脳細胞は
高齢になるにつれて
減っていく
と一般的には考えられてきました。

opioids_brain_G

これまでマウスやサルなどの実験動物を用いた研究では、
老化していくと脳細胞を新しく生成する能力は失われていくことが確認されていましたが
人の脳の研究では
異なる結果が得られていて
いまだに解明されていない部分が多い領域でした。


今回の研究報告では
高齢になっても新しい神経細胞が作られていることが示されています。

cellcell.com


この研究では
14~79歳で急死した健康な男女の脳を剖検しています。

被験者は
脳機能は正常で
認知症や神経疾患、精神病などの脳疾患の診断を受けた人はいませんでした。



その剖検の結果、
若い人と同様に
高齢者でも、
脳の海馬という部分において
新しい神経細胞を生成する能力がある
可能性が示唆されました。

海馬は
記憶や学習に関連する重要な部位です。


高齢になっても
脳内には
新しい神経細胞に分化することのできる前駆細胞が存在する
ことが明らかになったのです。




今後
高齢になっても若々しい海馬を維持している人についての
さらなる研究が必要です。


認知症のリスクの少ない健康な人では
健康的な食生活をしている
定期的に運動している
喫煙をしない、
体重を適正に保つ
正常血圧を維持している、
社会的活動や知的活動を行っている
などの共通点があります。

また
適度な運動を行うことによって
海馬の神経細胞の生成が促進されるという研究報告もあります。


歳をとっても脳が若々しく保てるのはいいことです。



語彙力が最も優れているのは
67歳がピークであることが判明しています。



こちらも
ひかたま:能力と年齢



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング
君が代から神が代へ 上巻
森井 啓二
星雲社
2017-12-18