ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

環境

最近になって南米アマゾン川の河口付近に、全長1000km約9500平方kmに及ぶと見られる巨大なサンゴ礁海域が存在していることが発見されました。huffingtonpost.comアマゾン川のような大河の河口付近では淡水と海水が混ざり、サンゴの生育に適した条件が整っていないと考えられ
『アマゾンのサンゴ礁が危機』の画像

お休みの日はお山歩(おさんぽ)してきました。気温がおかしい。なぜこんなに暑いのでしょう・・・・。美しい彩雲や幻日、日暈、環天頂弧などはよく見られる現象ですが今回は太陽の周囲に日暈とは違うとても大きくて鮮やかな太陽虹が見られました。彩雲の一種でしょうか。肉
『太陽虹』の画像

米国とメキシコ国境sacramento.cbslocal.com以前野生動物を犠牲にする難民阻止用のフェンスについてそれが野生動物にとって死活問題になっていることを書きました。ひかたま:野生動物を犠牲にする難民阻止用のフェンス例えばこちらはスロベニアとクロアチア国境。絶滅が危惧
『米国の国境壁建設で分断される生き物たち』の画像

このところの欧州の大寒波と大雪。こちらはギリシャ。欧州南部にあるギリシャもスペインも大雪と低温に見舞われました。theatlantic.com当然暖房を多く使うことになりました。そして風の少ない日に各国でスモッグが停滞し、緊急の対策が講じられています。フランス・パリは、
『催眠術と大寒波』の画像

南極でもここ数年大きな変化が次々と起きています。英国の南極基地「ハレー基地」はブラント棚氷の上に設営されています。telegraph.co.uk横に長い構造です。いつでも容易に移動できるような構造で、各施設ごとに油圧式の脚とその脚には雪上スキーが設置されています。bas.ac
『変化する南極:英国の南極基地一時閉鎖』の画像

北半球の大寒波が続いています。newscats.orgヨーロッパ各地でも異常低温や大雪の報道。天気も大荒れです。    普通の人でも耐えられないほどの寒さで死者も続出しています。その中で最も厳しい環境にいるのがホームレスと難民たちです。特に難民たちは雪の無い国から
『ヨーロッパの大寒波で難民の死が続出』の画像

レア・アース(セリウム、スカンジウムなどの希金属元素)は、 今の現代社会を支えているスマホや液晶テレビ、コンピューター、ハイブリッド車などになくてはならない原材料になっています。 レアアースがなければ これらを作ることは不可能です。 現在 世界のレア・アースの
『レアアースの産地とスマホ』の画像

世界中の報道から。森井啓二@keijimoriiVet南極に古代都市が発見された?ピラミッドに続いて新たな構造物発見。https://t.co/A2ogxFw6p02017/01/07 08:32:55thesun.co.uk現在、南極大陸沿岸部の氷の溶解が予想以上に進行していることが判明しており、昨年は溶解した氷で8000
『今朝のつぶやきから。』の画像

ロシア南東部の美しいバイカル湖。水が綺麗で世界一透明度が高い湖として有名です。「シベリアの真珠」とも称されます。また水質は安定し、外界がら閉ざされている湖であるために固有の生態系も進化していて、ガラパゴス諸島と並んで「生物進化の博物館」としても知られてい
『シベリアの真珠バイカル湖の変化』の画像

一度は先住民族側の勝利となりダコタ・パイプラインの建設一時差し止めですが、聖地と水源をパイプラインから守る戦いは、まだ終わっていません。パイプライン事業を行うエナジー・トランスファー・パートナーズ社は、今後も建設ルートの変更はしないと断言しています。そし
『日本の銀行が加担する先住民人権侵害と環境破壊』の画像

マミチョグ(Fundulus heteroclitus)barnegatwildlife.com北米の大西洋沿岸の汽水域に生息する小さな魚です。マミチョグとは北米先住民の言葉で「群れを作る」という意味に由来し、実際にこの魚は群れで行動しています。発生学や環境科学の分野では実験動物として有名です。
『致死量の8000倍に耐える魚と毒の効かない聖者』の画像

アメリカ先住民族の存続を脅かすダコタの石油パイプライン「ダコタ・アクセス・パイプライン」。先住民スタンディングロック・スー族の居留地の命綱である水源をパピプラインが通過するために長い間の抗議デモを続けてきました。スー族に賛同して、300以上のアメリカ先住民部
『先住民の水』の画像

↑このページのトップヘ