ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

その他

この時期渓流も凍ります。 そして緩やかな河川と違い、さまざまな氷の造形が見られます。 水の動きと飛沫に応じて とても美しい氷のドームや 滑らかな氷の滝をはじめ さまざまな幾何学模様のついた氷が折り重なるのです。 その表面はとても滑らかで、 ところ
『凍った渓流』の画像

当ブログでもパーム油による自然破壊と野生生物の殺戮について繰り返し御紹介してきました。例えば、インドネシアのスマトラ島では、たった1年間に東京都と同じくらいの面積(約25万ヘクタール)の貴重な原生林とそこに住む生き物たちがパーム油生産の犠牲になっているのです
『森を守るRSPOパーム油』の画像

映画「ブリッジ・オブ・スパイ」 観てきました。 でも今日は、映画を見ていない人にも大切なお話もします。映画のストーリーの記述を含むため、どうしても気にする人は読まないでください。 Twitter この映画は、 1960年代の米ソ冷戦時代に、 米国でスパイ容疑
『揺るぎない理念の土台にあるもの:「ブリッジ・オブ・スパイ」』の画像

ようやく寒い冬になりました。湖の湖面も凍り始め、まるで衛星写真のような凍り方場所によって様々です。とても綺麗。ところで、米国エリー湖の湖畔レストランの駐車場に一晩、車を停めてしまった写真がありました。三菱ランサーだそうですが、芸術作品にしか見えません。the
『湖畔に止めた車と冬らしい寒さ』の画像

少しお休みをいただいて吹雪く中でのご来光を楽しみました。 ご来光の光の中で楽しそうに舞う雪がキラキラ光ります。 写真に撮ってみました。 上手くはとれませんが、 この雪のひとひらひとひらが 幻想的に キラめいているのです。 カメラのシ
『ご来光の中の雪』の画像

夕日を観る。このところ天気が良すぎて山の雪が少ないままです。暖かいので、夕日がのんびりと眺められます。夕日に照らされて、雪が夕焼け色に染まります。空の飛行機雲も夕焼け色。東の空は、ブルーとピンクのグラデーションの空になっています。眼下のスキー場の照明が次
『夕日と内観』の画像

新年明けましておめでとうございます。   皆様のおかげで今年も無事に穏やかに新しい年を迎えることができました。 昨年から思いつきで始めたブログ、 なかなか忙しくてゆっくり書く時間がとれないものの、 夜中の時
『2016年:明けましておめでとうございます。』の画像

セバスチャン・サルガド(Sebastiao Salgado) ブラジルの写真家です。 世界10ヵ国をこえる国々を取材し、 貧困、飢餓、過酷な生活、迫害、内戦など多くの人類と地球の問題を撮影し、多くの賞を受賞しています。 YahooNews 彼の業績は、 2015年に 「セバスチャン・サルガ
『純粋理性の復活と地球の蘇生:セバスチャン・サルガド』の画像

今年も美しい写真がたくさんありました。その中から少しご紹介です。Michael AWFrancisco NegroniSigurdur William Brynjarsson Alex Voyer and Alex RoubaudMario TamaMikko LagerstedtAnuar Patjane FloriukLauren BathJijianFanHendra LesmanaZsolt Kudich Martin Harve
『真の祈り:今年の美しい写真と共に』の画像

今日は雨。 日本語には、自然界に親しみを感じる繊細な表現がたくさんあります。雨の表現を見てみましょう。空から降る雨にもたくさんの言い回しがあります。 天津水、香雨、春雨、豪雨、ゲリラ豪雨、雷雨、梅雨、滝落としの雨、車軸の雨、濯枝雨、分竜の雨、桜雨、霧雨、
『雨の表現と言葉の周波数』の画像

昨日は、月と金星がかなり接近して見える日でした。カメラの設定がわからず、ちょっと遅れて撮影しました。この夜明け前の静寂な時間が大好きです。.。゚+.(・∀・)゚+.゚この時期、金星と月の横にカタリナ彗星が見えるようです。(*´∇`*)あとから知ったので、よく見ませんでした
『月と金星の接近』の画像

いつも高山ばかりにいるのですが、今日は海に来ました。まずは海を見渡せる山に登り頂上から海を眺めます。朝から美しい光景です。海と空の区別がつきません。雲も刻々と変化します。まるで広大なキャンバスに絵を描いているよう。次の写真も、雲が、天使たちが空に向かって
『海で瞑想』の画像

↑このページのトップヘ