12月に入り
明けの明星が美しく輝くようになりました。

この写真は
今週の明けの明星:金星です。

この時期は
空も澄んで
流星群も続きます。
1IMGP6697




12月上旬から中旬までの間 木星と土星が接近します。
暗くなり始めた時間だと
木星と土星は南西の空に確認できます。
明るく金色に輝いているのが木星です。


12月13日 月と金星が一緒に並んで見えます。


12月14日から15日の夜 ふたご座流星群
ついに、
ふたご座流星群の時期になりました。
三大流星群の一つです。
毎年安定して一年を通して最もたくさんの流星が流れます。
夏のペルセウス座流星群と共に
必見の流星群です。

今年は、
ふたご座流星群の極大時刻が12月日の時頃です。


基本的に
流星は「放射点」と呼ばれる中心点から
すべての方向に流れていきます。

ふたご座流星群の場合には
放射点は、
ふたご座の2等星カストルの近くにあります。
この放射点は、
午後遅くから翌朝未明にかけて
東の空の高い位置に来ます。

でも
ふたご座流星群の場合には
全天にたくさん流れますので
放射点を気にしなくてもいいでしょう。

12月21日 木星と土星の大接近。
木星と土星の大接近は、20年ぶり。
暗くなると南西の低い位置に木星と土星がすごく接近した状態で観察できます。

12月22日 こぐま座流星群
今年の極大は
12月22日の18時頃です。

23日に日付が変わってから真夜中過ぎに観察すると良いでしょう。
どの方角を見ても良いです。
地球を背負って見てみましょう。


12月24日 月と火星が接近します。





2021年1月4日未明 しぶんぎ座流星群
しぶんぎ座流星群は
ペルセウス座流星群、ふたご座流星群と共に
三大流星群の一つです。

しぶんぎ座流星群は
短時間に流れるので、
極大時刻の確認が大切です。

3日23時~4日0時頃がピークであり、
4日の2時~5時前頃までが
好条件です



澄んだ冬の深空に
美しく流れる流星たちを眺めて、
ひと時、宇宙と心を一つにしましょう。

人工的なものから離れて
大自然と調和することは
何よりのご褒美になるはずです。


この時期寒いので
湯たんぽ用意して
パートナーがいる人はくっついて眺めましょう。

私は
わんこたちと一緒に眺めます。








今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
よろしければクリックお願いします。

人気ブログランキング