ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

環境

「有鉛ガソリン世代に育った94%の米国人が慢性鉛中毒であり、脳に障害を負っている」こんな衝撃的な医学研究報告が米国医学協会誌 Journal of the American Medical Associationに発表されました。そう、日本でも他人ごとではないのです。今の50代以降の日本人にも当てはま
『有鉛ガソリン世代に育った94%の米国人が慢性鉛中毒であることが判明』の画像

南極で今たいへんなことが起きていることが確認されました。sciencealert.com数年前にNASAの研究者たちが南極を覆う氷床が「制止不可能」な速度で溶けていると警告する報告を発表しました。そして控えめに言っても今後数十年以内という近い将来、国連の研究結果による海面上
『制御不能な溶解:南極のスウェイツ氷河の地下に巨大な空洞形成』の画像

世界各国から研究者たちが集まる「食料と惑星、健康に関するEATランセット委員会」(EAT-Lancet Commission on Food, Planet, Health)がFOOD・PLANET・HEALTH(食事・地球・健康)という提言報告書を発表しています。ダウンロードはこちらからeatforum.org現在、この地球では
『地球を救う最も簡単な方法の一つ:脱牛肉』の画像

海外から日本に帰ってきてとても気になること。それは電気の異常な使い過ぎ。日本にいると地球環境の汚染問題も資源の枯渇問題もまるでなかったかのような雰囲気が電気の異常な使い方にも象徴されています。本当に必要のないところにまで電気が過剰に使われ続けている。1997
『節約馬耳東風:京都議定書&パリ協定』の画像

東京都が東京オリンピックまでにWiFiをさらに増設中です。HuffingtonPostソーシャルボイスラボのデータでは、WiFiの現状に不満が多いとか。ソーシャルボイスラボでも、WiFiって、かなりの有害性があることは誰もが知っていること。その前にWiFiを可視化した絵をいくつか見て
『人の心身を蝕むWiFiと兵器』の画像

スマホ多くの人が持っています。特に若い人はほとんどがスマホを持っているのではないでしょうか。こんな記事があります。「EMF(スマホの発する電磁場)が若い人の記憶力に影響を与えることが判明」naturalnews.com今回の研究は青少年を対象にした無線周波数電磁場の脳への被
『スマホの電磁波で若い人の記憶力が減退する可能性』の画像

米国マサチューセッツ州の沖合200キロにノースイーストキャニオン・アンド・シーマウント海洋国定保護区があります。news.nationalgeographic.comこの保護区の海底は海底山脈や大渓谷がある美しい地形になっています。ここにはたくさんの生物が暮らす生態系があります。newsd
『お金儲けvs自然保護:深海にサンゴ生態系を発見』の画像

地球の磁場地球には、主に地球に流れる電流に起因する地磁気があります。地磁気の強さは、諸条件によって常に変化し、また場所によっても強さは異なります。一般的には赤道では弱く、高緯度地域では強いです。地磁気には磁石同様に極があり、現在は北極部がS極、南極部がN極
『地球の磁極の急速な動き』の画像

美しい海が現在ゴミだらけです。それは海岸沿いだけではなく、太平洋のど真ん中にも海の底にも容赦なくゴミが入っています。今週打ち上げられたこのマッコウクジラは大量のゴミが口から入ってしまい亡くなってしまいました。guardian.comインドネシアで発見されたこのマッコ
『「深海デブリデータベース」深海ごみデータベース公開』の画像

人類は自然や宇宙の複雑な摂理を無視して人為的にすべてを操作しようと試みます。結局その結果は、自然破壊や生態系の破壊などさらに混乱を引き起こすことになっています。さらにさらに自然破壊が起こってから人工操作を止めた場合もっとひどい結果となるという研究論文まで
『太陽光を操作する計画』の画像

カナダのユーコン準州準州の南西部一帯は氷河におおわれていて、氷河の規模は極地以外では最大のものになり、世界遺産にも登録されています。この氷河の水が北西に流れベーリング海に注いぐユーコン川になっています。ここの氷河の後退は十数年前から指摘されていますが、年
『カナダの氷河も急速に縮小中』の画像

↑このページのトップヘ