ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

野生動物

ラッコ。最近日本の近海でも増えてきました。私の大好きな動物の一つです。ラッコは、私がいままで触ってきた動物の中でずば抜けて最高の肉球をしています。あの感触は、一度触ったら忘れられない気持ちよさです。rebloggy.comラッコは、石をもって貝をお腹の上で割ってから
『ラッコの石』の画像

ミノバト。とても美しいハトです。.boredpanda.com体長約40cmになる大型のハトです。尾の羽だけが純白です。幼鳥の尾の羽は黒く背中の羽の色も地味です。.boredpanda.com美しい蓑(みの)をかぶっているように見えるハトなのでミノバトと言います。.boredpanda.com生息域は、
『美しいミノバト』の画像

シアトル酋長の言葉:一部再掲です。また北海道で悲しいことが起こりました。相変わらず世界中で動物と人との紛争が絶えません。世界各地では毎日動物に襲われたとか大きな動物を発見し射殺したという報道があります。人が動物の生息地を破壊し活動域を拡げているためです。
『	 シアトルの言葉:生き物との共存共栄』の画像

ボノボという動物をご存知でしょうか? 霊長目ヒト科チンパンジー属のお猿さんです。チンパンジーよりも小さいために、昔はピグミーチンパンジーと呼ばれていました。チンパンジーよりも直立二足歩行します。コンゴ共和国にしかいない霊長類です。とても高い知能を持ち、チ
『	 虚弱な身体と強い心、そして勇気:「ロメラ」の物語』の画像

シロアリといえば家を食べて壊す悪ーいイメージが定着しています。人の住む居住地ではシロアリは見つけ次第徹底的に殺される運命にあります。でも本当のシロアリは、森を守る大切な役割を担っている大切な生き物なのです。シロアリは、普段は森の清掃を請け負い落ち葉や枯れ
『縁の下のシロアリの恩恵』の画像

基本的に動物には肛門があります。でも私たちのイメージは単にうんちを排泄するものという認識がほとんどだと思います。でも世の中にはすごい肛門を持つ生き物もいるのです。それはなまこ。あの海に暮らしている、ぬるっとした生き物です。pinterest.jpなまこは、呼吸器系を
『すごいこうもんさま』の画像

この写真は、ツキノワグマのバンドリューくん。6年前に、ヴェトナムの熊胆汁牧場から救出されました。Peter Yuen すでに多くの人がご存じの通り、熊胆汁牧場は、クマにとって生き地獄の場。バンドリューくんも、救出された時には、右腕は切り落とされ、右眼も失い、胆嚢も失
『救出されたクマとチベット高僧の「笑顔」』の画像

チンパンジーのジュワちゃん。ジュワとはスワヒリ語で「太陽」という意味です。ジュワちゃんは、保護された施設で名前を付けられました。ジュワちゃんは赤ちゃんの頃コンゴ民主共和国の森の中でお母さんと一緒に幸せに暮らしていました。そこに兵士がやってきてお金儲けのた
『	 太陽と名付けられたチンパンジーの赤ちゃん』の画像

去勢手術をしたときにごくごくまれに摘出したたまたまを持ち帰りたいという方がいます。今のところこのような申し出をされた方々は100%若い女性です。たいていは摘出した生の「たまたま」をリビングや寝室に飾るのだそうです・・・。飼い主さんから、こんな質問を受けたこと
『寿命が延びる去勢:ゾウのたまたま』の画像

ラハユ。彼女は、赤ちゃんのうちに両親も安住の住処も視力も失ってしまいました。INTERNATIONAL ANIMAL RESCUEラハユは、動物保護団体インターナショナル・アニマル・レスキュー(IAR)の救急に搬送されてきました。救出された地域はインドネシアのパーム油プランテーションの
『	 蓋然性:ラハユ:目の見えないオランウータンの赤ちゃん救出』の画像

この写真Mail Onlineに掲載されたミャンマーのアジアゾウの足跡にできた水たまりです。学術誌「Mammalia」に発表された論文からの抜粋のようです。dailymail.co.uk良く見ると何かがいます。dailymail.co.ukdailymail.co.ukカエルの卵。ミャンマーでは雨が少なくなる乾期にア
『ゾウの足跡と下載清風』の画像

クジラの存在価値は人と同じようにお金では換算できないほど貴重なもの。プライスレスです。今回国際通貨基金(IMF)の経済学者たちがクジラが人間に提供する「生態系利益」という側面の価値を試算しました。IMFお金に換算すると、クジラ1頭当たり200万ドル(約2億1000万円)
『美しいクジラたちとすべての生き物の存在価値』の画像

↑このページのトップヘ