ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

その他

パナマ文書。パナマの法律事務所「モサック・フォンセカ」から流出した顧客情報ファイルのことです。パナマ文書が世に出たことで、お金持ちの人や政治家、大企業が税金逃れをしていることが明確になりました。まず最初のポイントとしては、パナマ文書は、一法律事務所の顧客
『パナマ文書と資本主義経済の歪』の画像

山でお散歩してきました。すっかり春ですがまだ長野県まで行くと雪が深いところもあります。人はほとんど誰もいません。 気温もまだ氷点下。 空気は澄んでとても美味しいです。ときおり霞がかかります。イワヒバリたちの囀りがとても心地よく感じます。雲海が発光している
『自然との調和:春の雪』の画像

この時期 畑を耕し始めると 土の中の微生物が発酵をはじめ 土が暖められて 湯気が出てきます。  あたり一面 湯気で霞むくらいです。 こうして耕したフカフカの土の中で野菜たちが育っていきます。 「可耕心田」 (かこうしんでん) 古い仏教の経
『心の畑:可耕心田』の画像

映画「スポットライト 世紀のスクープ」 見てきました。 アカデミー賞作品賞と脚本賞を始めとして 世界中の映画祭で123つもの映画賞を受賞しています。  米の地元大手新聞社であるボストン・グローブ社の調査報道班「スポットライト」。 彼らが、 記者生命をかけて 米
『聖職者の性:映画「スポットライト」を観て』の画像

日本では「4」をその読み方から「し」つまり死を連想すると言うことから、病院やホテル、マンションなどでは4号室を避けることがよくあります。これは、忌み数(いみかず)と呼ばれています。mysticalnumbers.com英国の権威ある医学雑誌にこの「4」に関する論文が発表され
『Mフィールド:日本人は毎月4日に死亡率が上昇:数字「4」と死の関係』の画像

御柱祭。正式には、「式年造営御柱大祭」御柱祭は、七年ごとに執り行われる諏訪大社の御神事の一つ。いつも八ヶ岳の上から諏訪を見ていますが今回は山を下りてその儀式に参加させて頂きました。諏訪大社(すわたいしゃ)は、長野県諏訪湖の周辺に上社前宮上社本宮下社春宮下
『御柱祭と失われた儀式』の画像

標高の低い場所まで下りてくると、雪解けが始まっています。雪と氷の下に聴こえていた小川のせせらぎが、雪が融けたことで川の流れが露わになり、とても心地よい音を奏でます。春の風景です。水しぶきがある場所は、ところどころに綺麗な氷の結晶が見られます。水はとても清
『雪消春水来』の画像

手違いで今週と来週アップする予定だった記事を削除してしまいました。(● ̄(エ) ̄●)感動ものシリーズだったので残念ですが今の時期いちから書き直す時間などありません。しばらく更新が滞ります。写真は、吹雪の中のセブンスターの木。柏の木です。真っ白の雪の中に急に姿を
『記事』の画像

愛犬と滝に行ってきました。 滝に近づくと、とても涼やかな空気を感じることが出来ます。 水の音もとても心地よく感じます。 自然界の水は、滝の衝撃や急流の渦によりエネルギーが増幅されます。周囲に活き活きしたエネルギーを放射し、人
『滝と精霊』の画像

街を歩くと「あ、知っている人だ」と思い挨拶しようとすると違う人だったなんていうことがありますよね。最近顔が似ている人が多いと言うTwitterの投稿がありました。Twitter確かに私もよくわかりません。するとTwitterでも同様の意見が次々と。Twitterどちらも区別が難しい
『似ている人』の画像

今回の弾丸ツアーで時間切れで行けなかった十勝岳連峰。十年ぶりの猛吹雪直前の静けさの間に写真だけ撮りました。一面雪だらけで、とても美しい。今年は本州は雪がとても少ないので、とても新鮮に感じます。 30年以上前にはよく絵を描きに通った懐かしい場所です。ひかたま
『十勝岳連峰』の画像

米国で人工芝のグラウンドで試合をした若い女子選手たちが次々とがんを発症した件は、いまや他の国にも波紋を広げています。MailOnlineまず、人工芝でサッカーをしていたワシントン大学の学生たちが立て続けに「がん」になりました。人工芝のグラウンド。そして、それはその
『人工芝の発癌リスクとがんになったサッカー選手たち』の画像

↑このページのトップヘ