神の詩 第五章十二節 31



flowers-7196612_960_720



「心を統一した者(ヨーガ行者)は、行動の結果を捨てて、究極の平安に達する。心を統一していない者は、欲望のままに行動し、結果に執着して束縛される。(十二)」


続きです。


「心の統一」
に必要なことを述べています。

昨日は
霊的理想の確立についてでした。




今日は
神へと向かう意思についてです。



神へと向かう意思、
霊的な渇望は、
人を真摯に動かす原動力となる
とても大切なものです。


人は、
お腹が空かないと食べ物を欲しがることはありません。
喉が渇かないと水を欲しがることもありません。


それと同じように、
神を欲する強い気持ちは、
極限まで霊的恩恵に餓えない限りは、
求めようとしないものです。


人は地上での生活を通して、
さまざまな試練に逢い、
多くの喜怒哀楽を経験していくうちに、
少しずつ
霊的な餓えを
感じるようになっていきます。


まずは
霊的な餓えを
はっきりと感じ取ることです。



目の前にお米があります。
でも、
中途半端にお腹が空いても、
人はわざわざ炊いてまで食べる必要は無いと考えます。

それでは
すごく餓えていたらどうでしょうか。
きっとお米を炊いて、
食べると思います。



人の霊的な餓えも、
日常生活でよほど注意深くなければ、
大きな出来事が無いと
なかなか気がつかないものです。


地上の重い体を持っていると、
人は意外と鈍感で怠惰になるのです。



人は、
地上で肉体を持ったまま最大限の活動をしなければなりませんので、
鈍感や怠惰を克服することは
初歩的な一歩となります。


まずは
肉体を
霊的活動に使えるように
馴染ませていきます。


肉体を躾て、
感覚器官を躾て、
心を躾ます。



肉体は、
正しい姿勢と呼吸、
食べ物に特に注意を払います。

霊性を高める内的探求では、
肉体の手入れは必須です。


飛行機に乗ってどこか目的地に行くときに、
まずは
飛行機の整備をするのは当たり前のことです。


肉体は、
魂を載せて神の元へ飛んでいくための、
最も大切な宇宙船です。
日頃から保守管理することが大切なのは明らかです。



次は
執着を放棄する




続きます。



ホメオパシーマテリアメディカ最高峰
限定販売品








今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング