ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

環境

未来のための金曜日 Fridays for Future各国政府の気候変動へのまともな対策を求めて、いま世界各地で数千人の学生たちが学校でストライキを行っている活動があります。それが「未来のための金曜日 Fridays for Future」huffpost.com現代の消費社会では地球がいくつあっても
『未来のための金曜日 Fridays for Future:立ち上がる若い世代』の画像

世界中で山火事が頻発しています。オーストラリアは今夏。タスマニアでは貴重な原生林が壊滅状態となったところもあります。(ひかたま:タスマニア森林火災で原生林の古代種に絶滅の恐れ)そして目に見えない水面下でも気候変動による山火事のような壊滅的被害は拡がってい
『海の生態系がまるで山火事が拡がっていくように壊滅していく』の画像

最近は人工的な香りをつけようと人工香料が持続する柔軟剤や消臭除菌スプレーなどを使う人が急増しています。私は化学物質過敏症なので人工香料の臭い人には絶対に近寄りません。やはり同じように人工香料を嫌う人は増えているようで「香害」として知られています。実際に健
『恐怖の香り:マイクロカプセルによる未知の健康被害』の画像

バイオレメディエーションアマゾンの熱帯雨林で、ポリウレタンを炭素に分解する能力を持っている菌類が発見されました。psfk.comこれは米国エール大学の熱帯雨林探検・研究教育プログラムによるものです。ポリウレタンは、塗料や接着剤、ウレタンフォーム(スポンジや各種ク
『バイオレメディエーション:環境を浄化する生物たち』の画像

2009年に地球内部を探索するために各分野の専門家たち数百人が集まって国際共同研究機関「深部炭素観測室(Deep Carbon Observatory:DCO)」が結成されました。そして2018年になって米国ワシントンで開かれた米国地球物理学連合(American Geophysical Union)の会議でDCOの
『人の知らない生命体の森』の画像

永久凍土永久凍土は北半球の大陸のおよそ25%ほどの面積に広がっています。永久凍土の厚さは深いところでは数百mにも達します。最近はこの永久凍土の急激な溶解が大きな問題となってきました。永久凍土には様々な有機物が大量に含まれています。これら有機物は微生物によって
『予測不可能な永久凍土の未来』の画像

100%天然果汁オレンジジュースなんだか健康に良さそうなイメージ。でも市販の大手メーカーのオレンジジュースにもラウンドアップで有名な除草剤成分グリホサートが検出されました。今回も調査を依頼したのは「マムズ・アクロス・アメリカ(全米母親の会) :Moms Across Amer
『オレンジジュースからも除草剤検出』の画像

タスマニアオーストラリアのタスマニア島の面積は北海道の約80%。その20%が原生地域です。タスマニア島には島固有の動植物が多くユネスコの世界遺産に登録されているタスマニア原生地域があり、太古の昔から生き続けている原生種の宝庫です。そのタスマニア島で山火事が一
『タスマニア森林火災で原生林の古代種に絶滅の恐れ』の画像

タスマン氷河ニュージーランド最大最長の氷河で全長27km、幅は4kmニュージーランドの南島の南アルプス山脈の最高峰クック山 (3,754m) とタスマン山 (3,497m) から南へ流れている氷河です。タスマン氷河の端にタスマン湖があります。wikimedia.orgこの湖は1980年代には存在し
『加速度的に融解しているタスマン氷河』の画像

日本の国土に拡がる放射性物質に加えてまた政府は大切な国土に毒を撒く基準を段階的に大幅に引き上げてしまっています。特に世界的に大きく問題視されているグリホサートは最初の人気商品名ラウンドアップとして世界中で販売されました。その後健康被害が続出し、さまざまな
『政府はなぜ日本に毒をまくのか?』の画像

ヒマラヤ山脈とヒンドゥークシュ山脈の氷河の3分の1以上が今世紀中に失われ、中国からインドにいたるまでの広範囲の地域に深刻な影響が及ぶ可能性があることを国際総合山岳開発センター(ICIMOD:International Centre for Integrated Mountain Development )が発表しまし
『消えゆくヒマラヤ氷河と深刻な影響』の画像

「有鉛ガソリン世代に育った94%の米国人が慢性鉛中毒であり、脳に障害を負っている」こんな衝撃的な医学研究報告が米国医学協会誌 Journal of the American Medical Associationに発表されました。そう、日本でも他人ごとではないのです。今の50代以降の日本人にも当てはま
『有鉛ガソリン世代に育った94%の米国人が慢性鉛中毒であることが判明』の画像

↑このページのトップヘ