ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

野生動物

ホッキョククジラ(Balaena mysticetus)。ARKive北極海に生息しています。他のクジラが採餌や繁殖のために移動を行うのと異なり、ホッキョククジラは一生を北極海で過ごしますが、最近海流や海水温の変動の影響か、稀に生息域以外の場所でも見られるようになりました。全長
『シッダ医学とクジラの長寿』の画像

シマフクロウ北海道中部と東部、サハリン、千島列島南部にかけて生息している世界最大級のフクロウです。(厳密には北海道とロシアの個体は、別種の可能性も示唆されています。今後の詳細なDNA鑑定によって明らかになるでしょう。)アイヌではコタン・コロ・カムイ(集落の守
『コタン・コロ・カムイの復活へ』の画像

ランド・オブ・ジャイアンツLand of Giants野生動物写真家ウィル・バラード・ルーカス氏 Will Burrard-Lucasの作品です。mymodernmet.comこの写真集はツァボ国立公園の片隅で60年以上生きてきた「F_MU1」として知られている雌のゾウを亡くなる前まで撮ったもの。ルーカスさ
『	 あるゾウの肖像:ランド・オブ・ジャイアンツ』の画像

このエビは何歳でしょう?Flickr/Darren Harmonと聞くと、たいていの人は、「5歳」とか「15歳くらい」と答えますが、 答えは、140歳!最近になって、ロブスター等の甲殻類の眼柄部に輪紋が発見され、それが年齢を示していることがわかりました。海老ちゃんたちは、結構長生
『	 命の大切さと五観の偈:ロブスター・エビ編 』の画像

今日も「光の魂たち 動物編 人の霊性進化を助ける動物たち」からの抜粋です。光の魂たち 動物編 人の霊性進化を助ける動物たち [単行本]森井 啓二きれい・ねっと2018-04-22このオランウータンの赤ちゃん「ウーディンちゃん」目の前でお母さんを殺され、誘拐され、暗いケージ
『	 独座大雄峰:生きる気力を失ったオランウータンの赤ちゃん』の画像

ヤマアラシ背中と脇の一部に鋭い針毛(トゲ)を持つ草食性のげっ歯類です。硬く鋭い針毛(トゲ)は天敵から身を守るためのものです。このヤマアラシは、その胃袋にある胃石を採取するためだけに多数殺されています。胃石は、「ベゾアール」と呼ばれ、数多くの地域でお守りと
『	 胃石だけのために殺されるヤマアラシたち』の画像

オルカとても美しい生き物です。現在世界各地で絶滅の危機に立たされています。北米沖にいるオルカたちはそれぞれ個体識別番号が付けられています。J35これは雌のオルカです。J35は、ようやく赤ちゃんを妊娠し、無事に出産しました。ところが、生まれて30分ほど母親J35と泳い
『	 知る義務:亡くなったオルカの赤ちゃんを抱き続ける母オルカ』の画像

カラスとても頭のいい生き物です。一般的によく見るのは真っ黒なカラスです。山に行くと黒い身体に美しい白い星模様が入った「ホシガラス」を見ることができます。カラスは知能がとても高く病気になると動物病院に自らやってくることがあります。今回の動画のカラスも自分で
『	 カラスの卓越した知性と人との共生』の画像

チンパンジーのジュワちゃん。ジュワとはスワヒリ語で「太陽」という意味です。ジュワちゃんは、救出され保護された施設でそう名前を付けられました。ジュワちゃんは赤ちゃんの頃コンゴ民主共和国の森の中でお母さんと一緒に幸せに暮らしていました。そこに兵士がやってきて
『太陽と名付けられたチンパンジーの赤ちゃん』の画像

ラハユ。彼女は、赤ちゃんのうちに両親も安住の住処も視力も失ってしまいました。INTERNATIONAL ANIMAL RESCUEラハユは、動物保護団体インターナショナル・アニマル・レスキュー(IAR)の救急に搬送されてきました。救出された地域はインドネシアのパーム油プランテーションの
『	 蓋然性:ラハユ:目の見えないオランウータンの赤ちゃん救出』の画像

光の魂たち 動物編からの抜粋です。光の魂たち 動物編 人の霊性進化を助ける動物たち森井啓二きれい・ねっと2020-06-21アサリのお味噌汁。さて、このアサリたちは何歳くらいなのでしょう?小さな貝の年齢を気にする人はあまりいません。でもたまには気にしてみませんか?よ
『「空手還郷」「眼横鼻直」と507歳の貝』の画像

ハダカデバネズミ。すごい動物です。地中に快適な居住空間を創り、生息しています。medicalxpress.comなにがすごいかというとすごいところだらけの動物ですが、まずほぼ老化しない。無酸素状態でも生きられる。がんを自分で修復してしまう能力を持つ。他にもたくさんあります
『世話役になるきっかけは「うんち」』の画像

↑このページのトップヘ