ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

野生動物

涙を飲むという表現があります。つらい気持ちをぐっとこらえるという意味です。それとは別に本当に涙を飲んで生きている動物たちがいます。それは南米アマゾンの奥地に生息する蝶々たちです。ワニさんの涙を飲んでいます。thisiscolossal.comこちらはカメさんの涙を飲む蝶た
『カメの涙を飲む蝶たち:涙食』の画像

インドライオンかつてはインドから中東まで生息していましたが、イランや中東アジアではすでに絶滅。インドでも開発や乱獲によって激減し、現在ではインドのギル森林国立公園野生生物保護区のたった一か所だけに約600頭ほどが生息しています。その希少なインドライオンが、こ
『希少種インドライオンの大量死』の画像

以前このブログでキリンのしっぽを取るために次々とキリンを殺してしまう現状について書きました。コンゴ民主共和国では、キリンのしっぽの先端だけが欲しくて、キリンを殺してしまうのです。キリンのしっぽで幸運のブレスレットを作ります。たったそれだけのために、貴重な
『人の欲望のために切り取られるゾウのしっぽ』の画像

秋の虫たちの音色が心地よい季節になりました。動物の中で最も周波数の高い音を発する昆虫がいます。この昆虫類はまだ発見されて間もなく、超高音を発することからキリギリス科のスーパーソヌス属 (Supersonus)と名付けられました。entomologytoday.orgキリギリス科のスーパ
『動物界最高音の15万Hzで鳴く昆虫』の画像

オルカ美しい生き物です。先日亡くなった赤ちゃんを抱き続けているオルカの話をこのブログでご紹介しました。そのお母さんオルカはJ35と呼ばれていました。ひかたま:知る義務:亡くなったオルカの赤ちゃんを抱き続ける母オルカあの時のJ35と同じ群れの一頭のオルカJ50はまだ
『オルカJ50の死』の画像

ハダカデバネズミ。すごい動物です。地中に快適な居住空間を創り、生息しています。medicalxpress.comなにがすごいかというとすごいところだらけの動物ですが、まずほぼ老化しない。無酸素状態でも生きられる。がんを自分で修復してしまう能力を持つ。他にもたくさんあります
『世話役になるきっかけは「うんち」』の画像

基本的に動物には肛門があります。でも私たちのイメージは単にうんちを排泄するものという認識がほとんどだと思います。でも世の中にはすごい肛門を持つ生き物もいるのです。それはなまこ。あの海に暮らしている、ぬるっとした生き物です。pinterest.jpなまこは、呼吸器系を
『すごいこうもんさま』の画像

シオカラトンボ。露天風呂に入っていたらたくさんのシオカラトンボがやってきました。日本では最も一般的にみられるトンボの一種です。雄は、お腹が白くなり、「シオカラトンボ」と呼ばれます。雌は、お腹は白くならず、「ムギワラトンボ」です。 雄は、成熟すると次第に全
『トンボの羽の秘密:シオカラトンボ』の画像

スウェーデンではヒグマは森を守っている貴重な動物。でも絶滅に近い個体数になっています。thepetitionsite.comスウェーデン政府は284頭ものヒグマたちを殺害することを許可してしまいました。このヒグマたちは人になんら危害を加えたわけではありません。なぜ平和に暮らす
『スウェーデンのヒグマたちを助けて!』の画像

ペンギンの代表格といえばオウサマペンギンとコウテイペンギンどちらも王様と皇帝というすごい名前です。1zoom.me最新の衛星画像解析からもペンギンたちが激減していることが判明しています。ひかたま:たった2羽の生き残り:南極アデリーペンギンの雛壊滅ひかたま:デニソン
『王様ペンギンと皇帝ペンギン』の画像

現在世界のサンゴ礁の80%以上が死滅状態に入りました。驚くことに現在最も安全なサンゴ礁はNSW州のダボという砂漠地帯の町にあります。ここにはすでに、サンゴ礁全滅に備えてサンゴの700億の精子と220億の胚がマイナス19℃の液体窒素で冷やされた容器に保管されています。そ
『サンゴ礁を守ってきた海鳥たちのあれ』の画像

エリシア・クロロティカ(Elysia chlorotica)北米東海岸の塩沼に生息しています。wikipedia美しいエメラルドグリーンの体を持つこのウミウシは体長20mm-30mmほどで植物の葉のような形をしています。光合成によって10ケ月以上の間、食物を何も摂取しなくても生きていけること
『光合成するウミウシ』の画像

↑このページのトップヘ