ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

野生動物

以前このブログでもロシアのオルカとベルーガ(シロイルカ)たちの監獄をご紹介しました。ひかたま:ロシアで発覚したクジラの刑務所写真はベルーガ(シロイルカ)ロシア・スレドニャヤ湾に作られた生け簀に、大量のオルカとベルーガが閉じ込められて、衰弱している問題に新
『ロシアのイルカとクジラの監獄からの解放』の画像

コンク貝大きくて美しいカリブ海の天然宝石と呼ばれている貝昔は日本の海岸沿いのお土産屋さんでも定番の商品でした。でも10年ほどで絶滅するかもしれません。貝殻自体がとても美しく宝飾品として利用される他にこの貝数千個に一つ見つかるピンク色の美しいコンクパールは貴
『コンク貝が絶滅してしまう怖れ』の画像

この写真約20年前にお母さんゾウが密猟で殺され孤児となったゾウのヤッタちゃん。大きく成長し孤児院を卒業して野生に戻りました。そして赤ちゃんを連れて孤児院に遊びに来てくれました。Sheldrick Wildlife Trust孤児院時代にお世話になっていた世話人と感動の面会。ゾウは
『孤児院を卒業したゾウが赤ちゃんを連れて挨拶に』の画像

カミクラゲ(髪水母)本州から九州にかけての太平洋岸の湾内に生息する日本固有種のクラゲです。このカミクラゲは、キュウリのような匂いがします。東京海洋大の研究者たちはカミクラゲから匂い成分を抽出して、分析してみました。その結果、このクラゲの匂いの元となる主成
『クラゲとキュウリの繋がり』の画像

このエビは何歳でしょう?Flickr/Darren Harmonと聞くと、たいていの人は、「5歳」とか「15歳くらい」と答えますが、 答えは、140歳!最近になって、ロブスター等の甲殻類の眼柄部に輪紋が発見され、それが年齢を示していることがわかりました。海老ちゃんたちは、結構長生
『命の大切さと五観の偈:ロブスター・エビ編 』の画像

大型貨物輸送機エアバスベルーガ XL 今年から就航です。Wikipediaたしかにベルーガに似てます。現在世界で一か所だけアイスランドにベルーガのサンクチュアリがあります。ベルーガは体色は全身白いため、シロクジラとも呼ばれます。頭部のほぼ中央、おでこのふくらみはメロ
『ベルーガXLとベルーガ』の画像

最新のウミガメの調査ですべてのウミガメたちの消化管からプラスチックゴミが発見されたことが報告されました。英国のエクセター大学とプリマス海洋研究所の研究調査です。ecowatch.com今回調査対象となったのは太平洋、大西洋、地中海に住むウミガメ102頭。平均一頭当たり15
『100%のウミガメの体内にプラスチック』の画像

アフリカのボツワナでのライオン「シルガ」の物語です。FabianGieske/MailOnline動物保護活動を行っているドイツ人のヴァレンティン・グリューナーさんとデンマーク人のミッケル・リガースさん。彼らが、パトロール中に、三頭の仔ライオンたちを見つけました。二頭は、すでに
『野生に戻ったシルガとの絆』の画像

今日はライオンの話 私がこの写真を撮った時は、真横についてくれて至近距離でしたが、とてもかわいくて大きな猫といった感じです。 人は自分よりも大きくて強そうな動物を、「猛獣」と呼びます。 本当に怖い動物なのでしょうか?本当に獰猛なのでしょうか? イ
『ライオン・ウィスパラー:ライオンと心繋っている人』の画像

オランウータンがまた殺される・・。しかも発見されたばかりの新種のオランウータン。インドネシアの裁判所が、スマトラ島のオランウータンの生息地に水力発電ダムの建設計画を承認してしまいました。インドネシアの環境保護団体インドネシア環境フォーラム(WALHI)が北スマ
『貴重なオランウータンがダム建設で絶滅の危機』の画像

ナマケモノ。動きがとても遅くて、基礎代謝量が非常に低く、一日にたった8gの植物で生きていけます。これは天敵である大型の鳥からみを守るための生き残り戦略です。鳥は眼が良いため動く標的は小さくても見えます。動かなければ見逃してしまいます。こちらはナマケモノ保護
『ナマケモノ保護施設の天国と地獄』の画像

↑このページのトップヘ