ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

環境

マリアナ海溝。地球上で最も深い海溝です。deepseachallenge.comマリアナ海溝の最深部チャレンジャー海淵の深さは海水面下10,911mです。ここは人類が全く手つかずの領域。まだまだ探索は始まったばかりです。awesomeocean.comこの人類から離れた場所で驚くべき事実が判明しま
『世界最深部の汚染』の画像

オーストラリアのシドニー南部ケンジントンにすべての商品が無料のスーパー「オズハーベスト マーケット」がオープンしました。ozharvest.org賞味期限切れ前でも処分されてしまう食品をスーパーや小売商店などから譲り受けたり、誤発注して余ってしまった食品やパッケージの
『世界初のすべての商品が完全無料マーケット誕生』の画像

平和ボケしている日本ではほとんど報道されることはありませんが、現在もアフリカでは民族大移動が続いています。その中でも特に衝撃的なのは子供たちの大移動です。毎年、西部・中部アフリカから移動する人々は1,200万人もいてそのうちの700万人は子供たちです。ユニセフは
『民族大移動』の画像

オーストラリアのグレートバリアリーフ。世界最大のサンゴ礁地帯です。グレート・バリア・リーフは宇宙空間からも容易に確認できるほど広大でそれは無数の微小なサンゴやポリプ等の有機体が集まって悠久の長い年月をかけて形成されてきたものです。2015年と2016年に記録的な
『グレードバリアリーフの生き物たちを殺しているもの』の画像

今日は ある男性が復讐するために あることを実行したお話です。 この男性は 米国カリフォルニア州レドンドビーチに住む 「アーボリスト」でした。 アーボリストとは、 樹木を愛し、高い専門の知識と技術を持つ樹木専門のスペシャリストです。 樹木を種子から育て、 樹齢1
『報復?:目には目を木には木を』の画像

MASAが提供する衛星写真に 船に由来すると思われる不思議なトレイル「Ship Trails」が写っています。 geoengineeringwatch.org 船からも 衛星に明確に写るほどのトレイルを出していることに 驚きです。 wakeup-world.com 北米西海岸の船のトレイル 船から出るト
『海にもケムトレイル?』の画像

ポルトガル中部ペドロガン・グランデで発生した大規模な森林火災。theatlantic.com落雷が木に直撃したことが原因のようです。theatlantic.com政府は、3日間の服喪期間を発表しました。火災発生後すぐに30人の遺体が幹線道路に向かう路上の車内で発見されました。死者は、60名
『ポルトガルの山火事』の画像

南インド。パメラ・ゲール・マロートラーさんと夫のアニル・マロートラーさんは1991年に使われずに荒れた田畑を買い取り小さな生き物の保護区サイ・サンクチュアリを立ち上げました。mymodernmet.com最初は55エーカーの土地から始めて26年経った今300エーカーの土地にたくさ
『南インドで楽園を創ったカップル』の画像

米国の写真家・環境活動家であるJ・ヘンリー・フェア氏が上空から地球の汚染を撮影しています。その光景は一見すごく美しく見えるのですが、よく見ると人の欲望によって破壊されてしまった自然の姿であることがわかります。dailymail.co.ukこれは米国ルイジアナ州のダロー地
『空から見た美しく怖ろしい地球の汚染』の画像

1日4,200人。この数字はユニセフ(国連児童基金)で調査した汚染された水を飲んで死亡する子供たちの数です。世界各地の汚染水には、多くの病原体が含まれているのです。ニューヨークに汚染水の自動販売機が設置されたことがあります。odditycentral.com人通りの多いユニオン
『河川の汚染2:汚染水の販売機』の画像

台湾で100ヶ所の河川の水を使ったアイスキャンディーが作られました。taiwannews.com.tw「100%純汚水製氷所」と名付けられたプロジェクト。台湾の河川がいかに汚染されてしまったかを上手く表現するために国立台湾芸術大学の学生さんたちが作ったものです。台湾の河川や漁港
『河川の汚染:純汚染水アイス』の画像

ここ数年海の生物たちの大量死の報道が増えています。魚、貝類、ヒトデ、カニ、イルカ、アシカ、海鳥まで多種多様な生物たちが突然大量死しています。クジラの死も連日報道されるようになりました。大量死には、様々な原因がありますが、その中の一つにThe Blob「ブロブ」と
『太平洋「死の暖水塊」』の画像

↑このページのトップヘ