ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

野生動物

先日スチーフンイワサザイという鳥を絶滅させてしまった猫たちの話を書きました。ひかたま:ティブルズこれはニュージーランドの話でしたが以前からオーストラリアでは猫たちがとても多くの野生動物たちを捕食してしまうのが問題になっていました。今回の研究発表でその実態
『オーストラリアの猫が食べる野生動物たち』の画像

再掲です。チンパンジーのジュワちゃん。ジュワとはスワヒリ語で「太陽」という意味です。ジュワちゃんは、保護された施設で名前を付けられました。ジュワちゃんは赤ちゃんの頃コンゴ民主共和国の森の中でお母さんと一緒に幸せに暮らしていました。そこに兵士がやってきてお
『太陽がいっぱい』の画像

このブログでも何度もご紹介したゴリラのココちゃん。天国へ。眠りながら安らかに息を引き取りました。享年46歳手話で人と会話できる西ローランドゴリラでした。花火子Hanabi-koと名つけられましたが、いいにくいので愛称のココと呼ばれるようになりました。BBC/MailOnlineda
『ゴリラのココちゃん天国へ』の画像

プアン62歳 雌1956年スマトラ島生まれプアンはインドネシア語で「婦人」を意味します。世界最高齢のオランウータン「プアン」さんが西オーストラリアのパース動物園で亡くなりました。.telegraph.co.uk生涯で11頭の子どもを産み、欧米やオーストラリア各地の動物園などに54
『世界最高齢のオランウータン天国へ』の画像

米国で行われた大規模調査研究をまとめた報告によると地球上に存在する生物種の数は最大一兆種にもおよび、現在のところ人類が把握している地球上の生物は、全生物の中の0.001%に過ぎないという推測がなされました。sciencealert.comこの研究を行った生物学者らは地球に存在
『地球上の生物の0.001%』の画像

40年近く前北海道でお皿からはみ出すほどの大きなホッケをよく食べてました。50年近く前東京湾でぷりぷりの大きなサバが大量に釣れました。釣れすぎて、近所に配って回ったことを覚えています。最近のホッケはなんとなく小さくなったとは感じていました。最近は釣れすぎてご
『MSC海のエコラベル:乱獲からの復活』の画像

シロナガスクジラの親子とイルカが遊ぶ映像youtubeyoutube 動物たちはさまざまな遊びをします。特にイルカたちは遊びの天才で海藻で綱引きをしたり波乗りしたりクジラやボートに並行して泳いだりタコを空に向けて放り投げたりウミガメでキャッチボールしたり、サーフィンし
『シロナガスクジラの親子とイルカ』の画像

カンムリキツネザル赤ちゃんがドイツ・ライネの動物園で生まれました。この幸せそうな顔。zooborns.comマダガスカルの北部にだけ生息する貴重なサルです。カンムリキツネザルのすごいのはすごい山に住んでいること。生息地に「ツィンギ」と呼ばれる鋭い刃物のような岩が連な
『お母さんに埋もれるカンムリキツネザルの赤ちゃん』の画像

ミンククジラミンククジラは高緯度海域の摂食領域と低緯度海域の繁殖領域の間を行き来する大回遊を行うとても美しいクジラです。blog.queensland.com生息域はとても広いです。この青い部分を回遊しています。ja.wikipedia.orgミンククジラはとても残念なことに捕鯨の対象とな
『調査名目でミンククジラの母子を殺戮することについて』の画像

ピクーニャ南米でペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチンの高地標高約3,700- 5,000mの草原に生息しています。en.wikipedia.org10頭前後の群れを作って生活しています。commons.wikimedia.org日本でもおなじみのアルパカに似ていますがアルパカは、ピクーニャが家畜化されたも
『ジャガイモの毒とピクーニャ』の画像

ドジョウirasutoya.comドジョウはかつてはどこの水田に多く生息し、昔から食用に用いられてきました。「ウナギ一匹、ドジョウ一匹」という言葉があるように、小さなドジョウたった1匹で大きなウナギ1匹分に相当するほどの高い栄養価を得られる食材として大切にされていたこと
『ドジョウが準絶滅危惧種に指定』の画像

冬眠明けの野生のクマさんたちに会ってきました。.。゚+.(・∀・)゚+.゚その姿はとても神々しくそしてとてもかわいい。こちらは親子のクマさんたちが山道を歩いてました。子供は1歳くらいのようです。可愛い。こちらは石をひっくり返して食べ物を探しています。今年は山の食べ物も
『森の神の無差別殺戮』の画像

↑このページのトップヘ