ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

昆虫

セミに性欲が死ぬまで止められなくなり最終的には下半身が破裂する病気があります。これはセミに感染するMassospora cicadinaという真菌です。この真菌はセミが地中にいる幼虫のうちに感染し、成虫となって外へでていくまでは静かに潜伏しています。セミが地上に出て成虫にな
『医療応用:セミを性的興奮させて殺してしまう病気』の画像

ゲンジボタル見てきました。ホタルは、千三百年程前に書かれた「日本書紀」や千年前の「枕草子」にも登場するくらい日本では親しまれてきた昆虫です。写真を撮ってみました。実際の色よりも緑色に移ります。昔は母の実家では時期になると当たり前のようにそこらじゅうに飛ん
『美しく優しいホタルの光と人のハートの光』の画像

昨日の記事「ひかたま:医師の倫理向上のために:治療家の精神性と霊性」で私のブログ記事が某SNSでスパム認定され、ブロックされました。医療の質の向上を願って書いたものですが理解されなくて残念です。今月からワク〇ンを反対するような内容の書きこみが禁止されたという
『森の樹蜜:甘露蜂蜜』の画像

ウォレスの巨大蜂 (Megachile pluto) インドネシアに生息する世界最大の蜂です。1858年にイギリスの博物学者アルフレッド・ラッセル・ウォレス氏が発見し、「ウォレスの巨大蜂」とも呼ばれるようになりました。1981年の目撃を最後に生存が確認されていませんでした。2019年
『世界最大の蜂「ウォレスの巨大蜂」発見』の画像

ギンナガゴミグモ。ギンナガゴミグモは鳥のうんこそっくりに擬態することができるクモです。日本、中国、台湾、韓国に生息しています。ゴミグモ属はとても繊細な巣を作る事で知られています。ギンナガゴミグモは巣の中央部に同心円状に糸を張って、その中央部に鳥の糞に似せ
『忍者の「六法出」とギンナガゴミグモの高度な擬態能力』の画像

昆虫たちは私たちの生活になくてはならない存在です。ご存知の通り昆虫のいない世界では私たちは生きられません。多くの作物の受粉を昆虫たちの働きに頼っています。多くの生き物たちが昆虫の栄養分に頼って生きています。自然界の健全な生態系を維持するためにも昆虫は必要
『昆虫の激減と生態系の崩壊』の画像

世界的にミツバチの激減が問題視されています。私たちの生活の維持にはミツバチの働きは欠かせません。ミツバチがとても多くの農作物の受粉に関わっているからです。都会で蜂たちが目の前で飛んでくるだけで、大騒ぎして嫌がる人さえいます。でも共存共栄は、人にとってもと
『南アフリカのミツバチ』の画像

カマキリ秋になると、うちの近くでもカマキリがよく出てきます。人目に付きやすくなるのは秋までに大きくなることや繁殖シーズンに入り、行動範囲が広くなるためのようです。秋になると、カマキリは、子孫を残すために必死になっていきます。カマキリは、交尾が無事に終わる
『カマキリの雌が雄を食べる理由』の画像

秋の虫たちの音色が心地よい季節になりました。動物の中で最も周波数の高い音を発する昆虫がいます。この昆虫類はまだ発見されて間もなく、超高音を発することからキリギリス科のスーパーソヌス属 (Supersonus)と名付けられました。entomologytoday.orgキリギリス科のスーパ
『動物界最高音の15万Hzで鳴く昆虫』の画像

失われていくご神事再掲です。蜂蜜。蜂蜜を作るミツバチははるか昔から地球にいます。世界各地からはミツバチの化石が発見されています。同様に人とミツバチの関係も相当古い時代からありそうです。写真はヒマラヤ山脈の奥地に暮らすクルン族のハニーハンター(蜂蜜を採る人
『伝統のハニーハンター』の画像

子供たちに大人気のカブトムシ最近は私の知り合いでも意外な人が飼っていたりします。雄には立派な角があります。Photo-acカブトムシは幼虫やサナギの初期段階ではあの立派な角は存在しないのに、雄の場合にはある日突然角が生えてきます。おたまじゃくしの肢が突然生えるの
『カブトムシの角』の画像

インドウッタラーカンド州。uttarakhandincredible.com花の谷があるほど美しい花々が咲き乱れる地です。snowviewtravels.comhimalayanadventurejourney.comヒマラヤ山脈の麓に位置し、大自然豊かなインド北部の州で、ヒンドゥー教の巡礼地として知られています。wikipediaヨ
『消えていくヒマラヤの蝶たち』の画像

↑このページのトップヘ