ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

野生動物

アメリカ・サウスカロライナ州マートルビーチサファリ動物保護施設。ここにバブルスくんという一頭のゾウがいます。バブルスくんは、1981年に親を含む群れが殺されてしまい、孤児になりました。この当時、象牙のための密猟でゾウの孤児は多く、保護施設もほとんどないことか
『ゾウと友達になった犬たち』の画像

カメさん。ゆっくりと歩くイメージです。今日は各紙にこんな記事が載りました。「リクガメ界のウサイン・ボルト、世界新記録」CNN 英国のバーティーちゃん(BERTIE)は、ヒョウモンリクガメ。約10歳。リクガメの18フィート走で世界記録を樹立しました。いままでの世界記録は
『世界一最速のリクガメ』の画像

アマゾン川には、数種の美しいイルカが生息しています。expeditions.comアマゾンカワイルカ科アマゾンカワイルカ属の三種アマゾンカワイルカ   Inia geoffrensis. geoffrensis   Inia geoffrensis. humboldtiana ボリビアカワイルカ   Inia boliviensis. boliviens
『アマゾンのカワイルカ』の画像

コイ科淡水魚「イタセンパラ」。ビワタナゴとも呼ばれ、1974年6月から関東平野のミヤコタナゴと共に、天然記念物に指定されています。Wikipedia現在は、淀川水系や富山平野の仏生寺川と万尾川、濃尾平野の木曽川などに生息しています。生息地が限局的であり、河川工事や外来
『大阪市水道局のイタセンパラ全滅の危機』の画像

ホッキョクグマ。極寒の地域に住む大型のクマです。 シロクマとも呼ばれます。毛色は、白いように見えますが、実は、白毛ではなく、毛の内部構造が空洞になっているために、太陽光の散乱によって白く見えます。これは、太陽光の暖かさを効率よく皮膚にまで到達できるように
『消えゆくホッキョクグマたち』の画像

コスタリカ共和国地図の矢印部分で、南北アメリカを繋ぐ位置にあります。南は太平洋、北はカリブ海に面し、自然に恵まれた生物多様性のある、動物にとっては地上の楽園の一つ。面積は、日本の九州と四国を合わせたくらいの大きさですが、この狭い地域に地球上の生物のおよそ5
『コスタリカがすべての動物園閉鎖』の画像

カナダのブリティッシュコロンビア地区で、ポルトガル人がシカをいじめた罪で逮捕・起訴され、罰金1ドルの判決が出ました。このポルトガル人は、カナダに出稼ぎにきていた男性。彼は、仲間と釣りに行き、その帰り道で湖を泳いでいるシカを見つけました。そして、ボートで近づ
『シカさんをいじめたポルトガル人罰金1ドル』の画像

ペルーとコロンビアのサーカスの動物禁止に伴い、33頭のライオンたちが救出されました。このライオンたち、救出された時は、劣悪な環境にいました。狭い金属製の檻の中で、サーカス団員を襲わないようすべての爪は切り取られ、歯は金属の棒で砕かれていました。そして、厳し
『33頭のライオン救出』の画像

クマさん。とてもかわいい存在なのに、身体が大きいというだけで怖れられてしまいます。 一昨日、クマのお母さんと二頭の仔グマは、食べるものを探しにやってきました。いい匂いのするゴミ箱を見つけました。そして、開けることのできるゴミ箱の中を漁っていたら、 突然人
『クマの母の目の前で仔グマたちを射殺』の画像

この写真は、インドネシアの西パプアに生息する新種に認定されたザリガニ。生き物には、学術名があります。この新種のザリガニは、米国家安全保障局(NSA)の内部告発者エドワード・スノーデンを讃えて、「Cherax snowden」と命名されました。 arstechnica.comペットとして
『新種のザリガニ「スノーデン」』の画像

これは仔ゾウが池に落ちてしまい、 ゾウたちが皆で力を合わせて助けるシーンです。   こちらは、カヌーに取り残されて、川に流れていく犬たちを、 犬が助けに行くシーン。   こちらは、川を渡る草食動物の子供たちを助けるカバさん   チワワのトリクシーちゃん
『動物の助け合い』の画像

この写真。瀕死の母親ゾウの横にたちすくむ赤ちゃんゾウ。  The David Sheldrick Wildlife Trust  この母親ゾウは、密猟者によって右の前脚を銃撃され、倒れているところを動物保護団体  The David Sheldrick Wildlife Trustとケニア野生公社によって発見されました。
『ある仔象の話』の画像

↑このページのトップヘ