ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

統合医療

日本の高齢女性では所得が高い方が糖尿病の発病率が低いということが明確になりました。高齢者のデータを分析した千葉大の研究結果です。ncbi.nlm.nih.govいままでの研究によって職業や所得格差、教育格差といった社会経済的な状況と糖尿病の有病率、発症率との間には関係性
『高齢者の所得格差と糖尿病の発病率』の画像

アクアファバ。菜食主義者には有名なものですがまだ一般にはあまり知られていない食材です。thepioneerwoman.comアクアファバは、お豆のゆで汁のこと。一般的にはひよこ豆がよく使われます。主な成分は炭水化物やタンパク質などですが、膨張作用や発泡作用があるためにふわっ
『卵の代用品アクアファバ』の画像

糖尿病性腎臓病糖尿病が関与している腎臓病です。糖尿病患者のおよそ40%は腎臓病になるという統計があります。腎臓病で透析を受けている患者のほぼ半数は糖尿病性腎臓病が原因になっています。これを予防する基本には正しい食生活適度な運動禁煙過度のアルコール飲料の禁止な
『糖尿病性腎臓病を予防するアロエベラ』の画像

DASH食(ダッシュダイエット)高血圧予防のための食事法Dietary Approaches to Stop Hypertensionの略です。DASH村でのお食事ではありません。高血圧を医薬品にばかり頼るのではなく食事で改善していく方法の一つです。カリウムやカルシウム、マグネシウムなどの必須ミネラル
『「口」が健全な心身を作る:DASH食による高血圧予防』の画像

最近は人工的な香りをつけようと人工香料が持続する柔軟剤や消臭除菌スプレーなどを使う人が急増しています。私は化学物質過敏症なので人工香料の臭い人には絶対に近寄りません。やはり同じように人工香料を嫌う人は増えているようで「香害」として知られています。実際に健
『恐怖の香り:マイクロカプセルによる未知の健康被害』の画像

脳トレ身体は使わないと萎縮していきよく使うと発達していきます。脳トレは脳の健康にどのくらい有効なのでしょうか。スコットランドのアバディーン大学の研究チームが脳トレの効果、特に高齢化すると心配になる認知力の効果について科学的に検証しています。実験の対象とな
『脳トレは脳の老化を防ぐのか?』の画像

コーヒーやお茶をよく飲む人は死亡リスクが低いことが知られています。では、すでに病気の人ではどうでしょうか。慢性腎不全の人にカフェイン入りの飲み物(コーヒー、お茶など)がいいかどうかを調べた研究があります。「Nephrology Dialysis Transplantation」9月12日版に
『コーヒー・お茶は慢性腎不全の人の寿命を延ばすか』の画像

ワクチンとワクチノーシスワクチンは致死性の感染症の予防や感染拡大の阻止には有効な手段です。例えば狂犬病の予防接種のおかげで世界中の人たちが狂犬病から守られています。でも最近の人間の子供たちには接種が本当に必要ないようなものまでワクチン接種が推奨されており
『「ワクチノーシス」ワクチンによる子供たちの免疫障害』の画像

世界の12~35歳までの若者の2人に1人、約11億人が難聴になるリスクがあると世界保健機関(WHO:World Health Organization)と国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union )は3月3日の世界耳の日「World Hearing Day」に向けて発表しました。スマート
『WHO:スマホの使い過ぎで若者11億人に難聴の警告』の画像

今回は、愛犬愛猫に胸水が溜まってしまった人が読むブログです。胸水とは胸腔内に過剰に体液が溜まった状態です。もともと胸腔内には少量のリンパ液と組織液が存在しています。それが呼吸運動によって生じる肺組織や心臓との摩擦を軽減しています。この微量の胸水は静水圧血
『犬と猫の胸水についての基礎知識』の画像

これは「君が代から神が代へ」上巻からの一部抜粋です。現在スピリチュアリストという言葉は一般的ですが、スピリティストについてはあまり知られていません。今日はスピリティストの治療について学び、それを現代の医療現場にどのように活かすことが出来るかを考えみたいと
『スピリティスト治療に学ぶ』の画像

患者経験価値(Patient eXperience:PX)という指標があります。PXは、「患者が医療サービスを受ける中で経験するすべての事象に対する評価」と定義されています。従来は患者の「医療に対する満足度」の指標は患者満足度(Patient Satisafction:PS)が主流でした。PSは、「
『患者経験価値という概念』の画像

↑このページのトップヘ