ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

統合医療

カルシウム最近高齢者の犯罪が増加しているそうです。未成年者の犯罪の代表格である万引きも、65歳以上の高齢者が未成年者を大きく上回ってしまいました。高齢者のストーカー行為も10年で4倍、高齢者の暴行事件は、この20年で45倍以上に急増しています。もちろんこれには様々
『卵殻カルシウムの摂り方と芸術』の画像

製薬会社が有名にしたくない人と呼ばれる人たちの一人に、スロベニアのドマンシック氏がいます。加山雄三さんとロバート・デニーロさんを足して二で割ったような爽やかなお顔。彼は、 過去35年で薬は使わず約100万人を治療した実績を持っています。現在世界中から患者が予約
『お金で歪む科学的事実』の画像

治療の倫理とヒポクラテスの誓い シャーマンたちが、かつて外部からやってくる民俗学者たちにしていた質問があります。 「おまえたちの世界では、治療家を育てる時に、どのように霊性を高め、地球や宇宙、大霊と調和するためにどのように教えるプログラムがあるのか?」
『シャーマン 5 治療の倫理とヒポクラテスの誓い』の画像

春になって、当院のまわりの木も芽吹き始めました。これはアーモンドの蕾。アーモンドは、葉より先に蕾が出てきます。とても綺麗なピンク色の花を咲かせます。これは、リンゴの木の芽 ブルーベリーなんだ食べられるものばかり植えてるじゃないか。たしかに、薬用や食用の植
『春の新芽とその治癒力』の画像

医学誌「New England Journal of Medicine」(電子版)に次のような論文が掲載されました。「クロストリジウム・ ディフィシル菌による再発性下痢症患者への健康な人の便の十二指腸注入について」つまり、健康な人のうんこの移植です。New England Journal of Medicineクロ
『うんこの移植と様々な美しいうんこの生薬』の画像

体長1mmちょっとの線虫の匂いの好き嫌いを利用して、早期がん発見 C.エレガンスという線虫。 Wikipedia/CC BY-SA 2.5  3月11日、米国の科学誌PLOS ONEにこういう記事が掲載されました。「カエノラブディティス・エレガンスの嗅覚を利用した高精度の包括的がんスクリーニ
『線虫や犬を利用した早期がん検診』の画像

今日は薬草と話す人びと PART3です。シャーマンの薬草に対する知恵の大部分は、いまだ現代社会では理解できていません。アメリカ先住民ホピ族は、「植物とは、頭頂部を通して会話する。」と言います。私たちは植物と会話しているでしょうか。現代社会では、植物そのものより
『シャーマン 薬草と話す人々 PART3』の画像

シャーマン 薬草と話す人々 PART2時にシャーマンたちは、驚くような薬草の使い方をします。 例えば、アマゾンのシャーマンたちは、植物の力を借りて、動物の霊をよく呼び出します。ペルーのあるシャーマンは、ある植物の茎はジャガーの霊を、そして、その植物の根はアナコ
『シャーマン 薬草と話す人々 PART2』の画像

先日スタンフォード大学で、in vitro(試験管内の実験)で人間の細胞の「若返り」に成功したという研究発表がありました。テロメアの長さの修復実験です。MailOnlineテロメアとは、染色体の先端に部分にあり(下図のピンク色の部分)、染色体を保護する役割を持っています。こ
『若返りの薬 不老長寿の薬』の画像

精霊の歌とおまじないの歌ある南米のシャーマンの実話ある女性が、重度の病にかかり、食事ものどを通らず、自宅で死を待つのみという危篤状態でした。 家族が葬式の準備を始めた時、あるシャーマンが訪ねてきて、女性を診てあげようと申し出ました。家族は、どうせ死ぬのな
『シャーマン 4 精霊の歌とおまじないの歌』の画像

以前このブログで薬草と話す野生動物たちを書きました。今日は薬草と話す人たちです。最近は動物と話すアニマルコミュニケーターが流行しています。世界には、植物と話す人たちもたくさんいます。植物と話す人の話は、とてもたくさんあるので、ここでは薬草に関して書いてみ
『薬草と話す人々 PART1』の画像

現在スピリチュアリストという言葉は一般的ですが、スピリティストについてはあまり知られていません。今日はスピリティストの治療について学び、それを現代の医療現場にどのように活かすことが出来るかを考えみたいと思います。現代医学でも、さらにどの治療法でも現世にお
『スピリティストの治療に学ぶ』の画像

↑このページのトップヘ