは、
あと
たったの20年で
絶滅してしまうという専門家の悲観的な予測も出始めました。





今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング