ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

統合医療

新型コロナでの「関連死」者が一年で2000人を超えたそうです。関連死と呼ぶのはその多くが末期がんであったり、重度の糖尿病や高血圧を有する高齢者でありコロナだけで亡くなるとは言えないからです。一方で自宅で転んで死亡する人は1万人を超え自宅のお風呂で死亡する人も毎

今日の話は難しいので読みたい人だけ読んでください。今まで行ってきたPCR検査は意味がない可能性があるという話です。現在のコロナウイルス騒動はたった一つの論文が元になっています。このたった一つの論文を元にして世界中でPCR検査が行われているのです。pubmed.ncbi.nlm
『コロナウイルスは病原性がある?』の画像

今年に入ってから多くの人が新型コロナ騒動に巻き込まれて大きな影響を受けています。国や自治体のトップをはじめ医師や各方面の専門家までもが世界各国のさまざまな情報と世論の動きに振り回され、テレビはさらにその混乱を増幅しとても多くの人たちに必要以上に不安感や恐
『自然の摂理に従う生き方の選択』の画像

2020年12月12日(土曜日)13日(日曜日)ホメオパシー国際セミナー開催今回は新型コロナの影響により講師の先生方が来日できないためオンラインでのセミナーになり世界中の一流の先生たちが集結してくれる豪華なセミナーとなりました。ラジャン・サンカラン 先生 Rajan Sank
『ホメオパシー国際セミナー開催します。』の画像

今年の世間はコロナで大騒ぎしています。先日米国カリフォルニア州でコロナの重症患者を担当するユダヤ人の医師が、重症患者を担当したときに患者の身体にナチスドイツの入れ墨をしていたためショックを受けたとツイッターに投稿していました。そしてこのナチスドイツを信奉
『多くの人を救った感染症「K症候群」』の画像

医療崩壊孫「ねぇねぇ、じいちゃん。医療崩壊ってなあに?」爺「おや、これまたタケちゃん、どこでそんな言葉聞いてきたんだい?」孫「なんかね、テレビで騒いでるって友達から聞いたよ。コロナの患者さんが多くて、病院が手に負えないんだって。でもさぁ、日本以外の米国と
『医療崩壊ってなあに?』の画像

マスクマスクをすることによる心身の健康被害はとても大きなものになります。それはマスクをするメリットよりもより大きな被害となるはずです。現代科学でも医学でも呼吸から得られるエネルギーについては全く理解されていません。だからマスクを過剰に強要できるのでしょう
『マスクの着用』の画像

私の知り合いに対照的なAさんとBさんがいます。Aさんは健康的で規則正しい生活睡眠も十分にとり食事に気をつけている。GO TO キャンペーンも活用し毎日笑い楽しくいきています。でもマスクは必要以外はせずにワクチンも接種するつもりはない。自然に獲得する免疫を大切と考え
『コロナ対策の迷走』の画像

脳細胞は高齢になるにつれて減っていくと一般的には考えられてきました。これまでマウスやサルなどの実験動物を用いた研究では、老化していくと脳細胞を新しく生成する能力は失われていくことが確認されていましたが人の脳の研究では異なる結果が得られていていまだに解明さ
『歳をとっても脳神経細胞は増え続ける』の画像

アスパルテーム。遺伝子組み換えされた大腸菌から作られた人工甘味料でショ糖の100~200倍の甘味を持つために多くの食品に添加されています。コンビニの商品はアスパルテームをはじめ人工甘味料だらけです。今回米国ハーバード大学ブリガム・アンド・ウイメンズ病院の22年間
『アスパルテームが血液がんと関連していることが判明』の画像

再掲です。最近の過剰な消毒信仰は子供たちの正常な免疫システムを撹乱してしまうかもしれません。子供の急性リンパ性白血病小児白血病の多くはこの急性リンパ性白血病です。bbc.com医学雑誌「Naute Reviews Cancer」に小児が急性リンパ性白血病になりやすい要因についての英
『過剰清潔と子供の白血病』の画像

抗生物質自己治癒のできない細菌感染に有効な治療法の一つです。でも、無差別に飴玉のように処方される現代日本の医療では耐性菌の出現やさまざまな副作用の問題、新しい病気の発現を誘発、正常な細菌叢を破壊するなどいろいろな有害性も指摘されています。今まで抗生物質の
『	 抗生物質が新しい脳神経細胞の成長を阻害する怖れ』の画像

↑このページのトップヘ