神の詩第四章三節 10


himalaya-4039497__340






「汝は私を信愛する者であり、友でもあるから、この太古からのヨーガを、今回、私は汝に語った。実にこれは最高の秘密である。(三)」


続きです。


クリシュナが若い頃、
牧童たちと共に
牛飼いをしていました。


牧童たちは、
クリシュナを慕い、
どんなことでも従い、
共に喜びを分かち合っていました。


ある日、
牛たちが森の中に迷い込み、
そこで山火事が起きて、
牛と牧童たちが火に囲まれてしまったことがありました。


クリシュナは、
牧童たちに
目を閉じているように指示して、
奇跡的な力で山火事を消し、
牛と牧童たちを守りました。


牧童たちは、
クリシュナが奇跡を起こしてくれたことを
よく認識していました。



でも
彼を神として見るのは、
奇跡を起こした後の
ほんのわずかな時間だけで、

あとは
普通の人間として
見ていたのです。


見た目が同じ地球の肉体であるために、
肉体意識を超えた見方が
出来なかったのです。



クリシュナは、
牧童たちに肉体意識を超えた、
超越的意識を学ばせようとしました。


ちょうどこの時期は雨季で、
クリシュナは
牧童たちと雷雨を眺めている時でした。


クリシュナは
牧童たちに言いました。

「牧童たち、
君たちは今、
真っ黒な雲が空を覆い、
今にも雷が轟いてきそうな空を見ている。
至高の存在である神は、
大空のようなに遍満しているものだ。
そして
その神性(空)は、
無智(鈍性グナ)という
分厚く暗い雲によって覆われている。
雷鳴(激性グナ)と稲妻(浄性グナ)は、
この無智に伴っている。

これが雷雨から学ぶことだ。
神性(空)は、
この三つのグナに覆われ、
隠されている。

だから
君たちには知覚することが出来ない。

この雷雨をもたらすくらい雲は、
風によって運ばれてきた。
だから時間が経てば、
また風によって消えていく。

それと同じように、
君たちを覆っている無智も、
神の叡智によって追い払うことが出来る。

自然現象を、
目に見えることだけでなく、
もっと深く洞察してみてごらん。

その時、
自然は最高の先生になる。

自分を見てごらん。
人間も自然の一部だ。

今までの君たちは
今まで雷雨の空を
ただ雨雲としてだけ見ていたように、
自分の身体も
肉体としてしか見ていなかった。

肉体に宿る神性まで
いつも見通すことが必要なんだよ。

表面的なものだけしか見れないのは、
盲目と同じことだ。

肉体は
自然現象の結果であり、
不滅のアートマが原因なんだ。

だから
いつも結果だけを見ていてはいけないよ。

自分の見方を変えれば、
世界は変わる。

自分の意識状態に合った通りに
世界は認識されるようになるんだ。

自分たちが肉体だと思っている限りは、
本当の自分は見つけられない。
肉体は魂の乗り物であって、
身体に内在している神性を見るようにするんだ。」



牧童たちは、
各自家に帰ってからも、
クリシュナが起こした奇跡と
自然現象についての話をよく考えて、
理解していきました。

そして
クリシュナと共にすごす時間が、
さらに
至福へとなっていったのです。



続きます。


今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。


人気ブログランキング