ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

野生動物

スウェーデンではヒグマは森を守っている貴重な動物。でも絶滅に近い個体数になっています。thepetitionsite.comスウェーデン政府は284頭ものヒグマたちを殺害することを許可してしまいました。このヒグマたちは人になんら危害を加えたわけではありません。なぜ平和に暮らす
『スウェーデンのヒグマたちを助けて!』の画像

ペンギンの代表格といえばオウサマペンギンとコウテイペンギンどちらも王様と皇帝というすごい名前です。1zoom.me最新の衛星画像解析からもペンギンたちが激減していることが判明しています。ひかたま:たった2羽の生き残り:南極アデリーペンギンの雛壊滅ひかたま:デニソン
『王様ペンギンと皇帝ペンギン』の画像

現在世界のサンゴ礁の80%以上が死滅状態に入りました。驚くことに現在最も安全なサンゴ礁はNSW州のダボという砂漠地帯の町にあります。ここにはすでに、サンゴ礁全滅に備えてサンゴの700億の精子と220億の胚がマイナス19℃の液体窒素で冷やされた容器に保管されています。そ
『サンゴ礁を守ってきた海鳥たちのあれ』の画像

エリシア・クロロティカ(Elysia chlorotica)北米東海岸の塩沼に生息しています。wikipedia美しいエメラルドグリーンの体を持つこのウミウシは体長20mm-30mmほどで植物の葉のような形をしています。光合成によって10ケ月以上の間、食物を何も摂取しなくても生きていけること
『光合成するウミウシ』の画像

オルカとても美しい生き物です。現在世界各地で絶滅の危機に立たされています。北米沖にいるオルカたちはそれぞれ個体識別番号が付けられています。J35これは雌のオルカです。J35は、ようやく赤ちゃんを妊娠し、無事に出産しました。ところが、生まれて30分ほど母親J35と泳い
『知る義務:亡くなったオルカの赤ちゃんを抱き続ける母オルカ』の画像

エピオルニスアフリカのマダガスカル島に近年まで生息していた史上最重量の巨大な鳥です。地面から頭頂までの高さは3~3.4m、体重は推定400~500kg。最新の研究では体重が860kgと成体のキリンとほぼ同じ大きさだったことが判明しています。現在最大の鳥ダチョウの体重は130kg
『エピオルニス』の画像

レイモンド島でコアラが餓死の危機オーストラリアのビクトリア州沖にあるレイモンド島長さ6 km 、幅2 kmの小さな島です。野生のコアラが住んでいることで有名です。オーストラリアでは、昔欧州からの移住者によりコアラが手当たり次第に射殺され絶滅の危機に瀕してしまった時
『レイモンド島でコアラが餓死の危機』の画像

子供たちに大人気のカブトムシ最近は私の知り合いでも意外な人が飼っていたりします。雄には立派な角があります。Photo-acカブトムシは幼虫やサナギの初期段階ではあの立派な角は存在しないのに、雄の場合にはある日突然角が生えてきます。おたまじゃくしの肢が突然生えるの
『カブトムシの角』の画像

土用の丑の日のうな重はもう止めましょうニホンウナギの稚魚はシラスウナギ。このシラスウナギが深刻な不漁に陥っています。thelifeyouandineverknew.blogspot.jpウナギは、野生のウナギの稚魚を捕獲することによって成り立っています。今年の1月には、養殖に必須の野生のウ
『土用の丑の日のうな重を止めよう』の画像

ビサヤマメジカ (Rusa alfredi)の赤ちゃんがスコットランドのエジンバラ動物園で生まれました。zooborns.comフィリピンのビサヤ諸島だけに生息する貴重なシカです。ビサヤ諸島はルソン島とミンダナオ島にはさまれた海域にある島々です。太平洋戦争の時には日本軍が米軍を主
『マメジカの赤ちゃん』の画像

アフリカゾウの写真で、こめかみが濡れているゾウがいます。これは何だか知っていますか?arkive.orgこれはゾウの雄が発情期:ムスト期musthと呼ばれる状態になるとこめかみから汁が出て来る状態です。elephantconservationcenter.com こちらはインドゾウ。こめかみからゾウ
『てんぽりん:こめかみから出てくるゾウ汁』の画像

インドウッタラーカンド州。uttarakhandincredible.com花の谷があるほど美しい花々が咲き乱れる地です。snowviewtravels.comhimalayanadventurejourney.comヒマラヤ山脈の麓に位置し、大自然豊かなインド北部の州で、ヒンドゥー教の巡礼地として知られています。wikipediaヨ
『消えていくヒマラヤの蝶たち』の画像

↑このページのトップヘ