ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

統合医療

再掲です。最近省エネ対策としてLEDが普及するようになってきました。LEDは、身体にどのくらい悪影響なのでしょうか?米国医師会は、LEDから放出されるブルーライトが健康被害を及ぼす可能性があるという立場をとっています。WashingtonPostえっ、LEDの光は基本、白じゃない
『スマホやPC画面のブルーライトに注意』の画像

リワインドセラピー。これを受けるきっかけは、京都での講演会でした。京都のきれいねっと感謝祭の後の懇親会の会場で講師の方々の腕をひねりあげている光景がありました。「酔っぱらって、おじさんたちをいじめているのかな」程度に思っていたのですが、なぜかいじめられた
『リワインドセラピー』の画像

生涯で4000人の女性たちを抱き、30億円もの大金を女性に貢いだという紀州のドン・ファンと呼ばれた資産家の男性の急死が話題のようです。55才年下の女性と結婚してからわずか三ヶ月。その遺体からは大量の覚醒剤成分が検出され、事件性が取り沙汰されています。彼が急死する
『良寛と若い弟子』の画像

現在認知症の新薬はゴールドラッシュの時期を迎えてこれから数年のうちに35種類もの新薬が承認待ちとなっています。そんな中で現在使われている治療薬は本当に効き目があるのでしょうか?飲む人はたいてい認知症が改善することを期待して飲んでいるはずです。でも服用してい
『認知症治療薬は本当に効果があるの?』の画像

抗うつ剤を飲んでいると認知症にならないの?というシンプルな疑問があります。これを英国のイーストアングリア大学の研究チームが調べています。bmj.comこの研究では2006年4月から2015年7月までの間に認知症と診断された65~99歳の40,770人を対象にして20年間のカルテと処方
『薬の長期投与と認知症の発症リスク』の画像

エピディオレックス大麻草由来の医薬品エピディオレックスが米国で初めて承認を受けることになりました。medirecipes.comこの医薬品の主成分は大麻草から抽出されるカンナビジオール(CBD)です。medicalmarijuana.co.ukこの薬を開発したのは英国の医薬品メーカー:GWファー
『米国でのてんかん治療に大麻成分含有医薬品が承認へ』の画像

乳がんの大部分の患者さんは、化学療法の必要がなく、化学療法なしで、より長期に生存できることが研究の結果判明しました。乳がん患者さんの70%は抗がん剤が必要なかったことになります。indianexpress.com多くの乳がん患者さんが過剰な治療を受けていたことになります。し
『必要の無い治療:乳がんの抗がん剤』の画像

アステラス製薬、東京大学医科学研究所、千葉大学、朝日工業社は、コメ型経口ワクチン「MucoRice-CTB(ムコライス)」の実用化を目指した共同研究契約を締結したことを発表しています。ムコライスは、遺伝子組換え技術などを用いて、お米の内在性貯蔵タンパク質の代わりにワク
『お米にワクチン』の画像

早起きは三文の徳といいます。英語ではAn early bird catches the worm 早起きの鳥は虫を捕まえるではどのくらい徳なのでしょうか?早寝早起きの朝型の人と夜遅くまで起きている夜型の人の死亡率を比べた論文があります。「Associations between chronotype, morbidity and
『朝型と夜型の人の死亡率の差』の画像

夏に生まれた犬は、心血管系の疾患を発症するリスクがより高いという研究結果が発表されました。この研究結果はサイエンティフィック・レポートに発表されています。nature.com研究では、250種以上、12万9778匹のわんこのデータを詳細に調べています。もともとキャバリアのよ
『夏生まれのわんこの心臓病』の画像

現代人はよくサプリを飲んでいます。今日はカルシウムサプリのお話です。高齢になると骨が心配でカルシウムのサプリを飲む人も多いと思います。今回の研究はスウェーデン女性700人を対象にカルシウムサプリメントと認知症に関連性について調べた研究です。ncbi.nlm.nih.gov対
『カルシウムサプリと認知症』の画像

黄砂黄砂は、主に中国を中心とした内陸部の砂漠や乾燥地域の砂塵が、強風によって上空に舞い上がり、季節風にのって春を中心に広範囲に飛散して地上に降り注ぐ状態、そしてその砂のことをいいます。日本にもそして太平洋を越えてハワイ、北米カナダやグリーンランドにまで到
『黄砂と心筋梗塞』の画像

↑このページのトップヘ