ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

野生動物

アサリのお味噌汁。さて、このアサリたちは何歳くらいなのでしょう?小さな貝の年齢を気にする人はあまりいません。でもたまには気にしてみませんか?よくお味噌汁や料理に入っている貝はどのくらい生きていたのでしょうか?これはナショナルジオグラフィックからの記事です
『「空手還郷」「眼横鼻直」と507歳の貝』の画像

奄美大島に住むハブを殺すために無理やり導入され、そして次々と見つけ次第殺されていくマングースたち。野に放たれただけでなく、容れ物の中にハブと共に入れられて命をかけた殺し合いもさせられていました。野に放たれた30匹のマングースたちは奄美大島の自然の中で順調に
『奄美大島のマングース根絶が間近』の画像

ゴマフアザラシ冬から春にかけて流氷とともに移動、回遊するアザラシとして知られています。北海道ではよく見ることができます。今回日本海を泳いでいるのを目撃されたのは両目とも白内障で失明しているゴマフアザラシ。dailymail.co.uk/Dmitriy Rudas両目とも見えない暗黒の
『一休さんの遺言と日本海を泳ぐ盲目のゴマフアザラシ』の画像

現在オーストラリアでは異常な猛暑や地震、そして豪雨による大洪水と異常気象続きです。オーストラリアのクイーンズランド州では連日の豪雨により「100年に一度」の大洪水となっています。すでに各地で土砂崩れが起きているほかに、今後も「集中豪雨」が予想されていてさらな
『オーストラリアの大洪水にとまどうクロコダイルたち』の画像

米国サンフランシスコ北部のポイントレイズ国定海岸にあるドレイクスビーチ。米政府機関の閉鎖が続いたことにより職員が誰もいなくなり、その間にキタゾウアザラシたちがくつろぐ楽園となっていました。edition.cnn.com通常は職員によって追い払われていたゾウアザラシですが
『米国政府機関閉鎖の影響でゾウアザラシの楽園誕生』の画像

北米中西部から東部にかけての北極から流れ込んだ寒気団による大寒波。ミネソタ州コットンでは最低気温が氷点下48.8℃を記録するなど各地で異常な寒さとなっています。これは衛星から見た五大湖の写真。すべてが凍っているように見えます。theatlantic.comこれは五大湖の一つ
『北米大寒波による動物たちの死』の画像

「世界一孤独なカモ」として知られたカモのトレバーちゃん南太平洋の国ニウエにいる唯一のカモです。facebook/Trevorニウエはニュージーランドの北東2400kmにある小さなサンゴ礁の国です。bbc.comニウエにはトレバーちゃんしかカモは生息していません。この国はサイクロンが
『世界一孤独なカモのトレバーちゃん死亡』の画像

ジュゴン体長3m 体重450kgにもなる大型の海洋哺乳類です。日本にも生息しています。文化庁:国の天然記念物日本哺乳類学会のレッドリスト:絶滅危惧種水産庁のレッドデータブック:絶滅危惧種・要保護野生水産動植物環境省:国際希少野生動植物種Wikipedia/Julien Willem 次
『日本でもうほとんど生き残っていないジュゴン』の画像

自動運転という新しい技術があります。簡単に言うと運転者の代わりに安全に運転してくれる運転補助技術。人間の状況把握能力と制御反応を上回るコンピューター機能によって交通事故の減少を期待できる次世代のシステムです。自動運転レベルには0から5まであり、レベル3以上
『自動運転にたちはだかるカンガルーの壁:オーストラリア』の画像

オーシャンアート・アンダーウォーター写真コンテスト Ocean Art Underwater Photo Contest入賞作品からご紹介です。カリブ海魚の大群に向かうイタチザメ© (Debbie Wallace / Ocean Art)レユニオン島ザトウクジラの母子とダイバー© (François Baelen / Ocean Art)フィリ
『オーシャンアート・アンダーウォーター写真コンテスト入賞作品』の画像

ブランビーオーストラリアの野生馬のことを「ブランビー」と言います。オーストラリアにはもともと野生馬はいませんでした。ブランビーは入植者たちがオーストラリアに持ち込んだ馬が逃げて野生化したもの。ブランビー種は、サラブレッド種やクライズデール種、ポニーなどが
『猛暑の犠牲:オーストラリアの野生馬たちの死』の画像

カラスとても頭のいい生き物です。一般的によく見るのは真っ黒なカラスです。山に行くと美しい模様のホシガラスを見ることができます。カラスは知能がとても高く病気になると動物病院に自らやってくることがあります。今回の動画のカラスも自分で動物病院の玄関にやってきま
『カラスの卓越した知性と人との共生』の画像

↑このページのトップヘ