ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

環境

バーゼル条約有害廃棄物の国際的な移動を規制する条約です。この条約の改定によって2021年から汚れたプラスチックゴミの輸出が規制対象になることが決定しました。2017年のプラスチック循環利用協会の資料によると、日本は、年間900万トンを超えるプラスチックゴミのうち焼却
『海外に頼り切っていた日本のゴミ問題の今後』の画像

気候変動で被害を受けるという理由で企業や国を相手取った気候変動訴訟が世界各地で始まっています。司法の力によって気候変動に対する国策を変えていこうとする動きです。現在世界20か国で1,000件を超える気候変動訴訟が争われています。一般市民や環境NGO、地方自治体など
『気候変動訴訟と消えた駿河湾のサクラエビ』の画像

「ぜいたく効果:Luxury effect」という現象があります。これは都市部において経済的に豊かな人々が暮らす地域では、裕福でない地域に比べて、植物の多様性、昆虫、鳥類、爬虫類などさまざまな種が多く生息する現象をいいます。欧州、米国、オーストラリア、南アフリカなどで
『里山の復活とぜいたく効果』の画像

ブルーモーメント日の出前と日の入り後のわずかな時間だけ全体が青く染まる時間があります。それを「ブルーモーメント」といいます。雲のほとんど無い晴天の空気の澄んだ日にだけ現れます。この青色はレイリー散乱だけではなく成層圏のオゾンが影響しているようです。(レイ
『ブルーモーメント』の画像

中国では果物の価格が一般的にとても安い。味はともかくとして、とにかく安いため、果物を気軽に大量購入することもできます。中国メディアの一点資迅は、「日本の果物店が中国人観光客に大きな衝撃を与えている」という記事を掲載しています。中国人観光客が日本の果物店に
『中国のリンゴ価格の高騰』の画像

死海アラビア半島北西部にある塩湖です。高温で乾燥した気候にあり、西側はイスラエル、東側はヨルダンに接しています。ヨルダン川から流れ込んだ河川の水が強い太陽光によって一気に蒸発して海水の10倍というとても濃い塩分濃度にまで凝縮されます。海水の塩分濃度が約3%で
『急速に縮んでいく死海』の画像

バイカル湖。世界遺産。ロシア南東部シベリアにある三日月型の湖。世界で最も古い古代湖として知られ、「シベリアの真珠」、そして世界屈指の生物多様性を持つために「生物進化の博物館」とも称されています。mymodernmet.com湖水面の面積は琵琶湖のおよそ46倍貯水量は世界一
『美しい自然と人の欲望:バイカル湖の現在』の画像

英国のサフォーク州総人口は、およそ74万人ほぼ東京都の足立区と変わらない人口です。面積は 3,801  km²足立区は、53 km²なので、足立区の70倍以上の広大な土地。サフォーク州の海岸部は、英国では傑出した自然美地域として指定されている風光明媚な場所です。この美しい
『世界中に蔓延する化学的精製物質』の画像

理由を知らなければなぜそんなことをするの?って思ってしまうような行いはたくさんあります。現在フランスのある地方の農家の人たちが自分の所有する畑にパンツを埋めています。フランスのマルヌ県の北東部では農業会議所の指示によって自分のパンツを畑に埋める活動が実施
『畑にパンツを埋める農家の人たち』の画像

いろいろと不具合によりブログの更新ができない状態がつづいています。しばらくは不定期になりそうです。西伊豆の浮島海岸。この奇岩たちは、古代の火山内部にあったマグマの通り道「岩脈」の名残です。火山内部の地下にあった岩脈群は、伊豆と本州の衝突に伴って隆起し、岩
『マグマの通り道「岩脈」』の画像

現在人間活動によって地球環境は激変し生物の大量絶滅期に突入しています。世界各国の専門家で構成された国連の科学者組織である「生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム」Intergovernmental Science-Policy Platform on Biodiversity and Eco
『生態系喪失により100万種が絶滅の危機』の画像

「前門の虎 後門の狼」ということわざがあります。一つの災いをうまく逃れても、別の災いにあうことを示しています。現代の大きな問題に地球温暖化と大気汚染があります。この二つ一見関係が無いように見えますが、最新の研究結果では「大気汚染物質を減らすと地球温暖化が
『前門の虎後門の狼:大気汚染を減らすと地球温暖化が悪化する』の画像

↑このページのトップヘ