ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

統合医療

世間はいまだにコロナで大騒ぎしています。でっちあげの病気に便乗してお金儲けする人もいれば、でっちあげの病気で人の命を救う人もいる。先日米国カリフォルニア州でコロナの重症患者を担当するユダヤ人の医師が、重症患者を担当したときに患者の身体にナチスドイツの入れ
『多くの人を救った感染症「K症候群」』の画像

瞑想。bbc.com米国心臓協会(AHA)が、瞑想が、心疾患予防に対して有効であるかもしれないという調査結果を米国心臓協会誌「Journal of the American Heart Association」に発表しました。学会のような堅い組織がこのような発表をすることはかなりの進歩です。JAHA瞑想が、健
『瞑想が心臓病予防に有効』の画像

妊娠中にお酒を飲むことは生まれてくる赤ちゃんの発育には危険因子であるとされています。今回の研究では妊娠中にお酒を飲んだ場合、生まれてくる赤ちゃんの認知機能がどうなるのかを調べた報告です。ドイツのフリードリヒ・アレクサンダー大学の研究です。調査対象の母親た
『	 妊娠女性の飲酒と赤ちゃんの認知機能』の画像

これは「君が代から神が代へ」上巻からの一部抜粋です。君が代から神が代へ 上巻森井 啓二きれい・ねっと2018-12-18現在スピリチュアリストという言葉は一般的ですが、スピリティストについてはあまり知られていません。今日はスピリティストの治療について学び、それを現代
『	 スピリティスト治療に学ぶ』の画像

世界の12~35歳までの若者の2人に1人、約11億人が難聴になるリスクがあると世界保健機関(WHO:World Health Organization)と国際電気通信連合(ITU: International Telecommunication Union )が発表した見解です。スマートフォンなどで音楽を大きな音量にして聴くこと
『WHO:スマホの使い過ぎで若者11億人に難聴の警告』の画像

抗生物質自己治癒のできない細菌感染に有効な治療法の一つです。でも、無差別に飴玉のように処方される現代医療では耐性菌の出現やさまざまな副作用の問題、新しい病気の発現を誘発、正常な細菌叢を破壊するなどいろいろな有害性も指摘されています。今まで抗生物質の悪影響
『	 抗生物質が新しい脳神経細胞の成長を阻害する怖れ』の画像

加齢黄斑変性加齢に伴って眼の網膜にある黄斑部が変性を起こす疾患です。というと、「自分には関係ないな。」という人がほとんどだと思いますが実はスマホやコンピューターなどから発しているブルーライトによって将来加齢黄斑変性が急増する可能性も示唆されているのです。
『目に良い食事療法:加齢黄斑変性を予防』の画像

緊急時にケガをして薬が無い。というときに役に立つもの。それは「お砂糖」砂糖を創傷部位に塗ると高浸透圧の環境によって創傷表面の過剰な水分やリンパ液が取りのぞかれ細菌の繁殖に向かない環境を作り出します。傷が化膿しなくなるのです。そしてリンパ液は組織に栄養を供
『「お砂糖」緊急時のケガの妙薬』の画像

現在さまざまな痛み止めが販売されています。それは痛みの作用機序に効くポイントがそれぞれ異なるからです。そしてそれぞれの痛み止めにはさまざまな副作用が伴います。時には処方する医師にも予想外の副作用もあります。痛み止めの薬の一つに神経障害性疼痛、線維筋痛症に
『	 痛み止めリリカで自殺傾向』の画像

さまざまな理由で菜食主義になる人がいます。動物たちが可愛いから。直感が鈍くなるから。食肉に含まれる波動が合わないから。肉を心と体が拒否するから。肉アレルギーだから。など。どんな理由であれ、肉食を減らすことには自分にも動物にも地球にもさまざまなメリットがあ
『	 ベジタリアンとダニの関係:ダニが動物たちと地球を救う』の画像

種子骨 fabella と呼ばれる骨があります。種子骨は「ファベラ fabella」とも呼ばれ、これは「小さな豆」という意味のラテン語に由来します。筋肉や腱の中に形成されるとても小さな骨です。もっとも大きな種子骨は膝関節の後ろ側にあります。bbc.com犬などでは膝関節に当た
『	 先祖返り:種子骨の復活』の画像

お味噌は日本食の代表的食材の一つ毎日お味噌汁を欠かさない人も多いはず。環境省が実施している大規模な疫学調査に「子どもの健康と環境に関する全国調査」というものがあります。「子どもの健康と環境に関する全国調査」は、一般的には「エコチル調査」と呼ばれています。
『	 おみそ汁と赤ちゃんの睡眠の関係』の画像

↑このページのトップヘ