ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

統合医療

加齢黄斑変性加齢に伴って眼の網膜にある黄斑部が変性を起こす疾患です。というと、「自分には関係ないな。」という人がほとんどだと思いますが実はスマホやコンピューターなどから発しているブルーライトによって将来加齢黄斑変性が急増する可能性も示唆されているのです。
『目に良い食事療法:加齢黄斑変性を予防』の画像

真の治療の目的病気になると治療します。そして治癒。  「真の治癒」とは、一体どういうものでしょうか。   一般医学における治療の目標は、身体的な病気を治すことと死を回避することにあります。主に物質的な面が主体になっています。一方で、ホメオパシーをはじめと
『真の治癒とは』の画像

ボーダーコリーボーダー・コリーは頭がよく、訓練性能がとても優れているために牧羊犬として欧米を中心に世界中の牧場で人気となりました。カナダのブリティッシュ・コロンビア大学心理学部の教授の研究では犬の知能ランキング世界一は断トツの成績でボーダーコリーでした。
『ボーダーコリーのセロイドリポフスチン沈着症(CL症)』の画像

シャーマン 3 「手」術近年になり、未開の地にもキリスト宣教師たちや入植者たちが入り、キリスト教の教えと共に物質主義優先の西洋文化が流入し多くの部族では若い世代の洗脳が起こりました。その洗脳では宣教師は、シャーマンのことを布教の邪魔者、反キリストと見なす
『	 シャーマン 3 「手」術』の画像

添加物にとても気を付けている人がサプリや医薬品を飲んでいる。意外と知られていないのが医薬品に含まれる添加物。stm.sciencemag.org「Science Translational Medicine」に掲載された論文「“Inactive” ingredients in oral medications(内服薬に含まれる”非有効成分”
『知らずに飲んでいる医薬品の添加物』の画像

前回の犬の乳腺腫瘍と乳腺がんに続いて猫の乳腺腫瘍と乳腺がんのお話です。犬と猫では大きく違います。犬では良性腫瘍が多いのに対して猫では90-95%が悪性腫瘍です。また猫の乳腺に入る血管が複数あり、肺などの臓器へと転移する確率も高い構造になっています。主な転移は、
『猫の乳腺腫瘍と乳腺がん』の画像

現在ドラッグストアでの虫よけ商品の王道はディートが主成分の商品たちです。ほとんどの虫よけ剤の主成分です。ディートは第二次世界大戦中のジャングル戦での虫被害経験から、戦闘中の兵士を虫から守るために米軍で開発された化学物質です。ディートが虫を遠ざける機序は解
『天然の虫よけにココナッツオイル成分』の画像

文部科学省が全国の5~17歳の約342万人を対象に行った2018年度の学校保健統計調査によると日本の高校生の裸眼の視力が1.0未満の割合が 67.09%と過去最悪となってしまいました。小学生でも1.0未満の割合が 34.1%と4年連続で過去最悪を更新しています。文科省は視力の低下
『子供たちへのデジタル機器使用指針』の画像

日本の高齢女性では所得が高い方が糖尿病の発病率が低いということが明確になりました。高齢者のデータを分析した千葉大の研究結果です。ncbi.nlm.nih.govいままでの研究によって職業や所得格差、教育格差といった社会経済的な状況と糖尿病の有病率、発症率との間には関係性
『高齢者の所得格差と糖尿病の発病率』の画像

アクアファバ。菜食主義者には有名なものですがまだ一般にはあまり知られていない食材です。thepioneerwoman.comアクアファバは、お豆のゆで汁のこと。一般的にはひよこ豆がよく使われます。主な成分は炭水化物やタンパク質などですが、膨張作用や発泡作用があるためにふわっ
『卵の代用品アクアファバ』の画像

糖尿病性腎臓病糖尿病が関与している腎臓病です。糖尿病患者のおよそ40%は腎臓病になるという統計があります。腎臓病で透析を受けている患者のほぼ半数は糖尿病性腎臓病が原因になっています。これを予防する基本には正しい食生活適度な運動禁煙過度のアルコール飲料の禁止な
『糖尿病性腎臓病を予防するアロエベラ』の画像

DASH食(ダッシュダイエット)高血圧予防のための食事法Dietary Approaches to Stop Hypertensionの略です。DASH村でのお食事ではありません。高血圧を医薬品にばかり頼るのではなく食事で改善していく方法の一つです。カリウムやカルシウム、マグネシウムなどの必須ミネラル
『「口」が健全な心身を作る:DASH食による高血圧予防』の画像

↑このページのトップヘ