ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

野生動物

ミロドンおよそ1万年前まで南アメリカのパタゴニア地域に生息していたナマケモノの一種です。britannica.com現代のナマケモノよりははるかに巨大で体重は約1~3トン後ろ足で立ち上がると3mあります。ヒグマよりもはるかに巨大です。長く鋭い爪を持ち全身は厚い皮と皮骨が鎧の
『ミロドンの返還要求開始』の画像

世界自然保護基金(WWF)は2018年10月30日「Living Planet Report:生きている地球レポート2018」を発表しました。WWF「生きている地球レポート」は、2年に一回発表されています。毎回この報告書では、世界中の生き物の状況や人間の消費活動による地球環境への影響などが報告
『脊椎動物の数が急激に減少中』の画像

キーウィニュージーランド固有種で国鳥に指定されています。rainbowsprings.co.nz空を飛ばない鳥なので飛翔するための胸筋が付着するための竜骨突起も無く尾羽もありません。骨の構造上は、翼は痕跡として存在しています。かつてはとても多くのキーウィが生息していました。
『キーウィ:ニュージーランドの至宝』の画像

兵庫県のクマ「駆除」について何度か書いてきました。日本人はクマに対して厳しいと思います。九州ではすでに絶滅。四国でも絶滅寸前。いまになってあわてて保護を始めています。そして今度は兵庫で大々的に「駆除」そこで猪熊幻狼さんからのコメントを頂いたので、ここでシ
『兵庫県のクマ狩猟についての続報:コメントから』の画像

カマキリ秋になると、うちの近くでもカマキリがよく出てきます。人目に付きやすくなるのは秋までに大きくなることや繁殖シーズンに入り、行動範囲が広くなるためのようです。秋になると、カマキリは、子孫を残すために必死になっていきます。カマキリは、交尾が無事に終わる
『カマキリの雌が雄を食べる理由』の画像

コガシラネズミイルカ現在海洋動物の中で絶滅にもっとも近いイルカです。vaquitacpr.orgこのブログで何度も書いてきました。ひかたま:最後の60頭:トトアバの密猟に巻き込まれ絶滅寸前のコガシラネズミイルカひかたま:海軍所属のイルカがネズミイルカの保護に参入ひかたま
『存続への希望:絶滅秒読みのコガシラネズミイルカ』の画像

顔認識システムという技術があります。デジタル画像を元に人を自動的に識別する技術です。現在では監視カメラと連動してセキュリティやSNS、犯罪捜査などに使われています。SNSで、集合写真などをアップすると誰とどこで一緒にいたのかが自動表示されてしまうなど顔認識シス
『動物たちの顔認識システム』の画像

釣りでは、キャッチ&リリースという行為があります。釣りで釣った魚を生かしたまま、捕獲した水域・地点に再び放流する行為です。基本的には釣った魚に対して無益な殺生をしないことや生物資源を保護するという観点から行う行為のようです。でも人間が一方的に楽しむ代わり
『釣りのキャッチ&リリースの影響』の画像

ニコン・スモールワールド顕微鏡写真コンテスト。歴代の作品集は、こちら。毎年とても美しいミクロの世界を見せてくれます。今年はすでに第44回。世界89ヵ国、およそ2500人の応募がありました。今日はその中から一部の優秀作品のご紹介です。スズメバチ科のハチのアップnikon
『ニコン・スモール・ワールド2018』の画像

以前このブログでも兵庫県のクマたちを助ける記事を書きました。ひかたま:兵庫県でクマ猟開始現在兵庫県ではクマの射殺が20年ぶりに解禁されています。さらに今年からは狩猟数増加を目的として、クマ狩猟上限数を撤廃してしまうことになりました。こちらは、クマを救うため
『兵庫県のクマを守る署名』の画像

ラッコ。最近日本の近海でも増えてきました。nationalgeographic.comとにかく可愛い。.adfg.alaska.gov私の大好きな動物の一つです。ラッコは、私がいままで触ってきた動物の中でずば抜けて最高の肉球をしています。あの感触は、一度触ったら忘れられない気持ちよさです。reb
『ラッコの石』の画像

涙を飲むという表現があります。つらい気持ちをぐっとこらえるという意味です。それとは別に本当に涙を飲んで生きている動物たちがいます。それは南米アマゾンの奥地に生息する蝶々たちです。ワニさんの涙を飲んでいます。thisiscolossal.comこちらはカメさんの涙を飲む蝶た
『カメの涙を飲む蝶たち:涙食』の画像

↑このページのトップヘ