ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

野生動物

明治神宮に行ってきました。池に鯉がいたので、スマホで撮影水面に木の影が映っているので鯉が空を飛んでいるように見えます。鯉には胃が無い脊椎動物です。食道が腸に直結しています。だからお腹いっぱいに食べるということができないのです。鯉にエサをあげるといつでも寄
『鯉の胃袋、イルカの胃袋はいくつ?』の画像

インド北部ウッタル プラデーシュ州でゾウ専門の病院「ワイルドライフ・SOS・エレファント・ホスピタル:Wildlife SOS Elephant Hospital」がオープンしました。wildlifesos.org各種病院医療機器に加えて麻酔銃や隔離検疫施設も完備されています。wildlifesos.orgtwitter世界
『インドにゾウ専門病院がオープン』の画像

ライチョウ国指定の特別天然記念物です。絶滅が危惧されている美しい鳥です。ライチョウは、標高2400mを超える厳しい条件の場所に生息しています。本州中部地方の高山帯(頸城山塊、飛騨山脈、御嶽山、赤石山脈)だけに生息しています。かつては、八ヶ岳や白山にもライチョウ
『ライチョウ幼鳥の腸内細菌による生き残り』の画像

ホッキョクグマが極寒の海から氷棚の上に上がって身体を乾かしてから体を冷やす仕草がとてもかわいいのです。ホッキョクグマのお母さんと二頭の子熊たちが遠くから泳いできて海から氷棚に上がります。youtubeまずはプルプルして水気を弾き飛ばします。youtubeそして氷の上で
『ホッキョクグマの毛は何色?身体を冷やす姿が可愛い』の画像

ホワイトライオン神の使いと言われるホワイトライオンは、世界中に たったの300頭ほどしか生息していません。南アフリカでは野生のホワイトライオンの群れが2つは確認されています。2つの群れを合わせてたった13頭しかいません。あとは人工的な環境で飼育されてしまっていま
『貴重なホワイトライオン「ムサファ」を助ける署名』の画像

動物たちの誕生のニュースを読む時に赤ちゃんという言葉が動物ではいろいろな呼び名で呼ばれていることに驚きます。人間だと赤ちゃんは Baby子供は Child または、infantとかtoddlerなどとも呼ばれます。動物ではBabyもよく使われますがChildは使われません。動物では驚く
『保存版:動物の赤ちゃんたちの呼び方:英語編』の画像

クマ棚というものを山で見られることがあります。ツキノワグマは冬眠前の時期には栄養価の高いドングリを好んで食します。冬眠前のクマの体重は増加しますがその脂肪分の多くはドングリに頼っています。通常クマは、豊作の年には落ちてきたドングリを食べることが多いようで
『クマ棚:ツクノワグマの作る棚』の画像

アフリカゾウは、皮膚が皺だらけです。このシワシワの皮膚はまるで皮膚が余ってシワが出来ているだけのように見えますが、詳細に観察してみると大きなシワの溝は、より細かいシワに繋がっていて、葉脈のような精密なネットワークを持つ構造であることが判明しています。この
『ゾウの皮膚の皺』の画像

カリフォルニアの山火事今回の山火事は州史上最悪の山火事となりました。そこには報道されることのない数多くの動物たちも犠牲になっています。これは山火事の現場につながれたまま放置されたロバ。.theatlantic.com激しい炎と火の粉の中に動物の遺体のようなものが見えます
『カリフォルニアの山火事に巻き込まれた動物たち』の画像

このサイの赤ちゃん救出されたときに「デイビット」と名付けられました。thepetitionsite.com平和に暮らしていたデイビットの家族全員はある日突然密猟者によって虐殺されました。この惨劇から生き延びたのは角の生えていない赤ちゃんのデイビットだけ。惨殺されたお母さんの
『サイの虐殺を助ける署名:サイの孤児デイビット』の画像

福島県に生息する野生のニホンザルたちは、福島第1原発事故後も避難することもできず、生息しています。いくつかの調査によって胎児の異常や成長の遅れ、血液の異常などが確認されています。これらの異常は福島原発事故の影響だと思われます。お猿さんたちは原発事故で放出
『福島のお猿さんたちに異変』の画像

シカ森の中でシカに出会った人たちは皆さん、シカの美しさに感動します。でも日本ではとてもたくさんのシカたちが毎年人間によって「殺処分」されているのが現実です。殺処分の数は年間およそ60万頭近くになります。これだけ人がシカを殺し続けるのは、シカが増えたから。長
『シカの食害とオオカミの復活』の画像

↑このページのトップヘ