朝の風景です。

トンボや鳥たちが自由に空を飛び回っています。


鳥になってみたいですね。
大空を自由に飛ぶ鳥。


今回のコロナ騒動でわかったことは、
もしも人が鳥だったら、
多くの人は
籠の中が好きということ。

大空を飛ぶリスクを避けて、
籠の中に留まりたい人が多い。


コロナでも
自分自身の健康を考えるよりも
薬やワクチンに頼り、
自分の行動も社会の多数派に盲目的に従うことを選ぶ。

本質を観ることなく
最も楽で
最も責任回避できる方法が好まれています。


空を飛ぶには
自分自身が全責任を持たなければなりません。
でも
責任を持ちたくない人が多いようです。

自由には
必ず
責任が伴います。

自分で自由を放棄してる人が多いことに驚きです。








今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。


人気ブログランキング