ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

野生動物

オオワシ。日本では天然記念物、国内希少野生動植物種に指定されています。翼を広げると240cmにもなります。日本では主に北海道に飛来します。Wikipediaオジロワシ。国の天然記念物、国内希少野生動植物種に指定されています。Wikipediaどちらも環境破壊によって巣を作る場所
『鉛中毒と貴重なワシからのメッセージ』の画像

すでに絶滅したと考えられていたニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグが再発見されました。nghwdf.orgニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグは現存する最古の犬種の一種です。この犬と近縁種であるニューギニア・シンギング・ドッグも現在は野生のものは絶滅してし
『ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグ再発見』の画像

ヨセミテ国立公園。自然保護を目的とした国立公園でユネスコの世界遺産にも登録されている美しい自然保護地区です。ここには野生動物たちもたくさん生息しています。もちろんクマさんも。ヨセミテ国立公園は、広大で豊かな自然にもかかわらず、カリフォルニアヒグマは絶滅し
『クマさんのGPS』の画像

この仔ゾウ。重度の栄養失調です。Facebookレックさんは、ミャンマーにゾウの孤児院があると聞き、訪問してみました。彼女は、タイでゾウの保護施設を運営しています。ミャンマーは、絶滅に瀕しているアジアゾウが、最も高い密度ですむ国です。ミャンマーのゾウの孤児院には3
『ミャンマーのゾウの孤児院』の画像

オランウータンのアミーちゃん。推定7歳。 facebook.com赤ちゃんの時に人間に捕獲され、小さな暗い木箱の中で鎖につながれたまま少なくとも7年間生きてきました。救出チームが駆けつけた時には人生をあきらめてしまったかのような感じでした。facebook.com狭い木箱の中では
『アミー:「天地一指万物一馬」』の画像

今年もカナダのアザラシ猟が始まりました。例年よりも少し早く始まりました。pinterest.comカナダの東海岸沖では猟師たちがアザラシの赤ちゃんを殺すために奔走します。狩猟解禁と共に数百から数千隻の船が一斉に狩猟に乗り出します。そしてできるだけ早く多くの赤ちゃんアザ
『いまだに行われている狩猟:アザラシの赤ちゃん』の画像

過去に世界中で行われてしまった核実験が象牙取引抑制に役立つかもしれません。natgeo.nikkeibp.co.jp象牙のためにいまだに多くのゾウたちが殺され続けています。象牙の違法取引が存在するからです。象牙の国際取引は1990年に禁止されましたが、一部の国では今でも合法的な国
『核実験と象牙』の画像

ブラックマンバス。Black Mambas Aunti-Poaching Unit南アフリカにある女性だけで構成された密猟対策部隊の名前です。ユニフォームは、まるで軍隊のようですが彼女たちは銃を携行しない非武装組織です。africageographic.comもともとのブラックマンバとは、南アフリカに生息
『ブラックマンバス』の画像

チョークバス(Serranus tortugarum)。カリブ海や大西洋西部に生息する小さなお魚です。サンゴ礁の中にいます。marinebreeder.orgこの小さな魚は、パートナーとペアを組んで、1日に20回も性的役割を入れ代えて行動することが知られています。産卵も「卵のとりひき(egg trad
『1日20回性を変える魚』の画像

先日、タイのバンコク近郊で泳げなくなっていたウミガメが救助されました。推定25歳の雌のアオウミガメ。huffingtonpost.comこのウミカメは検査の結果、お腹の中に大量の硬貨があることが判明し、バンコクのタイ国立チュラロンコン大学獣医学部で切開手術が行われました。 7
『硬貨915枚を飲み込んだウミガメ亡くなりました』の画像

再掲です。ジャガー。ナショナルジオグラフィクには次のような説明があります。「 ジャガーは南アメリカに生息する大型ネコ科動物の中で最大の動物だ。その昔、ジャガーは南アメリカ大陸の南端からアメリカとメキシコとの国境周辺一体に生息していたが、現在は中南米の人里離
『米国最後のジャガー』の画像

エクアドルの森の中でジャガーの赤ちゃんがうずくまって動けないところを保護されました。まだ生後11ヶ月齢。首から下は麻痺して動けない状態でした。relayhero.comトラックの荷台に載せられて4時間かけて動物病院へ。検査の結果、この赤ちゃんには18ヶ所に銃弾が撃ち込まれ
『保護されたジャガーの赤ちゃん』の画像

↑このページのトップヘ