エディブル・フラワーとは
Edible(エディブル:食べられる)Flower(フラワー:花)
食用花のことです。


植物の花は
食材として用いられています。

これは
先日の私のごはん

友人が育てた無農薬野菜とお花ときのこで作っていただいた食事です。
お花を入れると
彩が華やかになります。
IMG_2474


お味噌汁の具は
ムクゲの花です。

繊細な波動が
身体に入ります。
IMG_2477


こちらが
入れる前の花
IMG_2480


適度に花を摘むと
樹木が長生きすると聞きました。






多くの人は意識しないままエディブルフラワーを食べています。

例えば

多くの人は
ふきのとうや菜の花を食用の花として食べています。



ここでは
一部をご紹介します。


ルリジサ(ボリジ)

cucumber-herb-1656889_1280

青い星型の花を咲かせます。
サラダにとても良い花です。
食感としては、
細かい繊毛があるために
アイスプラントにような舌ざわりも感じます。

強壮効果があり、人の気持ちを明るくする作用もあるようです。
鎮咳作用やのどの痛みを治す作用も知られています。

中世の騎士たちは、
闘志を高めるためハーブティーにして飲む習慣がありました。
この花は、
アドレナリンを分泌させてストレスや恐怖に対処しやすくなり、うつ状態にも効果があることが
最近の研究によって明らかにされています。





カモミール

chamomile-796381_1280


これは料理だけでなく、
日常使用や薬草としてもとてもよく使われます。

元気のない植物の横に植えるとその植物が息を吹き返すことから、
「植物の医者」とも言われ、
非常に人気のあるハーブの一つです。

カモミールは、
ヒポクラテスの時代から世界各地で薬草として使われてきました。
イライラ、ヒステリー、不眠症、熱病、神経症などの治療、
胃薬、鎮痛剤、鎮痙剤、殺菌剤、花粉症治療、催淫剤、化粧品、御香など
多岐にわたり使用されてきました。
特に、
乳児の不安や動揺を鎮める作用が強くあります。
カモミールの花の花弁に含まれるフラボノイドの一種アピゲニンは、
GABAに作用する特性を持ち、
神経興奮を抑制します。
また全身の平滑筋を緩める作用があり、
消化器疾患、なかでも幼児の疝痛を和らげます。



タンポポ

dandelion-4119846_1280


セイヨウタンポポは、食用として
根は、ピクルスやコーヒーの代用品に、
花は、サラダやワインや蒸留酒の原材料に、
蕾は、ピクルスに、
葉は、サラダや野菜料理になります。


メディカルハーブとしても古くから使われています。
健胃作用、消炎作用、解熱作用、利尿作用、催乳作用、強壮作用、抗炎症作用、抗菌作用、強肝作用、利胆作用、抗癌作用などが知られています。
特にカリウムが多く含有されているため利尿作用が強く、
古くから水分の調節に使用されるハーブの一つでした。

消化不良、胃痛、健胃、腸炎、風邪、痔、貧血、乳汁不足、肝機能障害、胆嚢疾患、心疾患、リウマチ、各種皮膚疾患、便秘、疣、月経前症候群、腎臓結石予防、乳腺腫瘍
などに使用されてきました。


ハイビスカス

この花は、サラダの他にも
ハーブティ、ジャムなどにも用いられます。
ハーブティは少し酸味があり、
花は、オクラの仲間特有の、わずかな粘り気を感じます。

血圧を下げて安定させたり、
血中コレステロール値を下げる効果もあります。



ラベンダー

lavender-3479492_1280

古くからハーブとして
古代エジプト、ギリシャ、ローマ、中東、ヨーロッパなどで薬や日用品、料理などに
とてもよく使われてきました。

料理に使うと
いい香りと共に食欲を刺激する作用もあります。



パンジー

flowers-4199586_1280

パンジーの花は
さまざまな色があり
料理を美しく彩ってくれます。

味に強い個性が無いために、どんな料理にも合う花です。



バラ

rose-616013_1280


さまざまな品種があり
種によって薬効や味が大きく違います。

香りが高く、そのままサラダで食べる他にも
飲み物やジャムなどにも用いられます。

リラックス効果が高く、不安感なども緩和してくれる作用があります。




他にも
美味しい食用に適した花はたくさんあります。
また
これらの花は
フラワーエッセンスとしても使われています。

園芸店で売られている花は
農薬があるので食用には向きません。
料理には
無農薬のものを使いましょう。





今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング