神の詩 第五章十二節 33



flowers-7196612_960_720



「心を統一した者(ヨーガ行者)は、行動の結果を捨てて、究極の平安に達する。心を統一していない者は、欲望のままに行動し、結果に執着して束縛される。(十二)」


続きです。


「心の統一」
に必要なことを述べています。


霊的理想の確立について

神へと向かう意思について

執着を放棄するについて

さらに今日は
環境を整えることについて





環境を整える。



環境を整える最も大切なことは、
生活をシンプルにすることです。


現代社会では、
欲しい物や情報が
すぐに手に入ります。


だから
いつでも人は
より多くの情報、
より快適な物を欲しがります。

そして
それらはたいてい過剰なります。



心の揺れを避け、
心の鍛錬に十分な時間を費やしたいのであれば、
生活をシンプルにして、
多くを求めすぎないことです。



物も、
情報も、
食べることも、
着ることも。



自分で手に入れたものには、
時間とエネルギーが費やされてしまうことを
よく覚えておくべきです。


実践に使えない知識を集めても、
時間の浪費にしかなりません。



ただし、
すべてを急に止めると
心に強い歪を生じることがあります。

聖職者たちの性犯罪が典型的な実例です。
急に性欲を抑えれば、
心に抑圧され歪んだエネルギーが残ります。
だから少しずつ、
ゆっくりでいいと思います。



まだこの節の話は続くのですが、
ここで一旦休憩にしましょう。


まもなく第五巻が発売となりますので
続きは
「精解 神の詩」第五巻に記しておきます。








「如実知自心」大日経
心の働きをよく理解し、あるがままの自分の心を知ること。

「云何(いかん)が菩提となれば、いわく実の如く自心を知るなり。」空海「秘蔵法鑰」





次は
「自我を支配した魂(個我)は、すべての行動を心で放棄して、九門の城(人体)に安住し、自分で行動することも、他人に行動させることもない。(十三)」



よく内観しておいてください。


準備が出来たら
始めていきましょう。



今日もありがとうございます。
ブログランキング参加しています。
応援クリックお願いします。

人気ブログランキング