ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

野生動物

ニホンアシカ。かつて日本に生息していたアシカ。国際自然保護連合ICUNではすでに絶滅した種として登録されています。日本の環境庁でも、1991年までは絶滅と認定していましたが、1970年代に目撃例があったことから、絶滅認定を取り消し絶滅危惧種に分類し直されました。薩摩
『	 幻のニホンアシカ「勢い使い尽くすべからず」』の画像

この写真カナダのグリズリーです。食べ物が無くて餓死。cortescurrents.ca例年だとこの近くの川に10000匹以上のサーモンが遡上するはずが今年はほとんど無し。海のオルカたちも主食であるサーモンが食べられず飢餓状態のままです。ダムが乱立してサーモンが産卵できなくなっ
『飢餓状態の生き物たち』の画像

人の活動は、流行によって環境に大きな負荷を与えます。フンボルトテンとってもかわいいテンです。pinterest.caこのテンは、北米のカリフォルニア州とオレゴン州に生息しています。カリフォリニア州では長いこと絶滅したと思われていましたが、1996年に再発見されました。最
『大麻解禁の余波で絶滅の危機のテン』の画像

光の魂たちシリーズ「光の魂たち 動物編」「光の魂たち 植物編」Amazonで電子書籍Kindleのキャンペーン始まりました。今だけ定価1760円の書籍が電子書籍は、770円になります。半額以下で購入できます。一冊の本を書きあげる労力を考えるとこれはお得だと思います。電子書籍
『光の魂たちシリーズAmazonの電子書籍キャンペーン開始しました』の画像

エビ料理。日本人はエビの料理が大好きです。特に天然エビは人気があります。以前、養殖エビの実態について書きました。ひかたま:食べるということ ロブスター・エビ編 命の大切さと五観の偈今日は天然エビを食べている人はウミガメを殺すことに関与しているかもしれない
『エビ料理の陰で殺されるウミガメたち』の画像

基本的に動物には肛門があります。でも私たちのイメージは単にうんちを排泄するものという認識がほとんどだと思います。でも世の中にはすごい肛門を持つ生き物もいるのです。それはなまこ。あの海に暮らしている、ぬるっとした生き物です。なまこは、呼吸器系を持っています
『すごいこうもんさま』の画像

8月12日は、世界ゾウの日。2012年にタイのゾウ保護団体などが発起人となり世界のゾウたちの現状や保護を訴えるために制定されました。ゾウはとても美しい動物です。人の手によって次々と殺され続け、しっかりとした対策が無ければ地球上から絶滅する怖れがある生き物です。今
『世界ゾウの日: 美しいゾウの写真』の画像

美しい鳥たちの声を聴く。本当に美しい旋律が森の中に響き渡ります。鳥はとても小さく、行動範囲もとても広くても、この声でお互いにどこにいるのか正確にわかる周波数を使っています。最近は鳥たちも天気の話題が増えました。人は自然から離れると、心が硬くなる。呼吸をお
『野鳥のさえずり』の画像

エピオルニスアフリカのマダガスカル島に近年まで生息していた史上最重量の巨大な鳥です。地面から頭頂までの高さは3~3.4m、体重は推定400~500kg。最新の研究では体重が860kgと成体のキリンとほぼ同じ大きさだったことが判明しています。現在最大の鳥ダチョウの体重は130kg
『エピオルニス:キリンと同じ大きさの鳥』の画像

ボツワナ北部の「オカバンゴ・デルタ」の周辺で、350頭以上のゾウが大量死。  theguardian.com死因は不明。ボツワナの野生生物国立公園局は、死体から採取した検体で死因を調査しています。が、新型コロナウイルスの影響で検査は結果が出るまで時間がかかりそうです。ボツ
『ボツワナのゾウの大量死』の画像

皆さま、足立区の鹿さんの件ではたいへんお世話になりました。まずは殺処分を免れました。感謝しかありません。ありがとうございました。本当の保護はここから始まります。これから鹿さんが活き活きと暮らしているか、見守っていくことです。(実はここが一番大事)今回受け
『御礼:足立区のシカの件』の画像

東京都の荒川河川敷の鹿。先週から野生のシカが東京都足立区新田の鹿浜橋近くの河川敷に迷い込み警視庁千住署員たちによって捕獲されました。出典:日テレNEWS24現在捕獲されたシカさんは足立区の施設に一時的に収容されています。報道では「預かり引き取り手を探している」
『緊急:シカを助けて:東京の荒川で捕獲したシカ』の画像

↑このページのトップヘ