ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

野生動物

先日学会のため、ものすごく久しぶりに飛行機に乗りました。あっ、昔の翼と違う。 翼の先端が反り返っています。鷲みたい。そう、今の飛行機の翼の先端部には、ウイングレットがあります。これも、鷲や鷹の翼に教えてもらった智恵です。下の写真のハクトウワシの翼と同じ構
『動物たちに救われる未来:鳥の翼とウィングレット』の画像

もしあなたが突然何者かに捕まり、狭い牢獄に閉じ込められ、薬漬けにされたらどんな気持ちで日々を過ごしますか? ここ日本でも似たようなことは起きています。 今日はオルカの話です。 米国ワシントン州ではオルカを捕まえて、水族館で飼育することを禁じる方向で検討を始
『オルカとネイチャーネットワーク構想』の画像

写真家のJacques Matthysenさんが南アフリカで撮影した二頭の若いアフリカゾウの写真です。鼻を絡めあっています。 人だと愛情込めて手を握り合っているような感じでしょうか。 MailOnline とっても嬉しそう。 MailOnline 愛情たっぷりですね。 Mail
『ゾウのキスと「拈華微笑」』の画像

このエビは何歳でしょう?Flickr/Darren Harmonと聞くと、たいていの人は、「5歳」とか「15歳くらい」と答えますが、 答えは、140歳!最近になって、ロブスター等の甲殻類の眼柄部に輪紋が発見され、それが年齢を示していることがわかりました。海老ちゃんたちは、結構長生
『食べるということ ロブスター・エビ編 命の大切さと五観の偈』の画像

オーストラリア南東部ビクトリア州政府が、 コアラが増えすぎたとして、686頭を注射によって殺処分してしまいました。 コアラは昔と比較して生息数が激減し地区によっては絶滅も危惧されている貴重な動物。 州政府がこの大量
『「捨身飼虎」とコアラの大量安楽死』の画像

米国の有名なサーカス団リングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカスが、2015年3月5日ゾウの使用を廃止することに決定しました。2018年までにすべてのゾウを引退させることを発表。この報道、普通の人は「あー、ゾウがサーカスからいなくなるの
『ゾウのサーカスからの解放』の画像

先日オーストラリアの山火事で犠牲になる動物たちの記事がありましたが、こんどは大寒波。現在北米は大寒波中。しかもまだ続く予報です。Sott.net人の報道は連日なされるものの、野生動物たちの被害はほとんど報道されません。さすがにこの異常寒波は、野生動物たちにも大き
『北米の大寒波で苦しむ野生動物たち』の画像

今日のニュースで、象牙の話がありました。 YAHOO NEWS中国当局は、明日からの英国王室のウィリアム王子の訪問を前に、「アフリカからの象牙製品の輸入を一時禁止し、輸入禁止期限を1年とする」と発表しました。中国と日本は、合法的に象牙を輸入できる国。2008年のワシン
『象牙取引禁止1年』の画像

最後の一頭 先日米国ヨセミテ国立公園に99年ぶりにアカギツネが現れました。   LiveScience ケンタッキー州では1860年代の南北戦争以来初めてヤマネコが発見されました。 この地域では絶滅と考えられていた貴重な個体です。 が、 射殺。 FOX NEWS 最後の一頭か
『最後の一頭 ゾウとクジラの絆』の画像

うちの病院の周囲の花壇には、いろいろな生物がいます。カマキリ、バッタ、コオロギ・・。先日はこんな生き物が待合室に飛び込んで来ました。   これは。 先日地元の学校で自然保護の講演をした時にこの写真を中学生の皆さんに見せたところ いろいろな回答が 「カマキリ。
『私たちが知らない地下の世界』の画像

私たちは誰でも、仲間を欲しがります。それは動物も同じこと。今日は、「もしかしたら」、世界一孤独なクジラのお話です。こんな記事があります。「世界一孤独なクジラを探して」海洋学者は、他のクジラとは異なる周波数の歌を20年以上歌い続けているクジラを追っています。
『52 孤独なクジラを探して』の画像

↑このページのトップヘ