シオカラトンボ。


露天風呂に入っていたら
たくさんのシオカラトンボがやってきました。



日本では最も一般的にみられるトンボの一種です。

雄♂は、お腹が白くなり、「シオカラトンボ」と呼ばれます。
雌♀は、お腹は白くならず、「ムギワラトンボ」と呼ばれています。

 IMG_5385

雄は、成熟すると次第に全体的に黒色へと変化し、
胸部から腹部前中方が灰白色の粉で覆われるようになります。

シオカラトンボは、
この塩色でわかるように、
明るい環境を好み、
生活は草原などの開けた明るい環境で過ごす傾向があります。

産卵する池も、
明るく開けた場所を選びます。 

シオカラトンボは、
春先からよく見られ、
本州では
4月中旬頃から成虫が現れて10月頃まで見られます。

IMG_5383

美しい形と色。

トンボは日本では昔から縁起物として扱われ、
素早く、
決して退かない勇敢な精神を表すものとして、
特に武士に好まれたそうです。

行動範囲はとても広く、
すごいスピードで動くため、
成虫の飼育は困難です。


さて
このトンボの羽には
すごい秘密が隠されていました。

オーストラリアの研究チームが
オーストラリアに生息するトンボの透明な羽の構造を調べていました。

羽の表面には、
一面に高さ240nm(ナノメートル)の突起状のナノ構造物があります。

この突起は、極小構造のために
人が触っても滑らかに感じます。


そして
この構造には
極めて強い抗菌作用が見つかったのです。


今回の研究では、
緑膿菌、黄色ブドウ球菌、炭疽菌の仲間の枯草菌が使われて
感染実験が行われました。

いずれの菌に対しても効果的で
細菌を守る芽胞をも破壊する能力を持っていました。


トンボの羽は
羽が美しいだけでなく
殺菌剤としての物理的性質を持つことが判明したのです。


物質の形によって
菌をよせつけなくなる。


特定の形には
それに特有の力が形成されます。



人も年を取るごとに、
髪の毛がシオカラトンボの色に変わっていきますが、
トンボのように
清潔で、凛々しく、機敏で、勇敢でいたいものですね。


温泉に飛んでいたとんぼたちは
飛びながら何度もお尻をお湯につけていましたが
温泉に産卵してしまわないか
気になってます。




今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング