ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

野生動物

東京電力福島第1原発事故により全域が避難区域となっている福島県富岡町。町に出ている避難指示は4月1日に一部地域で解除されるため、町民が帰還する準備が始まりました。悲しいことにその準備のうちの一つに、イノシシ狩りがあります。 すべての人が避難した街には、イノ
『福島のイノシシたちの末路』の画像

pixabayスロベニア共和国。中央ヨーロッパに位置する国です。この国にはまだ森の守り神オオカミがわずかに生き残っています。50頭はいませんが、かろうじて種の存続を保てる状態です。ところがスロベニア政府は、10頭のオオカミの射殺許可を出す予定です。これは意味のないど
『スロベニアのオオカミたちを助けて』の画像

20世紀初めには、およそ1000万頭がいたといわれるアフリカゾウ。象牙を目的とした殺戮によって、40万頭ほどまでに激減しています。さらに、過去25年間に押収された象牙は、1本当たり8.5kgから4kg前後にまで小さくなっています。ゾウは、5年おきにしか妊娠することは出来ず、
『あと地球上に24頭:グレート・タスカーズと呼ばれる巨象たち』の画像

フランスのトワリー動物園に密猟者が忍び込み角を切るためにサイを殺してしまいました。殺されたのは4歳のヴィンス。Facebookあとの二頭5歳のブルーノと37歳のグレースは無事でした。Facebook動物園のサイまで殺されるのはサイのツノの価格が高騰しているから。1kgあたり、5
『フランスの動物園で密猟』の画像

以前野生のイルカの赤ちゃんを捕獲するシーンをご紹介しました。網に追い込んだ赤ちゃんイルカを漁網へと追い込む映像です。赤ちゃんイルカを捕まえようと数人の人たちが追い込んでいきます。赤ちゃんイルカの傍らにはその様子に動揺するお母さんイルカが必死に寄り添ってい
『捕獲された赤ちゃんイルカのその後』の画像

マカク。霊長目オナガザル科に含まれるお猿さんです。頬袋があるので、ハムスターのように食べた物を一時的に蓄えることができます。Wikipediaアジア南部を中心に生息しています。bbc.co.ukマカクの赤ちゃんたちが飛び込みの遊びをしています。高い塔の上に登ってyoutube水は
『勇気あるマカクの赤ちゃんたち』の画像

刺網漁。 刺し網漁は、 魚が遊泳・通過する場所を遮断するように大きく網を張って、 その網目に魚の頭部を入り込ませる網を用いておこなう漁法です。 この網は 固定する方法や 網で魚群を取り囲む方法、 海の潮の流れに刺し網を流しながら行う流し刺し網漁業 などがありま
『刺網漁で殺される生き物たち』の画像

チェルノブイリ原子力発電所事故からまもなく31年が経過します。ドイツやオーストリアからの報告に続いてチェコ共和国でもいまだに野生のイノシシの約半数が放射性物質に汚染されていることが判明しました。 イノシシは土を掘りその中のキノコを食べる習性を持っているため
『科学技術と精神性:いまだに放射能汚染されている野生動物たち』の画像

カナコちゃん。 京都大学野生動物研究センターの施設「熊本サンクチュアリ」にいる、 ダウン症のチンパンジーです。 24歳。 dailymail.co.uk 染色体で確定診断された例としては 1969年に確定された例に次いで、 世界で二番目となります。 この二例の他にも タン
『ダウン症のチンパンジー』の画像

ケニヤでは現在の世界各地と同様に気候が不安定で 雨が降らない状態が続いています。capitalfm.co.ke家畜たちに与える水もありません。theguardian.comツァボ・ウェスト国立公園でも昨年6月から全く雨が降らずとても厳しい干ばつが続いています。野生動物たちの水場は完全
『ケニヤの救世主ウォーターマン』の画像

さまざまな写真コンテストがありますが、今日はUnderwater Photographer of the Year Contest 2017からの抜粋です。踊るタコ。マヨット島。タコのゲノムは人間とほぼ同じ大きさで、タンパク質遺伝子は33000個とヒトの25000個よりも多いことがわかっています。underwaterphoto
『水中写真コンテスト』の画像

インドネシアのスラバヤ動物園。別名「死の動物園」として世界的に有名です。動物虐待、管理体制の問題、劣悪な飼育環境などによって毎日つぎつぎと貴重な動物たちが死んでいく動物園です。ライオンは、首を吊って死んでいるのを発見されたり亡くなったキリンの胃からは20kg
『死の動物園閉鎖を求めて』の画像

↑このページのトップヘ