ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

野生動物

ヴァンゾリーニ・ボールドフェイスド・サキ。この動物の名前を知る人はほとんどいないと思います。アマゾンに住む幻のサルです。Youtube80年ぶりに生きたヴァンゾリーニ・ボールドフェイスド・サキが目撃されました。こちらその動画です。 世界で初めてそして今まででは唯一
『幻のヴァンゾリーニ・ボールドフェイスド・サキ』の画像

ハチドリ。北米南西部から南米北部にかけてのアメリカ大陸とカリブ諸島一帯にかけて生息する世界最小の美しい鳥たちです。ハチドリに中でもマメハチドリ は世界最小の鳥で、全長6cm、体重2g弱という小ささです。spiritanimal.info1秒間に50回以上という超高速ではばたくこと
『ハチドリをタクシーとして利用するダニ』の画像

タイセイヨウセミクジラ。wikipediaホッキョククジラの近縁種です。北大西洋海域に生息し、好奇心も強く、警戒心もなく、船が近づいても逃げなかったためにかつては捕鯨の対象としてたくさん殺されてきました。それによって生息数が激減。現在は絶滅危惧種として保護されてい
『タイセイヨウセミクジラの異例の大量死』の画像

南アフリカ共和国にある世界最大のサイ牧場。現在1,500頭のサイが飼育されています。(参考)ひかたま:世界最大のサイ牧場ここでは、密猟で殺されないためにおよそ20ケ月ごとにサイの角を切り落としています。そして現在切り落として貯蔵している角は6トンを超えています。南
『南アフリカでサイの角の販売開始』の画像

すっかりアップし忘れて1週間。8月12日は世界ゾウの日でした。最近かなり忙しいので自動更新にしていたのでした。世界ゾウの日は、カナダの映画監督シムスさんと、タイのゾウ保護団体Elephant Reintroduction Foundationが、ゾウ絶滅の危機の現状を訴え、保護活動を普及する
『世界ゾウの日』の画像

去勢手術をしたときにごくごくまれに摘出したたまたまを持ち帰りたいという方がいます。100%若い女性です。たいていはリビングや寝室に飾るのだそうです・・・。飼い主さんから、こんな質問を受けたことがあります。「犬でこんなに大きいなら、ゾウさんのたまたまはとても大
『寿命が延びる去勢:ゾウのたまたま』の画像

ジクロフェナク。日本でもよく使われている痛み止めの薬の成分です。内服薬ではボルタレンとか外用薬ではフェイタスZなどがよく知られています。こういった薬が野生動物にとっては命取りになることがあり、種そのものが絶滅の危機に晒されてしまうことすらあります。これはイ
『痛みどめで猛禽類の危機』の画像

白い鹿世界各地で幸運のシンボル、神様の使い、長寿のシンボルなどとされている貴重な鹿です。日本の清酒白鹿も、中国で千年以上生きたとされる白鹿伝説に因んでいます。アルビノとは違いリューシスティック(白変種)なので、通常の毛の茶色い鹿と同じように目は黒いです。f
『ホワイトディア:白い鹿たち』の画像

現在の世界でクジラやイルカの追い込み漁を続けるているのは、和歌山県太地町とデンマークの自治領フェロー諸島クラクスビークだけです。この両都市が友好関係を確立するため、近く姉妹都市提携を締結することになりました。両都市共に国際的な批判や圧力が高まっており、漁
『イルカ漁について』の画像

手話で人間とコミュニケーションを取るオランウータン「チャンテック」が39歳で亡くなりました。bbc.comチャンテックはアトランタのエイモリー大学内にあるヤーキーズ霊長類研究所で生まれました。チャンテックという名はオランウータンの故郷のマレー語とインドネシア語で「
『手話で会話するオランウータン逝く』の画像

コミミイヌ。アマゾン川流域にだけ生息しています。ヤブイヌやカニクイイヌと似ています。mamiferos.aczcolombia.org生息域はこの黄色い部分です。Wikipedia生息数も少なく警戒心も強いためになかなかコミミイヌを見つけることは難しいとされています。今回はカメラが鮮明な
『コミミイヌ!アマゾンの希少なわんこ』の画像

毒ヘビ。先日、小学生の男の子が毒を持つヘビ・ヤマカガシに噛まれる事故が発生しました。男の子は、噛まれた後で一時意識不明となりましたが、抗毒素血清を投与して無事に回復しました。Wikipediaヤマカガシは強い毒を持っているものの通常では人を襲うことはありません。し
『毒蛇の抗毒素血清の危機』の画像

↑このページのトップヘ