ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

環境

地球内部、地下660キロメートル付近においてマントルの上部と下部を隔てる境界面に沿うような形で巨大な「山々」が形成されていることが複数の巨大地震による地震波を分析した研究結果から判明しています。geologyin.comその山々は起伏に富んでおりその中には、エベレストよ
『	 地球内部にあるエベレストよりも高い「山」』の画像

蛍。母の実家が長野県の山奥でしたので昔は夏になるとホタルがどこにでもたくさん飛んでいてとても綺麗でした。日本には約54種類本州には9種類のホタルが生息していますが、代表的なものは、「ゲンジボタル」と「ヘイケボタル」です。ゲンジボタルのオスは、強く光を点滅させ
『蛍が世界的に激減』の画像

2009年に地球内部を探索するために各分野の専門家たち数百人が集まって国際共同研究機関「深部炭素観測室(Deep Carbon Observatory:DCO)」が結成されました。そして2018年になって米国ワシントンで開かれた米国地球物理学連合(American Geophysical Union)の会議でDCOの
『	 人の知らない生命体の森』の画像

Saalumarada Thimmakkaさん。彼女は現在106歳。 若いころに結婚して 子供が授かることが出来ませんでした。 インドの田舎の村では 子供が出来ない女性に対する風当たりは とても強いものでした。 彼女はそんな偏見にもめげずに子供の代わりに樹木を子供のように大切に育
『	 105歳。子供の代わりに木を育てている女性』の画像

英国のサフォーク州総人口は、およそ74万人ほぼ東京都の足立区と変わらない人口です。面積は 3,801  km²足立区は、53 km²なので、足立区の70倍以上の広大な土地。サフォーク州の海岸部は、英国では傑出した自然美地域として指定されている風光明媚な場所です。この美しい
『	 世界中に蔓延する化学的精製物質』の画像

英政府は、2042年末までに英国内でのプラスチックの使用を抑えることを目指す環境対策を発表しました。レジ袋の有料化対象を拡大し、商品プラスチック過剰包装の見直しを促すなどやれることはたくさんありそうです。世界的にはプラスチック製品ボイコットの象徴としてストロ
『	 深刻な未来:海鳥がプラスチックを食べる理由』の画像

再掲です。南太平洋のど真ん中地球上で文明の場所から最も離れている無人島ヘンダーソン島ピトケアン諸島を構成する小さな4つの島の一つですここはニュージーランドからもはるか遠く南米チリからも5000kmも離れているため人がほとんど行くことが出来ない、人間世界から最も離
『	 地球の楽園にも溢れるプラスチックゴミ』の画像

スマホいまやほとんどの人が持っています。こんな記事があります。「EMF(スマホの発する電磁場)が若い人の記憶力に影響を与えることが判明」naturalnews.com今回の研究は青少年を対象にした無線周波数電磁場の脳への被爆線量を評価する世界初の研究のようです。論文はこちら
『スマホの電磁波と記憶力の減退』の画像

これ土星の月たちです。dailymail.co.uk土星には月(衛星)がたくさんありみんな個性的で面白い形をしています。米航空宇宙局(NASA)は無人探査機カッシーニを使って土星の環の隙間にある衛星に最接近して通過していた時に観測を行っています。その観測データを元にさまざま
『土星の環と地球の環』の画像

再掲です。よく芸能人で一度来た服を二度と着ないだとか百着以上の服を持っているだとか・・・そんなに毎回服を買い替える必要があるのですか?国連が個人による気候変動対策をグローバルに呼びかけるActNowキャンペーンの一環として、「ファッションチャレンジ」を立ち上げ
『	 衣服が環境に与える影響:「木喰草衣心似月」』の画像

再掲です。チョコレート。世界的に特に先進国ではチョコレートの需要が増加しています。誰もが気軽にチョコレートを食べる時代になりました。でもその陰では怖ろしいことが起きていることはほとんどの人は知りません。この写真は西アフリカの象牙海岸。かつては豊かな原生林
『	 チョコレートで破壊される象牙海岸』の画像

ある医療機器の販売業者さんが言いました。「昔の医療機器は壊れないから困ってた。最近のはよく壊れるから有難いね。」たしかに昔の医療機器は壊れなかった。しかも壊れても、修理可能。ちゃんと直してくれました。いまは全く違います。よく故障するために高額な年間メンテ
『道具に宿る命:修理する権利』の画像

↑このページのトップヘ