ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

その他

スキューバ・ダイビング・マガジン主催の水中写真コンテスト受賞作品から一部抜粋です。どれもとても美しいです。 Rodney Bursie / Scuba Diving Magazine Jamie Hall / Scuba Diving Magazine Alex Dawson / Scuba Diving MagazineKaren Smith / Scuba Diving Magazine 
『美しい水の中の世界』の画像

核兵器禁止条約「核兵器の開発、実験、製造、備蓄、移譲、使用及び威嚇としての使用の禁止ならびにその廃絶に関する条約」核兵器の全面廃止と根絶を目的とする条約です。2017年7月7日に122ケ国・1地域の賛成多数により採択されました。賛成123、反対38、棄権16で可決されたの
『日本はなぜ核兵器禁止に反対するのか』の画像

ペルセウス流星群ペルセウス座流星群は毎年8月12日~13日頃を中心にたくさんの流星を見ることができる流星群です。・。三大流星群は1月の「しぶんぎ座流星群」8月の「ペルセウス流星群」12月の「ふたご座流星群」です。今年2018年は8月11日が新月で月明かりの影響がない好条
『今年のペルセウス流星群2018』の画像

国立天文台の野辺山宇宙電波観測所。ここには直径45mの巨大なパラボラアンテナがあり銀河の中心に超巨大ブラックホールの存在を初めて観測するなど宇宙研究にはかかせない施設となっています。ところが現在野辺山宇宙電波観測所が財政難となり、来年6月以降外部研究者との
『国立天文台の野辺山宇宙電波観測所』の画像

瞑想の準備について 「君が代から神が代へ」からの抜粋です。 瞑想は、自分自身に内在する神を知る最も科学的な手法です。そして、活力知力を高め、心の美しさと静謐、忍耐力を養う良い方法の一つです。 瞑想法はたくさんあります。 瞑想を毎日行うことで、 心を静
『瞑想のすすめ;準備1』の画像

子どもたちに人気のプラスチック粘土「スライム」というものがあります。とろ~んとした粘液のような物質で、手にべとつかくことなく半液体半固体のような冷たく湿った感触があります。torontosun.com一般的な作り方ではホウ砂が使われることが多いようです。また市販のスラ
『スライムの毒性』の画像

イエメンは、大国のために内戦が終わらず国民の3分の2が十分な食べ物がないといういまや世界最悪の飢餓大国になっています。飢餓のない世界を目指して活動する、国連唯一の食糧支援機関である国連世界食糧計画WFPからの情報です。日本の国連WFPからの求めに応じて飢餓に苦し
『イエメンの子供たちからのSOS』の画像

再掲です。世界には、まだ訪れるのが困難な場所がいくつもあります。 インド洋の北センチネル島は、 「世界一行くのが困難な島」と呼ばれています。 インド領アンダマン諸島の中の島の一つで、 ここに住む先住民たちは、 島外からの人間の侵入をかたくなに拒み続けているた
『世界一行くのが困難な島:北センチネル島』の画像

方角で北といえば二種類あることは現代では多くの人が知っていると思います。真北(しんぽく)と磁北(じほく)です。真北は、北極点の方向です。北半球だと北極星の方向とほぼ同じです。磁北は、方位磁石で示される北の方向です。jungcurrents.com現在の北日本・沖縄などを
『真北(しんぽく)と磁北(じほく)』の画像

7月31日に火星が15年ぶりに地球に大接近します。火星は、地球のひとつ外側を公転している惑星で約2年2ケ月ごとに地球に近づきます。でも火星の軌道は、円軌道ではなく、楕円軌道のために毎回地球との接近距離が異なります。今回の火星と地球の最接近は、2018年7月31日16時50
『火星が15年ぶりに大接近』の画像

連日猛暑日が続く中お休みの日に長野県まで避暑に行ってきました。そうです、涼しいのです、長野県。バスを降りて10分ほどゆっくりと歩くともうそこは別天地のような涼しい世界。池にはまだ残雪が残っています。雪と水とハイマツのコントラストが美しい。もう少し歩くと多く
『真夏の雪だるま』の画像

東京足立の花火大会申し込みました。ど真ん中の最もいい席。でもここで一つ問題がありました。毎年同じ問題。昨年も席をしっかりと確保して漫然の体制で花火大会に臨んでいたのですが、いつもの通り急患。結局、昨年は最後の10分くらいしか見ることが出来なかったのです。今
『美しい花火とお稲荷さんの鍵と玉』の画像

↑このページのトップヘ