ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

統合医療

早起きは三文の徳といいます。英語ではAn early bird catches the worm 早起きの鳥は虫を捕まえるではどのくらい徳なのでしょうか?早寝早起きの朝型の人と夜遅くまで起きている夜型の人の死亡率を比べた論文があります。「Associations between chronotype, morbidity and
『朝型と夜型の人の死亡率の差』の画像

夏に生まれた犬は、心血管系の疾患を発症するリスクがより高いという研究結果が発表されました。この研究結果はサイエンティフィック・レポートに発表されています。nature.com研究では、250種以上、12万9778匹のわんこのデータを詳細に調べています。もともとキャバリアのよ
『夏生まれのわんこの心臓病』の画像

現代人はよくサプリを飲んでいます。今日はカルシウムサプリのお話です。高齢になると骨が心配でカルシウムのサプリを飲む人も多いと思います。今回の研究はスウェーデン女性700人を対象にカルシウムサプリメントと認知症に関連性について調べた研究です。ncbi.nlm.nih.gov対
『カルシウムサプリと認知症』の画像

黄砂黄砂は、主に中国を中心とした内陸部の砂漠や乾燥地域の砂塵が、強風によって上空に舞い上がり、季節風にのって春を中心に広範囲に飛散して地上に降り注ぐ状態、そしてその砂のことをいいます。日本にもそして太平洋を越えてハワイ、北米カナダやグリーンランドにまで到
『黄砂と心筋梗塞』の画像

好きな男性の匂いは、女性のストレスを軽減することが研究の結果判明しました。この研究論文”Olfactory cues from romantic partners and strangers influence women's responses to stress.”は、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学の心理学者チームによって「Journal
『好きな男性の匂い』の画像

猫を飼うと子供のアレルギーが抑えられる可能性猫好きな人に嬉しい研究論文があります。「若い年齢のうちに猫に接していると幼少期のアレルギーと喘息のリスクが減少するかもしれない」sciencedaily.comコロンビア大学公衆衛生大学院の研究者たちが、アレルギー&臨床免疫学
『猫を飼うと喘息が減ることが判明』の画像

再掲です。チュージング・ワイズリーChoosing Wisely2012年に、米国内科専門医認定機構財団(ABIM Foundation)が始めたキャンペーンで使われ始めた言葉です。Choosing Wiselyこれは、「過剰で有害かもしれない医療行為を見直して賢い選択をしていこう」という活動です。この
『チュージング・ワイズリー:他人任せにしない治療』の画像

脳細胞は高齢になるにつれて減っていくと一般的には考えられてきました。これまでマウスやサルなどの実験動物を用いた研究では、老化していくと脳細胞を新しく生成する能力は失われていくことが確認されていましたが人の脳の研究では異なる結果が得られていていまだに解明さ
『歳をとっても脳神経細胞は増え続ける』の画像

松果体脳に存在するとても重要な内分泌組織です。.thoughtco.com一般的には概日リズムを調節するメラトニンを分泌することで知られていますが、松果体にはいまだ現代科学では解明されていない重要な機能がたくさんあります。松果体は子供では大きく、思春期になると縮小して
『フッ素は松果体機能も破壊』の画像

新型インフルンザ(スペイン風邪)からちょうど100年目となりました。theatlantic.comスペイン風邪はA型インフルエンザウイルス(H1N1亜型)です。スペイン風邪は世界中で大流行し感染者5億人、死者5,000万~1億人の被害が出ています。当時の全世界人口は約十数億人と推定さ
『スペイン風邪パンデミックから100年目』の画像

この可愛い猫のキキちゃんとチューリップの写真。まさかこの写真が最後の一枚になるとは飼い主さんは思いもよらなかたことでしょう。Thesun.co.ukThesun.co.uk英ノーフォーク州に住むジュリエットさんは6歳になる愛猫キキちゃんと暮らしていました。ジュリエットさんはたまた
『猫のチューリップ中毒』の画像

かなり驚くべき数字年間 2億 3,700万件。これはマンチェスター大学、シェフィールド大学、ヨーク大学の研究調査による推計された英国の病院での一年間の薬の処方ミスの数字です。bbc.com処方ミスの種類は、次の3種に分類されます。間違った薬を処方間違った服用量を指示間違
『医薬品の処方ミス』の画像

↑このページのトップヘ