ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

野生動物

ヒメフクロウインコ。世界で最も発見困難な鳥と言われています。最初にこの鳥が発見されたのは1845年。それ以降もほとんど目撃情報もなく、オーストラリア内陸部にある草原と湿原に生息しているといわれている幻の鳥とされてきました。。もうすでに絶滅したものと思われてい
『世界で最も発見困難な鳥の羽』の画像

 2017年自然写真家コンテストからの作品です。アリゲーター:ボードウォークから安全に撮影nationalgeographic.com/Cole Frechou 生後三か月齢の赤ちゃんグマとお母さんnationalgeographic.com/Anat Gutman日没近くの西オーストラリア・ケーブルビーチでのラクダnationalge
『ナショジオ・ネイチャー写真家コンテスト2017ハイライト』の画像

ノバリケン。中央アメリカ、南アメリカ、北アメリカ南部に生息するカモの一種です。カモの仲間としては珍しく樹上生活をしています。巣は樹洞や樹の根元などに作ります。日本にも食用カモとして持ち込まれ沖縄県では観音アヒルと呼ばれています。食用として飼育されているほ
『ハリケーンでも卵を守ったイルマ』の画像

なんとも悲しいニュースから。 thegreentimes.co.za ちゃんと保護されていれば アフリカの保護区にいるはずの 73万頭のゾウが消えてしまったという調査結果があります。 どこにも いない。 大量殺戮の結果です。 dailymail.co.uk 保護区では人に守られているは
『保護区から大量に消えたゾウたち』の画像

sagegoddess.comケニヤでまた白いキリンが発見されました。こんどは母と子。両方とも真っ白です。huffingtonpost.comYoutube以前ここでも白いキリン「オモちゃん」をご紹介しました。(ひかたま:白いキリン)その1年後には別の白いキリンが発見されました。nrt-kenya.orgnrt
『白いキリンの母子と白いバッファロー伝説:神の使い』の画像

フォッサ。 マガダスカルにしかいない動物です。 米国サンディエゴ動物園で フォッサの赤ちゃんが生まれました。 現在12週齢になります。 zooborns.com とてもかわいい。 zooborns.com マダガスカルでは 食用に乱獲され 現在は絶滅が危惧されています。 animals.sa
『フォッサ』の画像

オーストラリアガマグチヨタカ。オーストラリアに生息しています。これは生後5日目のひなです。ドイツ・オルヒングの自然動物公園で生まれました。ここでは、4年前からオスを飼育していました。そして今回二羽のメスが加わり、数週間のうちに抱卵が始まりました。そして、誕
『オーストラリアガマグチヨタカ』の画像

野生生物写真家コンテスト2017からの作品です。英国のNatural History Museumが主催しています。nhm.ac.uk/Sergey Gorshkov大型の鳥ハクガンの卵をくわえるホッキョクギツネ。ツンドラ地帯の6月に見られる風景です。nhm.ac.uk/Qing Linクマノミとイソギンチャクです。この両
『野生生物写真家コンテスト2017』の画像

カンガルーオーストラリアではカンガルーが増えてきたためにたくさん殺してたくさん食べようという意見が高まってきたようです。キャプテン・クックが初めてオーストラリアに上陸した時に、カンガルーを見ました。彼は、「この動物は何か」と現地のアボリジニに聞いたところ
『カンガルー再び受難』の画像

オオカバマダラ。渡り鳥のように渡りをする蝶。米国ロッキー山脈の西にいる蝶「オオカバマダラ」が、絶滅寸前の状態であることが最新の調査で判明しました。sciencedirect.comカリフォルニア州の越冬個体数と歴史的な推定を合わせて新たな統計モデルを使って解析したところ、
『米西部の「オオカバマダラ」蝶が絶滅寸前』の画像

動物たちの群れ。日本語では群れ、家族、集団・・。英語で動物たちの記事を読んでいると動物によって「群れ」の英語が異なることに気が付きます。twistedsifter.comライオンの「群れ」は、Prideオオカミの「群れ」は、Packチンパンジーの「群れ」は、Troop魚の「群れ」は、Sc
『動物たちの群れ』の画像

ルーマニア政府は、クマ140頭、オオカミ97匹を駆除または移住させる計画があることを発表。www.rte.ieルーマニアの環境省は重大な損害を防ぎ、公共の保健と安全を守るための措置だとの声明を発表し、専門家会議もこれに賛成。7月に2人の羊飼いがクマに襲われたことや吸血鬼の
『ルーマニアでヒグマとオオカミの駆除計画』の画像

↑このページのトップヘ