ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

統合医療

世界にはうつ病に苦しむ人たちが3億5千人ほどいると推測されています。うつ病は、単一の疾患ではなく症候群であるために、詳細な原因は特定されていません。原因が特定されていない状態のため治療は、薬や行動療法、心理療法などさまざまな方法を使って行われています。でも
『うつ病の新たな治療法と炎症反応』の画像

分子標的薬。 分子標的薬は、がん治療で最近使われ始めた薬です。 がん細胞の表面にあるたんぱく質や遺伝子を効率よく攻撃するために開発されました。 roche.com 通常の抗がん剤は、がん細胞と正常細胞の区別なく 無差別に攻撃します。 そのため副作用が大きくなります
『進行性胃がんに分子標的薬の効果は無い?』の画像

世界中に大気汚染が広がっています。今回は脳細胞と大気汚染の話です。この写真は脳細胞内の大気汚染物質(黒い丸い物質)です。脳細胞1g当たり数百万粒子レベルで見つかりました。.zmescience.com世界各地の空では、空気汚染が日常化し、世界中に拡散されていきます。英国Bl
『脳細胞まで大気汚染の衝撃』の画像

いままで、肺がんが脳に転移した場合、標準的な治療法としては、抗炎症ステロイド薬(デキサメタゾン)の投与や、それと併用、もしくは単独で全脳放射線治療が行われています。でも、この放射線治療では、副作用が伴います。倦怠感、疲労感、吐き気、脱毛、頭皮の乾燥とかゆみ
『脳神経にダメージを与える全脳放射線治療は効果あるのか?』の画像

米国がん協会American Cancer Societyは、また新たな子宮頸がんワクチンガイドラインを公表しました。2007年度版からの改正です。数多い副作用発生問題を受けて通常の考え方であれば積極的な接種勧奨を差し控えて対象者縮小すべきと思ったら、全くの逆でした。暴走しているよ
『米国子宮頸がんワクチン新ガイドラインの暴走』の画像

シャーマン 3 「手」術再掲です。 近年になり、未開の地にもキリスト宣教師たちや入植者たちが入り、キリスト教の教えと共に物質主義優先の西洋文化が流入し多くの部族では若い世代の洗脳が起こりました。その際に宣教師は、シャーマンを布教の邪魔者、反キリストと見な
『シャーマン PART3 「手」術』の画像

今年のリオ・オリンピックでは、予想通りウサイン・ボルト選手が大活躍しました。ボルト選手がホメオパシーを体調管理に使いはじめたのは16歳の時からです。homeopathyplus.comそれ以来ボルト選手は、ホメオパシーの主治医ハンス-ウィルヘイム・ミュラー-ウォルファルト氏の
『ボルト選手とホメオパシー』の画像

適度な運動は心身を丈夫にします。では、がんの発生は、運動によって変化するのでしょうか?欧米で今までの論文をメタ分析した研究が行われています。合計で144万人を対象にした研究です。休暇中の運動量と癌の発生について調べています。運動しない人に多いがんは次の通りで
『運動とがんの予防』の画像

同じ年齢でも人によって若い人と老けている人がいます。当ブログでもそれを科学的に証明した話をしました。ニュージーランドの調査では、被験者全員の実年齢38歳を対象に調べたところ、生物学的年齢の幅は、28歳から61歳まで大きく差が出たことが確認されました。調査期間中

浮世絵の解剖図というものがあります。1800年代江戸末期から明治時代初期にかけての健康を促す浮世絵です。「飲食養生鑑」や「房事養生鑑」など。1800年代といえば日本では、西洋解剖学の生理学、病理学の概要が書かれた「(西説)医範提綱釈義」が発刊された頃です。ようや
『医学浮世絵』の画像

犬や猫と共に育った子供たちは小児アレルギー疾患になりにくくなります。犬や猫を飼育している環境とアレルギー疾患との関係を調べた論文は多数あります。最近は腸内細菌叢や環境中の細菌叢との共生がとても心身の健康に大切だという事実がわかってきました。「衛生仮説」と
『犬猫が子供のアレルギーを予防する』の画像

今日は「 実践 動物と人のためのホメオパシー」ガイアブックス刊から内容見本抜粋です。今の時期に多い急性の下痢からの抜粋です。ここからは用語が特殊なためホメオパシーに興味のある人だけ進んでください。急性下痢 急性下痢とは  急性の下痢は、腸の中の不純物や毒
『ホメオパシー:急性の下痢編』の画像

↑このページのトップヘ