ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

統合医療

カモノハシオーストラリアの東海岸沿いだけに生息する水生哺乳類です。アヒルのような大きなくちばしと水かきつきの足を持つそして哺乳類なのに卵を産む不思議な哺乳類です。このカモノハシは、環境の変化に強いと考えられていたため、なんの保護政策もとられていませんでし
『斟酌と忖度:カモノハシ絶滅寸前』の画像

アーミッシュ。米国ペンシルベニア州や中西部やカナダのオンタリオ州などに居住し、キリスト教を中心として共同体に忠実で深く互助的な関係で結ばれている集団です。telegraph.co.uk米国に移民した当時の昔ながらの生活様式を維持しており、原則として新しい現代文明の機器を
『アーミッシュの遺伝子変異』の画像

今日はワクチン接種の救済制度についてのお話です。ワクチンの予防接種や医薬品の使用で有害事象が起きた時に救済制度があることを多くの人は知らないと思います。。ワクチンは、一般的な医薬品と同じ様に副作用が起こるリスクはゼロではなく、健康被害が起こり得るものです
『人のワクチン接種の副反応の救済制度』の画像

まもなくホメオパシーのマテリアメディカ予約開始になります。現在5%還元の申請中のため1月中旬ころを予定。印刷の都合上限定販売になるかもしれません。発売前の予約がおすすめです。前回の初版「臨床家のためのホメオパシー・マテリアメディカ」は発売してすぐに完売。その
『まもなく』の画像

いまはあらゆるものが監視・管理でき、監視・管理される社会になっています。それはどこで何をしているのか、だけでなく、日常食べるものや日常の動き、お茶を飲んだ回数、冷蔵庫を開けた日時トイレでの排尿の性状にまで及んでいます。監視する側が本気になればプライバシー
『摂取した食品を監視』の画像

日本には「新型インフルエンザ等対策特別措置法」があります。その法律に基づいて、国民の45%、およそ5650万人分の抗インフルエンザ薬を備蓄目標量に設定しています。備蓄されている抗インフルエンザ薬は、タミフル、リレンザ、イナビル、ラピアクタの4種。これら抗インフル
『捨てられ続けるインフルエンザの薬と無視され続けるホメオパシー薬』の画像

楽観的な人は健康で長生き。昔から当たり前のことですが意外と医学的な研究はあまり行われてきませんでした。今回は米国ボストン大学医学部の研究です。女性69,744人、男性1,429人のデータを元に楽観性と健康状態の関係を調べています。bumc.bu.edu女性のデータは看護師の健
『楽観主義と寿命』の画像

アルツハイマー病アルツハイマー病は、高齢者において認知症の最も一般的な原因です。この病気は記憶や思考能力がゆっくりと障害される進行性の脳疾患です。進行すると日常生活の最も簡単な行為さえ出来なくなります。前回は新しい血液検査について書きました。ひかたま:微

がんを予防する食事としては出来るだけ化学物質の入らないもの、加工食品よりも新鮮な食材、特にオーガニックの野菜を多く摂取することは大切と言われています。このブログで繰り返し言っているように食事の時の心の在り方も重要です。でもその他に正しい時間に食べることも
『食べる時間によってがんのリスクが変わる』の画像

以前もプロサッカー選手と認知症について書きました。ひかたま:サッカーと認知症の因果関係まずは過去ブログからの抜粋をもう一度載せておきます。ロンドン大学とカーディフ大学の共同研究チームはプロサッカー選手5名とアマチュア選手1名を対象に、死後の検死を実施してい
『元プロサッカー選手と認知症の発症リスク』の画像

早起きは三文の徳世界保健機関(WHO)は人の正常な概日リズムを乱してしまうシフト勤務は発がんリスクを高める可能性があるとする学術論文を発表しています。(Carcinogenicity of shift-work, painting, and fire-fighting:Lancet Oncol2007; 8: 1065-1066)。これを裏付け
『朝型が乳がんを予防する』の画像

スーパーセンチナリアン110歳を超える超高齢者のことをスーパーセンチナリアンといいます。理化学研究所は、慶應義塾大学医学部百寿総合研究センターなどと共同でスーパーセンチナリアンが「CD4陽性キラーT細胞」という特殊なT細胞を血液中に多く持つことを発見しました。(
『110歳以上の日本人長寿者が持つ特殊リンパ球』の画像

↑このページのトップヘ