ひかたま(光の魂たち)

動物の自然療法、統合医療を行う、しんでん森の動物病院です。東京の足立区にあります。動物と植物の命の話、統合医療の話をします。 公式HP http://shindenforest.com/

ひかたま(光の魂たち) イメージ画像

その他

街を歩くと「あ、知っている人だ」と思い挨拶しようとすると違う人だったなんていうことがありますよね。最近顔が似ている人が多いと言うTwitterの投稿がありました。Twitter確かに私もよくわかりません。するとTwitterでも同様の意見が次々と。Twitterどちらも区別が難しい
『似ている人』の画像

今回の弾丸ツアーで時間切れで行けなかった十勝岳連峰。十年ぶりの猛吹雪直前の静けさの間に写真だけ撮りました。一面雪だらけで、とても美しい。今年は本州は雪がとても少ないので、とても新鮮に感じます。 30年以上前にはよく絵を描きに通った懐かしい場所です。ひかたま
『十勝岳連峰』の画像

米国で人工芝のグラウンドで試合をした若い女子選手たちが次々とがんを発症した件は、いまや他の国にも波紋を広げています。MailOnlineまず、人工芝でサッカーをしていたワシントン大学の学生たちが立て続けに「がん」になりました。人工芝のグラウンド。そして、それはその
『人工芝の発癌リスクとがんになったサッカー選手たち』の画像

今年は雪がとても少ないです。今日は雪の降る中で撮影した植物たちです。まるで海の中のような光景。すべてカラー写真なのですが、雪の降る中ではモノクロに見えてしまいます。右手前のサンゴ礁のように見えるのは、コメツガ。近づくとこんな感じです。 雪に覆われた植物は
『雪の日の植物』の画像

湖畔に行ってみました。人もいない、静かな湖です。遠くには、鳥たちが浮かんだり潜って魚を捕まえています。一艘の船が通りました。通った後の波が、光に当たり、キラキラしています。はるか遠くにいた白鳥にテレパシーを送ったら目の前まで来てくれました。白鳥さんの通っ
『静かな湖畔』の画像

朝の幻日に続いて、午後には環天頂アークが綺麗に空の真ん中に。さかさ虹とも言われます。とても綺麗です。飛行機がやってきました。雲の中に六角板状の氷晶が存在し、風が弱い日に現れるそうです。今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。よろしけれ
『環天頂アーク』の画像

空を見上げたら、太陽の周りにハロ現象が起きていて、さらに幻日が左右に見えていました。左右の小さな太陽の分身は幻日というのだそうです。とても綺麗な光景です。雲がでてきました。午後には、太陽の周囲に虹のハロ現象。綺麗です。見てくれた人にも、いいことがあります
『幻日とハロ現象』の画像

インフルエンザが流行中ですが、Teflon flu(テフロンインフルエンザ)という言葉を思い出したので、書いておきます。現代科学が発展して、さまざまな日用品がどんどん便利になっていきます。例えば、焦げ付かないフライパン。調理中にフライパンに焦げ付かないので、調理は
『テフロンインフルエンザとPFCs』の画像

ちょっと前ですが、 西湖の樹氷祭り観てきました。氷が透き通って透明な青色に見えます。美味しそうです。どこを観ても違う美しい形。寒さを忘れて見入ってしまいました。今日もありがとうございます。ブログランキング参加しています。よろしければクリックお願いいたしま
『樹氷』の画像

世界中には飲み水が汚染されている地域がいまだにとても多くあります。 それは先進国でも。 アメリカ先住民の話をする前に 白人の町フリントの話から。 アメリカ・ミシガン州フリントという人口約10万人の町でも 水道水が汚染されていました。
『無視されつづけるアメリカ先住民の汚染水問題』の画像

朝の湧水の流れに沿って雪の小道を静かにゆっくりと歩いてきました。湧水の温度が気温よりも暖かいので朝日の中で美しい湯気が立ち上ります。素敵な道をゆっくり歩き、立ち止まり時を忘れてたたずむ。静かな時間です。流水寒山の路深雪古寺鐘(りゅうすいかんざんのみち、し
『深雪古寺鐘』の画像

オーストラリア大陸の南に位置する美しいタスマニア島。タスマニア島の面積は北海道の約80%。その20%が原生地域です。この島の原生地域は、世界で最も清浄な場所として世界遺産登録されています。樹齢2,000年を超える巨木や高さ90mのユーカリの木そしてタスマニアン・デビ
『タスマニアの火事』の画像

↑このページのトップヘ